ピクシブ百科事典

夢見りあむ

ゆめみりあむ

ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』のザコメンタリストだよ!はー、めっちゃやむ!
目次[非表示]

プロフィール


「オタク!ぼくをすこれ!よ!」
「こんにちはクズだよ!!」

タイプパッション
年齢19歳
身長149cm
体重リンゴたくさん
B-W-Hでっかい/ふつう/たぶんふつう
誕生日9月12日
星座乙女座
血液型AB型
利き手
出身地やさしい世界
趣味真夜中の意味深ポエム、現場参戦
CV星希成奏
初登場2019/02/07(お仕事エリア「鳥取」)
ぷちデレラ実装2019/04/03
第8回総選挙3位(Pa2位)
第9回総選挙16位(Pa4位)

概要

2019年2月7日、『アイドルマスターシンデレラガールズ』の「鳥取エリア」ボスとして初登場を果たす。前年に6thLIVEで告知されていた「7人の新アイドル」のうちの1人で、辻野あかり砂塚あきらに続く3人目。
スターライトステージ』には、第8回総選挙開催前日の2019年4月15日に実装された。
2019年7月31日にボイス実装。

人物像

一人称は「ぼく」「りあむちゃん」。
自称「ゆとり世代かつSNS育ちでドルオタ」。

『シンデレラガールズ』が初出のボクっ娘輿水幸子二宮飛鳥に次ぐ3人目だが、前2名に比べて精神的にもろく、「ザコメンタル」を自称するほど。口癖は「やむ」。チヤホヤされたり頼られたいという承認欲求に飢えているものの、それらを満たせる長所や特技がないことに自覚あり。
ネットスラングを多用したハイテンションな話し方をする一方で、同僚アイドルから不意に話しかけられると「はい。」としか返答できなかったり、逃亡したりと、いわゆるコミュ障の傾向が見られる。言葉選びが下手すぎるため、たとえ無難な話題でも他人の怒りを買うような文面になってしまうことが多々あり、SNSで何かと炎上しがち。『シンデレラガールズ劇場』ではこれを「りあむ式着火プロセス」と呼称している。
こうした性分からネットで叩かれることにやたらと怯えているものの、場面によっては「炎上でもいい!目立ちたい!」などと開き直っており、とにかく不安定。本人は「ヘラってない」と言うのだが……。

専門学校に通っていたが挫折し、籍は置いていても行っていない状態。他に夢や目標を見つけられず、自らの境遇を「人生詰んでる」と嘆いている。
何の専門学校かは特に語られていないが、進学した理由として「誰かに必要とされたい」というのを目的としていたこと、そして「着れなかった白衣が衣装になるなんて」という台詞から、看護学校とする説が有力。

自らトップアイドルになることで社会復帰し、承認欲求を満たすというワンチャンに賭けており、藁にもすがる思いでプロデューサーを「Pサマ」と呼んで泣きついてくる。しかし自己評価が低いせいで、どこまでもP頼り・神頼みな発言が目立つあたり、やはり性格に問題があるとしか……。
とはいえ根は単純であり、褒められればすぐ調子に乗るし、同僚アイドルにも甘えまくるし、Pに依存しがちな態度も信頼の裏返しともとれる。
ザコメンタルと言いつつ、後述のぷちデレラのエピソードやバレンタイン、ホワイトデーでの反応を見る限り、自分の欲や気持ちを正直に漏らしてしまいながらもPやトレーナーたちの飴と鞭に応える辺り、良い意味でずぶとく実際は結構な鋼メンタルの持ち主なのかもしれない。

趣味

プロフィールの「趣味」の欄にも「現場参戦」とある通り、アイドル好き。
「アイドルはメンタルに効くんだよ特効薬だよ!」「アイドルってのは尊くないとな?」と、りあむにとってアイドルとは欠かせない存在であるようだ。
もっとも、りあむ自身の面倒くさい性格と相まって「推し変するしオタクは信用できない(ソースは自分)」だの、「現場参戦するオタクしか信じてない」だの、自らのこだわりを振りかざす厄介勢と化している感も否めないが。

性格に反してオシャレには気を遣っており、ファッションは「ゆめかわいい」系。
髪はアホ毛つきのボブカットピンクを基調に水色インナーカラーで染めている(なおピンク髪の既存アイドルは西園寺琴歌城ヶ崎美嘉が存在する他、「二色の髪色」を持つアイドルとしては早坂美玲二宮飛鳥がいる。この内飛鳥はエクステによるもの)。

食べ物はギョウザが好きなようである。
最初のエリアボスでは敗北した際に「おうちで餃子パーティーするし。もちろんひとりだよ!」といじける。2019年のバレンタインキャンペーンでくれるものの一つにもギョウザがある。『スターライトステージ』でのコミュでも地下アイドルLIVE後に餃子を食べてから帰っている。ギョウザ作りはなかなかのもので得意なものを問われて挙げている。
反面、ギョウザ以外の料理はやる気がなく、普段の食事はもっぱら外食チェーン店のローテ・コンビニ頼りだという。

身体的特徴

身長は149cmと低め。登場時点のデレマス19歳組の中でも最低で、2位の有浦柑奈(155cm)と比べても6cm差。最高身長の梅木音葉西島櫂(172cm)とは23cm差になる。口からは八重歯が覗く。

公称スリーサイズは「でっかい・ふつう・たぶんふつう」となっているが、初期Rの台詞でこっそりバストサイズだけ教えてくれる。

これは『アイドルマスター』全作品でも向井拓海と並ぶタイ2位の数字であり「ちょっと」などというレベルではない。先述の低身長と合わせてトランジスタグラマーと呼んで差し支えないだろう。
ただし自信無さげなので正確性な可能性も否めない(比較対象に及川雫を置いているということもあるが)。ちなみに、同じ身長の他のアイドルのウエスト・ヒップを参考値として、バストサイズ測定スクリプトでカップ数を算出すると、推定I~Jカップになる。

家族・名前について

プロフィール上では「やさしい世界」出身となっているが、実際は都内マンションに在住。
家族は両親・姉(りあむからの呼称は「お姉ちゃん」)の存在が確認されている。両親は海外赴任、姉は画家として渡米しており、りあむは「実質独り暮らし」だという。
CD「あらかねの器」ドラマパートで藤原肇に対して語ったところでは「変な人」。ケーキが2つあれば何も言わず両方食べて妹を省みることはなかったらしい。

初登場が鳥取エリア、誕生日が『とっとり県民の日』であることから、鳥取と何か縁がある可能性もなくはないが、現段階で情報はない。

「りあむ」は芸名ではなく本名。姉妹ともにキラキラネームで、りあむ本人は「親のセンスのせいでひねくれ者に育った」と愚痴っている。なお、「りあむ」は本来英語圏の男性名。劇中のファン(?)からは「やむちゃん」から転じて「やむちゃ」というあだ名を付けられている。

対して、現実には「夢見」という名字は確認されていない。『シンデレラガールズ』の架空名字アイドルとしては鷹富士冴島涼宮サンタクロースに次ぐ5人目。

アイドル観

ステージより物販に力を入れるアイドルに批判的であるなど、彼女なりの哲学がある模様。
特に「顔がいいアイドルが…しゅき…」といった発言は初期から繰り返している。
作中では女性アイドルを推す描写が目立つが、性別はあまり関係ないようで、『スターライトステージ』のストーリーコミュではオネエアイドルのローちゃん(ロドリゲスみさえ)を初見で推している。

アイドル好きなだけあり、自分の中に確固たる「アイドルの理想像」を持っている。
それは「アイドルはたゆまぬ努力をしており、その果てに見えるきらめきこそが尊いものである」というものである。
この点において彼女は「努力も根性もない…頑張れない…」と自ら発言しており、自身が理想とするアイドルにはまだ遠く、自分自身を「推せない」ことを自覚している。

故に後述する第8回シンデレラガール総選挙でのコメントは自身がこの場に相応しくないことを自覚した上での「『ポッと出でまだ何も努力をしていない自分が、自分よりも遙かに汗を流し努力を積んできた先輩方を差し置いてこの場にいることへの困惑』と『こんなの解釈違いだ!』という嘆きや怒りがこもった心の叫び」とする解釈が一般的。
自分で自分の理想を否定しているという皮肉めいた状況になっており、これを「本人にとって最高で最悪のプロローグ」と評するユーザーもいるほど。

Mobage版

無印

センシティブな作品センシティブな作品


2019年2月7日、先述の通り「鳥取エリア」のエリアボスとして登場。LIVEバトルに勝つと入手できる。
特技「ザコメンタル」は自分のみ攻守アップ。あかりがCu攻アップ、あきらがCo守アップなのに対して、彼女の性格を表しているような……。

特訓前は私服で「タンヤオ」のごときポーズを取っている。
錠剤型のイヤリングや指輪、骨があしらわれたTシャツなど、彼女ならではのセンスが光る。胸元には毛むくじゃらのハート型ワッペンがついているのだが、これは「いつか…ハートに毛がボーボーに…」というりあむの理想像を表現したものだろう。

特訓後はかなり派手なナース風のエプロンドレス

  • 「アイドルになってみんなのハートを処置しちゃうぞ☆ってうっぜ!」
自らぶりっ子を演じて自ら嫌悪に陥るりあむ。初めてのアイドル衣装が似合っているか不安そうで「ねぇ似合ってる?」と執拗に目配せしてくる。
しかし、性格に難はあるものの意気込みだけは本物。親愛度MAX時の台詞は以下の通りである。
  • 「Pサマにお願い…全国ツアーとか連れてってほしい…ドーム立たせてほしい…ゴールドディスクに新人賞…とにかく…売れたい!!」

エリアボスとしての台詞にも過激なものが目立つ。「自分の発言をネットのまとめで見るヤツらはファンじゃない」と言ったり、こだわりを語ったりして実際に炎上した際は焦りを見せていた。
さらに全推しDD(誰でも大好き)というファンが自身に興味ないことに憤慨して声を荒らげ、お前呼ばわりした挙げ句、「オタク!ぼくをすこれ!よ!」と言い放ったが、運営側に怒られたそうで意気消沈していた。
なお、りあむの登場に合わせて『お仕事』ユーザーインターフェイスとボスバトルの演出が変更された。わかりやすい部分ではニコニコ動画風の文字列が流れなくなった。

水着商法

センシティブな作品
りあむ


2019年7月31日開催の「かがやく盛夏♪パラダイスサマーガチャ」で初めてSRが実装される。同時登場SRは藤原肇中野有香、Rは槙原志保ライラ楊菲菲
そして第8回総選挙の結果により、ボイスが実装された。

登場2枚目のカードにして、いきなり月末ガチャの目玉、いきなりボイス実装という異例の事態に、当人が一番戸惑っている。
特訓前は海外ビーチでのリゾートを満喫しようとがんばっているが、トロピカルジュース、携帯扇風機浮き輪、フラワーレイとてんこ盛り状態に。「映える1枚くらい狙ったっていいじゃん?」と言うが、ポーチπ/は必要だったのだろうか。

『劇場』1327話では、憧れの存在だったアイドルが同僚となり「一緒に遊ぼう♪」と話しかけてくる状況についていけず。もしかしたら「アイドル」より上位に「天使」という階級があったのかもしれない、という結論に至る。そして飛び出た言葉が

  • 「「アイドル」って意外に大したことないな?」
聞いていたのがライラさんだけだからよかったものの、結論だけ口にしたため大変誤解を招く台詞になってしまった。お前そういうとこだぞ。

特訓後は夜のリゾートプールでLIVE中……のはずが、背後で大きな花火が上がっているためか、誰もりあむを見ていない。後ろの女子は自撮りに夢中。これが新人アイドルに対する洗礼なのか。催し物での賑やかし役という仕事内容自体は新人芸能人らしい役どころではあるがよりにもよってパリピリア充の巣窟で孤軍奮闘。劇中のPは鬼か。
  • 「いやここ立たせたの誰だよみんなじゃん!?一度推したら、責任もって最後まで推そう!ぼくはおもちゃじゃないんだから!!」

ぶちあがれ感情

夢見りあむ
やむちゃ


2020年2月29日開催の「菜々とりあむと春、しませんか?ガチャ」より安部菜々とともに再びSRとして登場。
特訓前では推しアイドルの卒業LIVEを前に感極まっている様子…なのだがとにかく顔がアイドルがしちゃいけないレベルでひどい。これに加え『だいすき侍』と描かれたはちまきを締め、ピンクのペンライトを4本バルログして『ズッ推し』タオルを掲げた上に、花粉症のせいでマスクをして涙と鼻水を流している姿は声優の熱演も相俟って多大なインパクトを与えた。
また、これまで個性的なTシャツ姿かステージ衣装で登場してきたりあむの初となる余所行きの服装であり、やはり推しのLIVEではおめかししているらしい。
特訓後はステージ上でペンライトを両手にオタ芸ダンスを披露。

『劇場』1413話では、推しのステージで最後の挨拶を聞き、その言葉にまたしても感極まる様子が描かれるが、終了後には尊みで記憶がブッ飛んでるから1ミリも覚えてないというオチ。
推しアイドルが卒業する一方で自分がアイドルを続けている事については思うところがあるようだ。

スターライトステージ

センシティブな作品
夢見りあむ
りあむ誕


砂塚あきらの3日後である2019年4月15日の15時にNが実装。あかり・あきらと同様、実装特典としてその後の初回ログイン時に1枚付与された。
スターライトステージ』の実装順では、現状最後に登場したアイドル。

この日、ちひろさん(デレステ公式Twitterアカウント)から『りあむちゃんはザコメンタルです!チヤホヤされたくてどうしようもない彼女を、なんとかしてあげてください!』という若干辛辣かつ投げやりな紹介をされた。ここまでちひろさんからの扱いが雑だったのは佐藤心くらいであり、普段の告知とのギャップがあまりに凄まじかった為か、Twitter・Yahoo!リアルタイム共に「ザコメンタル」がトレンド入りする珍事が発生した(なお「夢見りあむ」はトレンド入りしなかった)。

実装に伴い、カード台詞やコミュなどで多くの新情報が明かされ、専門学校生だったこと、家族のことなど、Mobage版で謎だった部分が掘り下げられた。
なお、アイドルマスターシリーズで専門学校への進学経験のあるアイドルは藤居朋原田美世(シンデレラガールズ)、黛冬優子(シャイニーカラーズ)らがいる。

ストーリーコミュでは第60話でメインを務め、このコミュを進めると持ち歌の「OTAHENアンセム」が解放される。

夢見りあむは救われたい

りあむSSR
SSRおめでとう


2019年9月13日、プラチナオーディションガシャに追加されたSSR。第8回総選挙の結果を受けて、当初からボイスが実装されている。特技名は「好きなことして生きていく」。

特訓前はりあむの自室を大公開。ピンクに染まった内装のあちこちには珍妙な柄の服やぬいぐるみが飾られている。部屋の隅にはネット通販のダンボール、カラーボックスには本が乱雑に詰め込まれており、センスはあっても整理は苦手といったところか。
そしてその中央にはTシャツ姿で不貞寝するりあむの姿が。どうやら仕事をサボろうとしていたところ、Pが自室まで迎えに来たらしい。「大人の皮かぶって賢いフリがうまいPサマめ…こういう人類のせいでぇ…」と不服げなりあむだった。
シンデレラガールズ劇場わいど☆』164話では、一連のりあむ的しぐさから「夢見りあむ度」を診断できる。

特訓エピソードでは、第8回総選挙で不本意にも上位になってしまったこと、(現実の)ネット上で散々おもちゃにされたことに対するメタ的な自己言及が見受けられる。
そして「アイドルのことを尊いと思っているからこそ、自分はアイドルになれない。だったら、自分はアイドルにならない」という方向で吹っ切れていく。
天使の衣装に身を包み、りあむは「りあむ」としてステージに立つ。

  • 「アイドルのせいでぼくの人生おかしくなった!だから逆襲だ!よ!」

夢をのぞいたら

センシティブな作品
夢をのぞいたら


2020年1月1日からのイベント「LIVE Carnival」にメダルチャンス報酬として登場したSR。
総選挙上位メンバーとして本田未央北条加蓮遊佐こずえ佐城雪美一ノ瀬志希鷺沢文香佐久間まゆナターリアとの9人で記念曲「夢をのぞいたら」を歌うLIVEに臨む。

  • 「夢見を除いたらとかつまんないこと言うやつ、アカウント特定するからな!!」
特訓前は温泉旅館のレポの仕事を終えた後、文香と露天風呂で入浴中。仕事中にフォローしてもらったお礼を言いたいりあむだったが、文香のあまりの温泉美人ぶり、アイドルと一緒に入浴という夢のシチュエーション、何よりりあむ自身のコミュ障ぶりが手伝って、なかなか切り出せない。そんなりあむの様子を見かねた雪美が、背後から助け舟を出すのだった。
特訓後は未央・加蓮がつかもうとする輝きに、自分も手を伸ばそうとする。
  • 「ぼくは…ここにいて、いいのか? ぼくには、この光に手を伸ばす資格はあるのか? わからない…わからないけど…。ぼくはぼくのために、夢をのぞくって決めたんだ。だから……」

夢見りあむしか勝たん

りあむ…あんたってやつは…
センシティブな作品


2020年8月31日からの「シンデレラフェス」で登場した2種類目のSSR。同時登場SSRは藤原肇
特訓前は海外でのサプライズロケ。白いワンピース姿と南国の花冠がかわいらしい。表向きは花畑で戯れるシーン。しかし、その背景の奥には木で組み上げられた、原住民特製のバンジージャンプ台のようなものが写っており、本当のロケ内容はお察しの通りである。

特訓後はクロミをイメージしたかのようなメイド服姿(らしい)。衣装はかわいらしいのだが、特訓前の件でグレてしまいうんこ座りをしてメンチ切りながら中指を突き立てている。手にはモザイクがかかっており、プレミアムカットになるとモザイクもキラキラする仕様。アイマスの公式画像としては史上初。
性能としてはダンスが高めに設定されており、センター効果は「レゾナンス・ステップ」。
特技「クソデカ感情やみアピール」はスコアアップの効果を上昇させる。
これらのスキルによりカード登場現在に於いてスコアアタックにおける一つの理想編成が完成を迎えた。(詳しい編成は「Da9秒(ダブルブースト型)」で検索)
まさしく彼女が欲してやまなかった人権である.

自カード以外の登場

2019年9月5日、限定SSR[ドレスアップ☆ウサミン]安部菜々の背景に登場。
あかり、あきらとともに大先輩の菜々を取り囲んで談笑している……はずが、『わいど☆』161話によると、りあむだけ何を話せばいいかわからず気が気じゃなかった模様。

りあむちゃん


2019年11月30日からのイベント「LIVE Parade」に登場。本田未央北条加蓮佐城雪美遊佐こずえとともに課題曲の「Sun!High!Gold!」を歌唱した。
報酬SRの[Sun!High!Gold!]には雪美の特訓前、未央の特訓後にも客演している。
フルボイスで他のアイドルと本格的に絡んだコミュはこれが初めて。ここでは共演アイドルたちとはほぼ初対面に近く(雪美とこずえは存在そのものを知らず、加蓮は顔を見た事がある程度、コミュおばけの未央でようやくギリギリ名前を知っているレベル)、イベント予告では雪美から「りあむ……?……っていうひと」呼ばわりされる羽目に。武闘派(?)加蓮とのいざこざも乗り越え、どうにか仲間(珍獣)として迎えられることに成功。未央からは「りあむん」というあだ名を頂いた。

水着の夢見りあむと佐藤心
夢見りあむちゃん


2020年8月31日からのイベント「LIVE Carnival」では、アニバーサリーLIVEのメインメンバーとして新曲「Go Just Go!」を大槻唯北条加蓮佐藤心一ノ瀬志希鷹富士茄子棟方愛海川島瑞樹五十嵐響子とともにセンターで歌う。
スペシャルコミュやアニメMVでは事務所の仲間たちと南国リゾートのバカンスを楽しむ様子が描かれる。
しかし同時のタイミングでりあむピックアップのシンデレラフェスが始まる(上記『夢見りあむしか勝たん』)と言う前代未聞の事態が発生した事からまたもや炎上材料となってしまう事に。

2020年9月30日開催のイベント「LIVE Groove Visual burst」のスペシャルコミュでは、楽曲には直接関わらず、新曲「Brand new!」を歌う辻野あかり砂塚あきら桐生つかさの3人を応援する立場として登場・・・したはずなのだが、イベントでファンに紛れて揉め事を起こし強制退場レッスンを見た感想を求められたのにエモさで語彙力喪失ステージの客席で白菊ほたるにオタ芸を仕込もうとするなど、コミュ全編通してピンク頭の厄介ファンの異名(?)をほしいままにする(悪)目立ちっぷりであった。

楽曲・CD

夢見りあむ


  • Go Just Go!」(『STARLIGHT MASTER GOLD RUSH! 01』収録)

アニメ

シンデレラガールズ劇場 Extra Stage

#やむんご しんげきエクステ&アニメ化おめでとうございます🎉


2020年よりゲーム内で配信されているアニメ「シンデレラガールズ劇場 Extra Stage」では第1話に登場。
ニュージェネレーションズが司会を務めるバラエティ番組に辻野あかり砂塚あきらとともに出演。その際にかくし芸としてナターリアから教わったサンバを披露するが、終了後に感想を聞かれて「(だいたいのオタクは)乳揺れしとけば許してくれそうだし?(だからオタク受け的に)チョロいかなって?(サンバがチョロいとは言っていない)」と爆弾発言をかまし、番組を見ていた同僚たちからも炎上を心配される羽目に。

第16話では、1話とは逆にテレビ出演中の棟方愛海を見守る立場だが、お山に関する話題をさらりと無難な単語に置き換える愛海のトーク捌きに「ぼくだったら間違いなく突っ込まれて炎上だこれ。見習いたい」とこぼすのだった。

第21話では、握手会に現れた厄介オタク(CV:武内駿輔)を毅然として一蹴!…したつもりがただの夢オチ。しかしその時の寝言を向井拓海に聞かれたことで怒りを買ってしまい、現実で待ち受ける危機におびえる羽目に。

CM

2020年『スターライトステージ』5周年を記念したアニメCMでは砂塚あきら辻野あかり久川凪久川颯とともにプールや花火で楽しく過ごすシーンが描かれた。
しかし話題はCV発表も何もなしにいきなり一言喋った挙句その後発表すらなかったあかりに全て持って行かれてしまう事に

その他

季節イベントなど

初めての参加となる2019年度のバレンタイン&ホワイトデーイベントでもそのキャラクターが存分に発揮されており、バレンタインでは板チョコや餃子を渡しながら「これはPの関心を繋ぎ止めるためのガチなやつだ」と念押ししてみたり、直截に「3倍返しを、それも今すぐ欲しい」と要求してきたりする。

ホワイトデーには待ちわびていたらしく訪れを喜んでくれるが、お返しが手書きのお礼の手紙だと知るや自棄気味に喜び、「やっぱり3倍返しが欲しかった」という本音をチラ見せさせてくる。
Pが登場するなり「来た!Pサマ来た!ぼく捨てられてなかった!!よかった!!!」(原文ママ)、3倍返しの要望は2回も吐露した。
2020年の2018年復刻ホワイトデーイベントでの好物はシュークリーム。甘くてふわふわのクリームが優しく包んでくれるのだという。餃子といい包み物が好きなのだろうか。

ぷちデレラ

2019年4月3日、辻野あかり、砂塚あきらと共にぷちデレラが実装された。
学校や家では寂しいようで、「事務所に来たりレッスンしている方がマシ」らしい。他にも素直で自由な彼女らしいことをつぶやいてくれる。
何だかんだ言いながらも意外とやる気は高い。レッスンエピソードではPやトレーナーたちの出すレッスンに不満だらだらで泣きながらもレッスンに励んでいる。

シンデレラガール総選挙

2019年春開催の「第8回シンデレラガール総選挙」では、中間発表時点で初登場ながら全体3位、属性2位という好成績を納める。最終結果に注目が集まったが……

なんと全体も属性も順位を下げることなくそのままCDデビューを確定させた

「登場して初の総選挙、無印カードしかない状態でCDデビュー圏内に入賞した」のは第2回シンデレラガール選抜総選挙アナスタシア(中間1位・最終2位)以来だが、順位を下げることがなかったのは
そして、5位以上の発表時演出にサインが使われていたことから、本来はSR以上の実装で判明するサインもここで初出となった(ただデレステでは1人だけ立ち絵がSSRものでなかったためちょっと可哀想な絵面に……)。

他のトップ5入りアイドルがプロデューサーへの感謝や喜びなどを述べる中で、りあむは

  • 「チョロいなオタク!!ぼく頑張ったか!?努力なんてムダムダの無じゃん!アイドルってなんなんだよぅ!!はー……めっちゃやむ。」
と、ぽっと出の自分が上位入りしていることに対する動揺のみを述べる異質なコメントを残した(初登場から3ヶ月程度、カードも1種類のみでプロデューサーとの絆的なものもまだあまり形成されていないだろうから致し方ないのだが)。

前述した自身の持つアイドル観とは真逆の立ち位置に立っているという理想とのギャップや、先輩の上位陣アイドルとユニットを組むことになったプレッシャーなどに果たしてザコメンタルは耐えることができるのか。
また、言葉足らずで他のアイドルを煽っているようにも見えてしまうコメントになっており、さすがの炎上気質というかなんというか……やむ。

2020年の第9回シンデレラガール総選挙では、16位にランクダウン……といってもボイス獲得直後の総選挙では人気アイドルであっても大きく順位を落とすのが通例。
これまでにりあむ以上の順位を維持したのは、第3回に6位でボイスを獲得し第4回で14位にランクインした鷺沢文香ただ一人である事を考えれば、人気アイドルとして十分に定着したと言って良いだろう。

関連アイドル

  • 辻野あかり / 砂塚あきら - 「7人の新アイドル」のうち、りあむと同じくMobage版で展開が始まったアイドルたち。登場にひと月ずつラグがあるが、ぷちデレラは同時に実装され、公式でも同期扱いのようである。2019年4月5日には【ネクストニューカマー】として、以後は【#ユニット名募集中】として、りあむを含めたトリオユニットで登場。同期アイドルの中では群を抜いて絡みが多い。
  • 黒埼ちとせ / 白雪千夜 / 久川凪 / 久川颯 - 「7人の新アイドル」のうち、デレステから展開が始まったアイドルたち。ちとせ、千夜はりあむと同月、久川姉妹は4月に登場。ストーリーコミュではりあむの日常を追ったドキュメンタリーにコメントする役割を演じた。
  • 双葉杏 / 大沼くるみ / 佐藤心 - 同じくスリーサイズが不明。他、杏とは持ち歌の作曲者が、くるみとは初期カード特訓後のポーズが、佐藤とは体重も特殊表記で伏せている点が共通している。
  • 安部菜々 / ヘレン - 『シンデレラガールズ』の出身地不明アイドル。なぜか全員巨乳。
  • 松田亜利沙 / 渡辺みのり / 三峰結華 - 他の『アイドルマスター』の現場勢。これで各作品にドルオタのアイドルが一人ずついることになる。
  • 柳清良 / 豊川風花 / 桜庭薫 / 幽谷霧子 - 左から元看護師、元看護師、元医者、医療系の資格はないが病院を手伝っているアイドル。
  • 水谷絵理 / サイネリア - アイマス界における「ネット文化圏に特に縁深い」アイドルの開祖。両者ともアイマス世界のインターネット上ではカリスマと呼ばれたネットアイドルであり、絵理はそこから芸能界に進出し、名を馳せるに至った(さらに、りあむのホームであるシンデレラガールズにもコラボイベントでプレイアブルとして参戦しているので、シンデレラガールズのゲーム上においても先輩である)。また先月、砂塚あきらが登場した際も、界隈ではネットに強いアイドルとしてこの2人の名前が出されていた。


参加ユニット

【夢見りあむ】夢見りあむ
2019年3月13日からの「第34回アイドルLIVEロワイヤル」で初登場。「ついにアイドルりあむちゃんの登場だよ!すこすこになれー!」「おいそこ帰ろうとすんな!?」「負けてヘコんでるけなげなりあむちゃんを推すなら今がチャンス!!!」とグイグイ来る。一方で勝利した際には「うっ、勝っちゃった……」と戸惑って「これでネットで叩かれたらお前らのせいだぞ」と責任転嫁を始める。
ネクストニューカマー砂塚あきら / 辻野あかり / 夢見りあむ
2019年3月31日からの「花見DEドリームLIVEフェスティバル(第44回)」で登場。新規アイドルの顔見せユニットで、りあむは「3人でもいい!目立ちたい!」と意気込んでいる。また、初めてのユニット仲間に「ぼくの隣に、顔がいいアイドルが2人…チラッチラ……はぁ…いい…」と満足げ。後に#ユニット名募集中というユニット名で再登場した。
【パラダイスヘヴン】中野有香 / 藤原肇 / 夢見りあむ
2019年7月31日からの「水着DEドリームLIVEフェスティバル(第47回)」に登場した「かがやく盛夏♪パラダイスサマーガチャ」SRトリオ。「夏の物語が、始まりを告げています」と口上を述べる肇に対し、「ぼくの物語も始まっていいの!?」と戸惑いを口にするりあむ。しかし有香から「りあむさんもご一緒にっ!」と助け舟を出されると「あ、はい」と硬直してしまうのだった。
【Groove☆Whim】早坂美玲 / 砂塚あきら / 辻野あかり / 前川みく / 夢見りあむ
2020年4月30日からの「第53回ドリームLIVEフェスティバル」に登場。上記の【#ユニット名募集中】の3人のメンバーに、【みくにゃんご】であかりと組んだみくと【My-Style Revo】であきらと組んだ美玲が加わったユニット。


余談

  • 事前に公開されたシルエットでは立ち絵が上の方に配置されていたため、他のアイドルより高身長な印象を与えていたが、実際は「7人の新アイドル」の中では最年長にも関わらず一番背が低い。また、韓国版限定のイム・ユジンやゲーム内の演出として登場するシルエットに似ているという声も寄せられていた。


  • 上述のように新アイドルでも特に高い人気を得ているキャラクターであり、SNS好きという設定や直前に同じく新キャラであるあきらが注目を浴びていたことも追い風となり、初登場以来Twitterなどで大きな話題となった。普段はアイマスの話などしない著名人にもりあむに言及したツイートをしている方々が見られる。
    • これに際し、「夢見りあむガブリアス説」「夢見りあむリアム・ギャラガー説」をはじめとした風説が取りざたされている(→夢見りあむ新説シリーズ)。りあむの実態については謎が多く、ユーザーによって考察がなされているがいまだ解明されていない。
    • pixivに投稿されたイラスト数も、初登場の2019年2月で1647枚と、デレマスの7年と1クールの中で前代未聞の数字を叩き出している。具体的には、先月のあきらやアニメ放映月の渋谷凛よりも(削除がなければ)250件以上多い。
    • 閲覧数も2月12日だけで91万、1ヶ月足らずで1000万を超える、百科事典では1ヶ月経った後も注目の記事に居座る、これに飽き足らず一時期は定番の記事入りする(というか百科のトップページのロゴのすぐ下にいた)などいろいろと規格外の記録である。
    • 7thLIVE「Special3chord♪」にて、「CINDERELLA MASTER」第13弾のメンバーに早坂美玲藤原肇とともに抜擢、ソロCDデビュー決定が発表された。ボイス実装からわずか3か月弱のことである。
    • 待望のソロデビュー曲「OTAHENアンセム」も、試聴版が公開されてからその衝撃的な歌詞と曲調で一躍話題となり、発売初日の4月22日時点でダウンロード数1位に躍り出る快挙を遂げた。

  • スターライトステージ5周年曲「Go Just Go!」でセンターを務めたためファミ通表紙や秋葉原アトレコラボでもセンターを飾ることになる。変わったところでは記念配信「24magic~シンデレラたちの24時間生放送!~」の裏でスタッフが24時間ひたすらデレステをプレイし続ける配信で(デッキがキービジュアル固定だったため)センターとして24時間酷使された。

関連タグ

出典THEiDOLM@STER / アイドルマスターシンデレラガールズ / スターライトステージ
名前夢見 / りあむ
個別やむ / ザコメンタル / ちょっと乳がでかいくらい / 夢見りあむ新説シリーズ / 限界りあむ / 歌って踊れる本能寺 / 夢見りあむ星誕祭
楽曲OTAHENアンセム / Sun!High!Gold! / 夢をのぞいたら / GoJustGo!
衣装サンライトオブフラワー / GoToParadise
カップリングあかりあむ / あきりあ / りあみん / さちりあ / りあのの / しゅがりあ / みりあむ / あむなー
集合#ユニット名募集中(ネクストニューカマー辻砂夢) / KBBB / CM13期生 / デレマス19歳組 / デレマス東京組
その他星希成奏 / キラキラネーム / ボクっ娘 / ドルオタ / 面食い / コミュ障 / SNS / ネットスラング / ピンク髪 / トランジスタグラマー / アホ毛 / ゆめかわいい / クズかわいい / すこれ / 炎上


外部リンク

夢見りあむとは - ニコニコ大百科
夢見りあむ - アイドルマスターシンデレラガールズwiki
【デレステ】夢見りあむのプロフィールとセリフ一覧 - Gamerch
夢見りあむをネットでまとめるwiki
pixivで話題の『夢見りあむ』とは? イラストもご紹介!【急上昇ワード】

関連記事

親記事

アイドルマスターシンデレラガールズ あいどるますたーしんでれらがーるず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「夢見りあむ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114549488

コメント