ピクシブ百科事典

佐久間まゆ

さくままゆ

ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場する、一途で愛が深すぎるアイドル。
目次[非表示]

プロフィール

「まゆ、○○さんにプロデュースしてもらうために来たんですよ。うふ…ステキですよね…これって運命? ねぇ、貴方も運命…感じますよね?ねぇ?うふ…まゆの事、可愛がってくれますか?」
「今日も明日も、この先もずっと…○○さんだけを見つめてます。貴方のこと…もっと、もっと…全部知りたいから…♪」

タイプキュート
年齢16歳
身長153cm
体重40kg
B-W-H78-54-80
誕生日9月7日
星座乙女座
血液型B型
利き手
出身地仙台市(宮城県)
趣味お料理編み物
CV牧野由依
初登場2012/06/26(お仕事「広島エリア」)
CDデビュー2013/11/13(No.021)
ぷちデレラ実装2015/2/28
ぷちデレラ初期ステータスVo58/Da55/Vi65
ぷちデレラ最終ステータスVo3850/Da3615/Vi4310
第2回総選挙6位
第3回総選挙16位
第4回総選挙29位
第5回総選挙27位
第6回総選挙6位(Cu1位)
「アイドルトーク」対象星輝子森久保乃々(現在は削除されている)

カード一覧

枚数:11種22枚(太字はローディングキャラ付)

レアリティカード名コストMMMAPMMMDP特技効果
R/R+リボンパーティ/リボンアディクト83308/50092153/3261リボンアピールCuの攻中アップ
R/R+ハロウィンパーティー124253/64417613/11529トリックオアハート全タイプの攻大ダウン
R/R+バレンタインパーティー124358/65997770/11766スカーレットリボン自分の守大~特大アップ
SR/SR+恋愛シンドローム1711970/181267350/11130ソウシソウアイ全タイプの守特大/極大ダウン
SR/SR+深紅の絆1911813/1788911813/17889運命のリボン全タイプのフロント+バクメン1人の攻守特大/極大ダウン
SR/SR+CDデビュー116300/95404725/7156エヴリデイドリームCuの攻守中/大アップ
SR/SR+永遠のキズナ1914070/2130610605/16060誓いの鐘CuCoのフロント+バクメン1人の攻極大/絶大アップ
R/R+ミニオンルージュ148505/128805618/8507紅の繋がりCuPaのフロント+バクメン1人の攻大アップ
SR/SR+夜の一面2015750/2385011498/17411アイノカクシアジCuPaのフロント+バクメン3人の攻極大/絶大アップ
SR/SR+夏の秘めごと2116643/2520312128/18365溺れる愛Cuのフロント+バクメン3~4人の攻極大/絶大アップ
SR/SR+紡ぐ想い2215330/2321415120/22896アナタノタメニCuCoのフロント+バクメン上位4~5人の攻守 極大/絶大アップ
SR/SR+あいの待ち人2217693/2679312653/19161わがままな手CuPaのフロント+バクメン上位5人の攻 極大/絶大アップ
SR/SR+5thアニバーサリー2011700/2047010600/16445メモリアルフェイトスペシャルレッスンに応じて変化する。詳細は後述
R/R+ハートリーディボート147245/109726983/10575愛の香りCuPaのフロント+バクメン上位2人の攻守大~特大/特大アップ

概要

モバマス詰め
佐久間まゆ


ままゆ
デレマス壁ドンシリーズ5


2012年6月26日、『アイドルマスターシンデレラガールズ』に追加された広島エリアで初登場を果たす。
出身地はほとんどのアイドルが都道府県までの公開の中、まゆは仙台だと明記されている。

出会いがしらからプロデューサー運命を感じたと言い出す。元々読者モデルだったが、プロデューサーのために前の事務所を辞めてきた。その愛の重い言動の数々は、いわゆるヤンデレと呼べるようなものであり、公式の『シンデレラガールズ劇場』(書籍版)では「初のヤンデレ系アイドル」と記述されている。
ユーザーからの主な愛称は「さくままゆ」から取って「ままゆ」。まゆゆと混同されがちだが間違えないように気をつけたい。他にもあだ名として「さくまゆ」がある。

全体的に目のハイライトが薄いのが特徴で、たまにハイライトが全てオフになることも。
登場するイラストでは左手首がかならず隠れている。左手にだけ手袋をするなど一見意味深にも感じる。
左手首には主にリボンを巻いているケースが多い。『シンデレラガールズ劇場』第343話にて『デレラジ』に出演した時には、意識して取り入れるようになったのはアイドルになってからで、それが自分の想いのための「願掛け」であると述べていた。
ラジオドラマ版の追加台詞によると、昔から好きだったが普段からは付けていなかったとのこと。そして運命は絶対であり、どんなことをしても困難を乗り越えてみせるという。
片手袋については言及がないため意図は不明。左手首は今も残る彼女の謎の一つと言えよう。

また公式での彼女は、ヤンデレに対して持たれがちな猟奇暴力のイメージとは縁遠く、他人に危害を加える様子も見られないことは覚えておくべきだろう。
プロデューサーが絡むとちょっぴり変わった言動を垣間見ることもあるが、それ以外では同僚のアイドルに優しくふるまったり、幽霊におびえて涙目になったりと、基本的にいたって普通の感性を持つ、むしろ「いい子」なのである。プロデューサーが絡まなければ…。

なおシンデレラガールズソーシャルゲームという特性上、サービス自体が終了しない限り、いわゆるエンディングが存在しない。そのため、プロデューサーへの恋からアイドルを始めた稀有な例でありながら、その最終的な顛末を見ることは出来ない。彼女がアイドルとして、また一人の少女として、どのような道を歩んでいくのかは……我々プロデューサー次第なのである。

「まゆの人生はもう○○さんのものなんですから、これからも…ずーっと貴方好みのまゆにプロデュースして下さいね♪」

シンデレラガールズ

初期(リボンパーティ/リボンアディクト)

♡♥♡♥♡♥♡
新エリア広島ヤンデレ来てるじゃないですかーー!!!!


「プロデューサーさん、ネクタイ…直してあげる。あら、ステキな柄…。もしかして…誰かのプレゼント? そんな訳ないですよねぇ? うふふ…」 
「まゆはずーっと○○さんと一緒です。まゆがトップアイドルになっても、ずっとこの運命の赤いリボンは繋がってます♪うふ」

広島エリアで衣装「リボンパーティ」をコンプリートすることで入手できるキュート系レア。能力は攻撃型で、スキルは「リボンアピール」。

特訓前はピンクのロリータ風衣装に、両手に巻き付けられた赤いリボンのインパクトが強烈。所謂「恍惚のヤンデレポーズ」のようなポーズをとっている。
「まゆは○○さんが喜んでくれるなら、何でもするの」など、全体的にPに依存している様子が見られるが、アイドルのお仕事自体も「モデルの頃から撮影って大好き♪」と楽しんでいるようだ。

特訓後は全身をピンク色の大きなリボンで包んだような衣装。例の赤いリボンマイクに巻きつけてのようにしている。また、目付きも少し鋭くなっている。
「まゆを○○さんの色に染めて?ねぇ、はやく…」とその情念は高まる一方のようだ。

特訓前後共に「他の子との話、楽しいですかぁ?」と、他のアイドルと仲良くすることを意識するなど、プロデューサーへの独占欲が見られる。
「まゆは○○さんのモノ、貴方はまゆのモノですよ、うふふ」

ハロウィンパーティー

頑張ったご褒美がほしいです
ハロウィンままゆ


「プロデューサーさん、今日はハロウィンパーティーなのでまゆもお着替えしてきたんです。うふ…どうですか? 吸血鬼…永遠の美と若さで貴方のお側に…なんて。うふ…血が欲しく…なっちゃいますね」

2012年9月30日開始のガチャイベント「ハロウィンパーティー」で再登場。吸血鬼を意識した衣装でプロデューサーに迫る。魅了の視線だの血がどうだのとPへの純愛は相変わらず。
「血って、どんな味でしょうか?」 どうやら血の味は知らないらしい。一安心。
性能は守備型。スキルが「プロダクションマッチフェスティバル」で有用な全タイプの攻ダウンで、今まで鉄壁を誇ったR安部菜々のアッパーバージョン。
特訓後に彼女がリーダーのユニットでLiveバトルとなった場合の台詞が「あなたたち…邪魔」。怖い。相手の攻がダウンするのは、戦意喪失しているということでは…?

公式漫画『シンデレラガールズ劇場』第38話に登場。双葉杏ハロウィンをもらえるイベントであることを親切に教えているなど、優しい一面を見せている。
難波笑美曰く「まゆはプロデューサー絡まないとええ子やなー」とのこと。プロデューサーが絡むと以下略。
「杏ちゃん。ハロウィンはみんなから飴もらえるイベントなのよ」

8ヶ月後の新イベント「ドリームLIVEフェスティバル」では、同じくハロウィン組の梅木音葉上田鈴帆を率いてユニット名もそのまま「ハロウィンパーティー」のリーダーとして登場。貴重なライバル視点から見たまゆのキャラをうかがうことができる。登場シーンや勝った時は存外楽しそうだが、負かすか引き分けると…?
「トリックオアトリート!私たち、ハロウィンの空気を皆さんにお伝えしちゃいますね♪うふふ!行きますよ!」
「次は勝ちます…絶対に…絶対に勝ちます…」
「負けちゃった…。負けたら…褒めてもらえない…負けたら…」

バレンタインパーティー

らくがきままゆ
ままゆのCDを出してください!


「○○さんのことだけを思ってがんばっておしゃれしてきたんです…。チョコもマフラーも手作りですから…まゆの深い愛情、感じて下さい♪貴方のためなら…まゆ、何だってしちゃいます♪」
「○○さん、まゆしか見ちゃダメです、約束ですよ♪」

2013年1月31日、ガチャ「バレンタインパーティー」でレア(R)として3度目の登場。同時登場SRは渋谷凛緒方智絵里衛藤美紗希、Rは岸部彩華若林智香三好紗南
今回はバレンタインデーということもあり、流石に性格はおしとやかに……

「まゆがマフラー巻いてあげますぅ…あら、このチョコは…?ふぅん…まゆ以外のチョコ、二度と食べられないようにします?…うふ♪」

いつも通りでした。
左手にはチョコレート、そして右にマフラーが入った袋を抱えているところがとってもキュート。まゆは今回初めてハートのピアスをつけている。言葉通りPのために頑張っておしゃれしてきたのだろう。
レアでは屈指の守備型である。今回持つスキル「スカーレットリボン」は自分の守備大~特大アップという前例がなかったもので、上手くいけば自分自身で守備力が23,000越えするというSレア顔負けの硬さを誇る。
特訓後の衣装はTVアニメ第3話でもまゆのステージ衣装として描かれていた。

若林智香曰く「まゆちゃんにも色々相談したんですが、忙しかったみたいで…」。いったいどんな用事があったのやら。
『劇場』第76話では(前回登場した渋谷凛を除く)今回のガチャ登場アイドルと共に登場。プロデューサーの姿から、他のアイドルよりも真っ先にチョコとマフラーをプレゼントしたことが推測される。流石である。

そして4コマ目&最終コマのまゆの言葉、

「…いっぱいチョコ貰っちゃいましたねぇ」
「でも一番は私のですね♪」

とプロデューサーへの純愛っぷりを発揮している。Pの無事を祈ろう。

恋愛シンドローム

ま ま ゆ
どこに行くんですか?


「どこに行くんですか? …うふふ、ビックリしました? ○○さんが来ると思ってずっと隠れて待ってたんです…そう、ずーっと♪…やっと…やっとふたりきりになれましたね…うふふ♪」
「まゆは…○○さんと一生このまま…一緒に…うふふ♪」

2013年4月10日「第9回プロダクションマッチフェスティバル」の上位報酬SRとして登場。SR化を望んでいた多くのままゆPたちを沸き立たせた。同時登場は並木芽衣子
特訓前のイラストは後ろの座席から運転席を見ている様子が描かれている。二人きりになるために、ずっとPの車の中で隠れて待っていたらしい。どうやって車内に入ったのかはご想像にお任せします
この時の服装は後のTVアニメ第14話や、『スターライトステージ』での立ち絵に使用されている。

特訓後のイラストはまゆの恋心(?)を具現化した部屋にまゆが座り込んでいるイラストである。リボンを巻いた左手でPに小指を差し出している様子。
親愛度MAX時、Pに「まゆの心と身体は全部プロデューサーさんだけのものですよ♪…そして…あなたの心も身体も全部まゆだけのものだから…」と言ってくる。まさにソウシソウアイ。

特訓後のイラストをよく見てみると

etc…
と、まゆの愛の深さがうかがえる。
(まゆ自身が言うには『これだけじゃ全然足りないですよ♪』とのこと)

『劇場』第97話 「何でもしってます♪」では、Pの車のガソリンがもうすぐなくなることを高橋礼子に教えるというファインプレーをし、褒められた(並木芽衣子には「気がきくね」と、高橋礼子には「いいお嫁さんになるわよ」と称され喜んでいた)。
Pのことを何でも知っておきたいという心遣いも4コマ目で描かれている(並木芽衣子曰く「まゆちゃんは尽くす子」)。

そして最後のコマでは

「それにGPSで車の走行距離も把握してるのでぇ」

と、Pが気がかりでたまらないようだ(無論、その車はPの車である)。決してストーカーとかじゃない。純愛だよ。
でも一歩間違えれば「さなえさんこっちです」となるので注意しよう。

深紅の絆

ままゆ温泉
ままゆ


「まゆ…もう熱くて…。はぁ、プロデューサーさんのことを考えたらもっとカラダがアツくなっちゃう…」
「 しっぽりとまいりましょ…うふ」

2013年10月31日、ガチャイベント「月夜の温泉ガチャ」のSR枠で登場。同時登場SRは渋谷凛堀裕子、Rは宮本フレデリカ高橋礼子冴島清美斉藤洋子
このガチャで初めてまゆに声が付いた。これでCM5期生全員にボイス付きカードが出たことになる。もちろん思い出エピソードもボイス付き。

特訓前では温泉街の旅館のPの部屋風呂に待っていたイラストが描かれている。Pの。大事な事な(ry
イラストを見てみると、バスタオルを体に巻いている以外にトレードマークのリボンをタオルで作って頭にかぶせている。どうやって作ったんだ。
エピソードからもわかる通り、二人きりになるために特別な準備をしていたそうで、Pの風呂場に何らかの方法で入り込んでいた。
しかし、念用に準備しすぎたせいか、かなり早くから風呂で待っていたため、Pが来るころにはすっかりのぼせてしまっている。(まゆ自身も「計画…失敗しちゃった…」とこぼしている)まゆはぽんこつかわいい。
そのため、コメントやエピソードの台詞が非常にエロい。意味深な言葉でもなく、まゆは普段でも割と直球に言ってくるので非常にけしからんことになっている。しかもボイス付きだもんね。
親愛度MAXになると、お姫様だっこをねだってきたり、お風呂ではP(や仕事)をいつも夢見たりすることを告白してくる。まゆは純愛。
また、他のアイドルを見るくらいは少しだけだったら許してくれる。まゆは寛大。

特訓後では浴衣の衣装で赤いリボンに巻かれている姿が描かれている。今回のガチャSR枠で唯一イラストに他のアイドルが入っていない。
衣装のイメージは今回の名前にも入っているように深紅であろう。カチューシャのリボンの色が印象的。
特訓後のコメントはのぼせていた特訓前のコメントと対照的に非常にPに積極的なコメントになっている。というよりいつものまゆである。
親愛度MAXになるとPのためならば何でもしてくれると言ってくれる。

『劇場』第177話では高橋礼子斉藤洋子と一緒に出演。
露天風呂で感慨にひたっていたが、礼子の一言でとある用事を思い出して残念ながら早めにお風呂から上がってしまったようだ。用事じゃ仕方ないわね by高橋礼子

CDデビュー

エブリデイドリーム
エヴリデイドリーム

 
「まゆがCDデビューできたのは、○○さんがずーっとまゆを見ていてくれたから…。これからもまゆだけを見ていてくださいねぇ♪」
「…○○さん、大好き…やだ、何でもないです♪」

2013年11月13日、「CINDERELLA_MASTER第5弾のメンバーとして白坂小梅緒方智絵里アナスタシア高森藍子と共にCDデビュー。
曲名は「エヴリデイドリーム」。当該記事を参照。
『劇場』第183話では小梅に付いて(憑いて?)来た「あの子」の存在に脅えて泣いていた。まゆだって普通の女の子。

永遠のキズナ

俺が結婚してやんよ!!
シンデレラ☆スタジオに参加してます。


「ウェディングドレスを着るときは…大好きな人と結ばれるときだと思っていましたけど…今日は同じくらい幸せな日かも…。○○さん、まゆのドレス姿…似合ってますか…?うふふ♪」
「いつか…いっしょに幸せになれますように…なんて。うふ♪」

2014年5月31日「希望の祝福 ハッピーウェディングガチャ」で登場した新SR。同時登場SRは姫川友紀三船美優、Rはクラリス瀬名詩織脇山珠美沢田麻理菜
憧れだったウェディングドレス姿ということで嬉しそう。特訓前は白いドレスに赤いアクセントや、舞い散る赤い花びらが映える一枚となっている。
「ケッコン…したいですか…?」なんて台詞も。喜んでと言いたいところだが何故カタカナなのか……。

特訓後は、チャペルの外で鐘を鳴らすシーン。後のカードも含めて、特訓後の中では歴代で最も明るい雰囲気を見せている。
小さい頃から結婚式に憧れていたらしい。乙女は夢見がち。
地元の仙台の海もいいところだと、珍しく地元についても言及している。

『劇場』第314話ではパーティーセットのシャンパンを飲もうと言い出す友紀に、未成年だしPの許可を取らないと、と常識的な振る舞い。しかし20歳児の暴走は止められなかった。
315話ではブーケを使い、願いが叶うか何気なく花占いを始めるのだが…



おそらく『劇場』の続きとなる思い出エピソードの後編では、彼女の秘めた想いがついに語られる。
気になったPは是非その目で見届けよう。

永遠のキズナ 佐久間まゆ 思い出エピソード前編+後編(外部リンク)



「○○さん、まゆがトップアイドルになったら幸せですか…?
じゃあ、誰より幸せにしてあげるから…ずっと隣で見ててね…?」

【妄想】SR[ジューンブライド]佐久間まゆ






ミニオンルージュ

ままゆ
ミニオンルージュ


「あ、動きました♪この胸が、ドキッて…。○○さんの素敵な目で見つめられると、いつもハートがドキドキしちゃうんです。今日もまゆのこと、見ててくださいね。まゆも貴方を見てますから…」
「まゆ、最近自由だと不安で…。○○さんも、ですよね?」

2014年9月17日からの「追憶のヴァニタス ドリームチャンスガチャ」でRが追加。

以前より落ち着いた雰囲気で、Pに対して釘を刺すような発言はあまり見られなくなる。
その一方で「なんだって…言われるままに…」と依存心を見せる等、ある意味相変わらずの面も。

特訓後はピンク色の衣装に花やリボンをあしらった華やかな雰囲気。
表情を見ると気付くが、過去の特訓後Rよりも目つきが優しくなっている。
苦手なダンスにも励んだり、アイドルらしい面が強調された。
プロデューサーに「まゆのアイは…ねぇ○○さん、どうしたら届きますか?」と問うているが、果たしてアイを届けたいのはファンに対してなのか、それとも……?

『劇場』第381話では事務所の机の下に興味を持ち、星輝子とシェアしようと言い出す。まゆにとってはPを感じるパワースポットらしい。これを機に「アンダーザデスク」というユニットが誕生することになる。

夜の一面

らくがき
まゆの心臓もハートの形なんです


「いっぱい食べてください。食べれば食べるほど、クセになるから…」
「他の誰でもない、○○さんのためだから…まゆは…」

2015年2月28日の「秘密のナイトパーティー」にてぷちデレラと共に登場したSR。二度の2番手を経てついに月末1番手での登場となった。

特訓前はプロデューサーの為にお弁当を作っているシーン。
働きづめのPの食生活を案じて栄養満点のお弁当を作ってくれる。まゆは良妻
…だが赤い液体を舐める、置かれた包丁が光るなど何かと意味深。
エピソードではプロデューサーだけに効く隠し味を入れているそうだが……その実態は不明。
「指のケガは、気にしないで♪」
ハート型のハンバーグ等、成形が難しそうなものまで丁寧に作っている。
この時のお弁当が、後にアニメイトカフェのコラボメニューのひとつ「佐久間まゆの愛情たっぷりハートプレート」として再現されることになった。

特訓後は紺色を基調とした衣装で、16歳とは思えぬ色気に溢れた立ち振る舞い。
身体にはいつものリボンの代わりにチェーンが巻き付いている。エロい。
所謂グラビア撮影だが、いつもに増してPを誘ってくるような台詞が多い。
「今夜、○○さんと素敵な一夜が過ごせたら、それだけでまゆは幸せですぅ…禁断の関係って、憧れですからぁ…♪」
ちなみに恋愛シンドローム以来、久々に目にハートが映っている。

また『劇場』第470話では深夜の弁当作成中にシイタケを使うことを思いつき、「真夜中に事務所に忍びこむなんて」「輝子ちゃんのトモダチを勝手に採るなんて」と逡巡しつつも気がつけば実行に移しているなど、38話での「プロデューサーが絡まないとええ子」という発言の一端を表現することになった。

夏の秘めごと

C88 うちわ用イラスト
まゆ


「ずっとずっと、まゆのことを意識してくれたらいいんです…♪」
「○○さんの手は、温かいですね。悲しくなるくらいに…」

2015年6月31日、「待ちきれない!サマーシーズンガチャ」にて高垣楓喜多見柚と共にSRとして登場。

特訓前はピンクの可愛らしいフリルのついた水着に白いパーカーの姿でPにBBQの肉を取ってきてくれている。
ちゃんとプロデューサーの健康を気遣って野菜も取ってきている。まゆは良妻。
「他の子のところに行ってもいいんですよ。見てますから…♪」 他のアイドルのところへ行くことも厭わなくなった。まゆはいい子。
思い出エピソードでは「どの子とお話ししててもいいですけど…。」と笑顔だが言葉の端が若干スネ気味。かわいい。

特訓後は報われない恋を嘆く悲劇のヒロインを演じている。
「わからないんです。悲しいのか、悲しい演技をしているのか…」
演技中プロデューサーが悲しい顔をしているような気がして撮影が終わってホッとしているようだ。

『劇場』第534話では一人海で色気を漂わせ黄昏れている高垣楓を見て、自分も彼女のようなアイドルになりたいと憧れる。なお実際は...

『劇場』第535話では皆と遊びに来た海でプロデューサーと2人っきりになれるよう、まとめ役として保護者役のプロデューサーに近づこうと画策するが、結果的にまとめ役として忙しく二人っきりにはなれなかった。
しかしプロデューサーがずっと自分を見てくれているので満足なまゆだった。

紡ぐ想い

佐久間まゆ 【シンステしおり企画
紡ぐ想い


「寒くても平気…。まゆが○○さんを温めてあげます♪」
「永遠なんて永くない…。○○さんと一緒なら…」

2015年12月31日「ドリームLIVEフェスティバル 新春SP」の上位SR枠に登場。
共演者は吉岡沙紀沢田麻理菜柳清良の3人。

特訓前は暖炉の前でPの為にマフラーを編む姿。夢中で編んでいたらずいぶん長くなってしまったらしい。マフラーの長さがまゆの愛の深さ。
「あぁ…マフラーになって、感じたいな…○○さんの体温」
ちょっぴり変態的な台詞もまゆになら大歓迎。
また、夜の一面以来のなにかを混ぜるような様子も窺える。
「こっそり編み込んで…ふふっ」

特訓後は天女の姿。人に恋をした罪で楽園を追われるというバックストーリーらしいが、「禁断の恋」を描いた悲しい物語に身を投じた彼女は、何を想って涙を流すのか……。

今回からコストが初の22に突入し、特技「アナタノタメニ」は、CuCoのフロントメンバー+バックメンバー上位4、又は5人の攻撃守備を極大(特訓語で絶大)アップと強力なバランス型になっている。

劇場第635話『百人以上一首対決!』にも登場。「アイドル百人一首」を共演者と、Pと共に楽しんでいるのだが……?

あいの待ち人

てるてるPとまゆ
あいの待ち人


「雨がくれた、ふたりの時間...まゆにとっては永遠より大切です」
「まゆとアジサイの風景、雨が上がっても覚えていてくださいねぇ...」

2016年6月15日、「あいの待ち人 ドリームチャンスガチャ」にて初の月末以外&単独目玉として登場したガチャSR。

特訓前はてるてる坊主をロケ先の部屋で作っている様子。リボンをつけたてるてるまゆとネクタイをしたてるてるPを作って雨が晴れることをお祈りしている。ネーミングセンスが子供なまゆかわいい。
お仕事も大切だが雨が降った方がプロデューサーと二人きりの時間が多いため本心では明日も雨を望んでいるようだ。

特訓後は紫陽花をモチーフにした衣装で紫陽花に囲まれた姿。紫を基調とした宝飾類が散りばめられた綺麗な衣装に蠱惑的な表情は水も滴る大人の女性といった印象を感じさせる。
「アジサイは一雨ごとに色が変わりますね...女の子が、涙のたびにキレイになるのと同じなのかも...。ふふ、まゆは違いますよ...プロデューサーさんといっしょなら、いつだって笑顔でいられます...♪」
今回の特技「わがままな手」(CuPaのフロントメンバー+バックメンバー上位5人の攻撃を極大→絶大アップ)を再現するような積極的な攻めっぷりである。

余談だが、紫陽花の花言葉は「移り気」「高慢」などマイナスイメージなものが多いが、青紫色の紫陽花の花言葉には「辛抱強い愛情」というのもある。愛の待ち人であるまゆにぴったりかもしれない。

劇場第723話『ふれふれまゆ』ではアンダーザデスクの3人で登場。星輝子からてるてる坊主ならぬ「ふれふれ坊主」の話を聞いたまゆは……?

5thアニバーサリー

「まゆの熱と、Pさんの熱...溶け合うの、感じますか?」
「今だけは...まゆ一人を見て...」

ままゆとマフラー
まったく、5thアイプロは最高だったぜ



2016年11月28日、5周年記念イベントであるアイドルプロデュース「the 5th Anniversary」にて星輝子鷺沢文香大槻唯らと共にSRとして登場。
特訓前は冬用のコートを羽織り、手編みの赤いマフラーを持ってプロデューサーと外出している場面。お祝いの日にプロデューサーをずっと独り占めにするわけにはいかないと思いつつも、少しでも長く二人きりで居たいと散歩を楽しんでいる様子。まゆは健気。散歩している街には読者モデル時代の撮影で訪れた事があるとか。

特訓後はスカートの部分が紫がかった紺色のドレス姿。後ろには同じくパーティーに参加している輝子と小梅が映っている。右手の小指を立ててプロデューサーに「ずっと一緒にいてください」という約束を交わすために指切りをしているようだ。

イベントログイン演出では3日目と7日目に登場。
絆レベルアップ報酬は海鮮親子手巻き寿司(鮭、イクラ、アボカド)、ジャーフルーツポンチ、手作りお弁当。
初期シーンの事務所でのチャンスタイム突入演出では目にハートが入った笑顔が、街中以降でも実にまゆらしい笑みを浮かべる姿が見られる。

なお、今回のアイプロは新システムを取り入れており、イベント内でのみレベルアップ、親愛度アップ、特技Lvアップが可能で終了後は人気度のみしか上げられなくなってしまう。
また、フリートレードに出すことは出来ず、イベント中の入手を逃すと今後一切手に入らなくなる可能性があるので注意してもらいたい。
恒例の差分はスペシャルレッスンという、これも又イベント中にのみ入手可能なレッスンPtを使用してアイドルを強化していく過程の中でランクアップという形で入手できる。(SR、SR+それぞれにスマイル差分が1枚ずつ)
これまでの差分と違い、実質的なカードとして入手できるのは最終的なレッスン具合に応じた一枚のみである。
因みに、レッスンの過程で特技を2つ習得できるダブル特技を持つことができるがステータスは精々19コスト相応と言ったところで、インフレの進む現在ではそこまで性能的に強いわけではない。
それでも、これまでのまゆの集大成を思わせるような思い出エピソードや親愛度MAXの台詞などは担当Pであってもそうでなくても号泣必至のものであり、是非とも入手すべき一枚となっている。

ハートリーディボート

朝まゆ
お花まゆちゃん


「ティーセットはもちろん、今日のために。大事に使ってくださいね♪」
「誰かのために咲くから、花は綺麗になれるんです。ふふっ…♪」

2017年6月14日「淡彩のしずくドリームチャンスガチャ」にて久々のボイス無しR枠として登場。同時登場アイドルが北条加蓮なのはLove∞Destiny時の共演を意識してか。
特技は紡ぐ想い以来のまゆにとって希少な両面バフだが、レア相応のステータスかつ特大止まりなので性能は愛でカバーしよう。

特訓前はプロデューサーと二人だけのお茶会を楽しんでいる場面。カップを一つしか用意してないところを見ると、飲ませる専に徹するつもりか。 まさか直飲みするわけじゃあるまいし……
プロデューサーのために心をこめて選んだオリジナルブレンドのハーブティーを振る舞ってくれている。隠し味は愛情とのことだが……?
一方、うってかわってLIVEバトルでの台詞は意味深なものになっており、これをどう捉えるかはプロデューサーの解釈次第だろう。
「貴方は…口に合わないかも」

特訓後はハーブティーのCMの撮影をしている様子。頭に花で綺麗に彩られたティアラを被り、真っ赤な包みいっぱいのハーブを見せている。色んな種類のものが並べられているが、まゆはハーブの知識があるのだろうか?
プロデューサーのことを想っていたら夢中になってしまい、予定よりもたくさん摘んできてしまったらしい。自分を花に例えて、プロデューサーのために咲いていると話す。まゆは健気。

スターライトステージ

スターリースカイ・ブライト
4thラブデス


「そう……まゆがアイドルを目指すのは、貴方がアイドルのプロデューサーだから。貴方の夢が、まゆの夢です。」

スターライトステージ』ではリリースから2週間遅れて2015年9月17日からレアアイドルとして実装。ステータスは非常に強力なVo型で、ぷちデレラ同様Daが一番低い。
無印のセンター効果はキュートボイス、特技は『リボンアピール』(スコアアップ)

同僚申請時のホーム画面での台詞から、やはりアイドル以外の女性も用心する対象である様子。

メインとなるストーリーコミュは第21話。以前から親交のあったかな子の他に、新たにフレデリカ志希との絡みも。どうやら愛が重いところは母親に似たようである。

フィールマイハート

プロデューサーさん、まゆのSSR…もう持ってますよね?…ねぇ?
シンデレラ


「想いはいつも、○○さんと触れ合ってます。こんな風に」
「ファンのみんな、大好き…まゆ、みんなのこと、本当に好きですよ」

2016年1月22日、プラチナオーディションガシャでついに最高レアリティのSSRが追加された。
センター効果はキュートボイス、特技は『一途ゆえの愛』(スコアアップ)

特訓前は早朝の事務室で、プロデューサーの机の上に花を飾るシーン。
飾っている花はブーゲンビリアと呼ばれる花で、花言葉は「あなたしか見えない」。

特訓後はハートに包まれたステージで輝く姿。「他のアイドルには真似できない完成度」との事。
その愛情はファンにも降り注がれており、彼女のアイドルとしての成長が実感できる。
実はSR以上でステージ上で歌って踊る姿が見られるカードは、CDデビューを除けば今回が初となる。
ライブ前の台詞は「この会場を真っ赤に染めてみせます」別に血で染めるとは言っていない。

他の一部アイドル同様、入手することで「お願い!シンデレラ」でソロVerのMVを見ることができる。
ステータスはRよりさらに強力なVo特化。案の定Daが一番低い。

Love∞Destiny

まゆの誕生日
まゆちゃん



「どうしよう...。こんなときめき、感じるの、はじめて...。続きがあるんですか?怖いけど、知りたい...。」
「紅のドレス...。もしかしたら、血の誓いの色かもしれません。ふふ...」

2016年6月30日15:00~7月7日20:59に開催された「LIVE Groove Dance burst」のイベントPt上位報酬Sレアとして登場。ステータスはこれまでと違いVi特化。Daはやはり低い。
センター効果はキュートメイク、特技は『sweet heart』(コンボボーナス)
北条加蓮小日向美穂緒方智絵里多田李衣菜らと共に新ユニット「Masque:Rade」を結成し、新曲「Love∞Destiny」を歌う。
ユニット名は加蓮提案のものであり、意味は「仮面舞踏会」。女の子は、常に仮面を被っているもの。

特訓前は多田李衣菜に壁ドンをされている様子。普通の少女が好きそうな事柄として「壁ドン」を雑誌でしか知らないというまゆに李衣菜が実践をする。「お...俺の女に...なれよ...。」「きゅん....。」
李衣菜の姿にPを重ねたまゆは壁ドンのあまりの破壊力に赤面してドキドキしている。
いつもPへの気持ちを隠さず、積極的にアピールしているまゆだが、Pから攻められるのには弱いらしい。 なお、偶然目撃してしまった智絵里には誤解されてしまった模様。

特訓後は薔薇を基調とした紅のドレスに腕にイバラを巻き付けた衣装。
イバラが本物か飾りなのかは判断しかねるが、痛みはないらしい。
愛で閉ざされた城を舞台で少しアンニュイな雰囲気の中、悲しい恋をした少女達を演じている。
ルーム台詞では「onlyじゃないLove...。やってみたら、どうですか♪」というのもある。音符マークがついているのが微妙に怖い。

イベント内のスペシャルコミュでは、負けず嫌いな性格からユニットのリーダーを巡って加蓮と互いに競い合ったり、また、縁の下の力持ちとしてPと頻繁に連絡役を受け持っていた李衣菜に対し、伏兵がいた...!と思ったことも。また、「ちゃんづけ」から「さんづけ」に変えた智絵里に対し、「前みたいに、まゆちゃんって、気軽に呼んでくれてもいいんですよ?」などと優しく言うシーンも。(Pが絡まなければ)まゆはいい子。

トリート・オア・トリート

メイドまゆ!
ままゆ


「どうしよう。もし、まゆが悪魔にされたら…歯止めがきかなくなっちゃう」
「高く……もっと高く飛びましょう、○○さん。まゆ、見てみたいんです。貴方と、一番高い空を……!」

2016年9月30日、「みんなと一緒に!ハッピーハロウィンガシャ」で登場した限定SSR。同時登場SSRは星輝子
センター効果はキュートメイク、特技は『愛されトリック』(コンボボーナス)

特訓前はハロウィンパーティー会場で李衣菜や智絵里と戯れている様子。ピンク色のフリフリのメイド服姿が極めてキュート。
当人もいつもよりはしゃいでる様子で、Pの背中に隠れてみたりちょっとだけ積極的な行動も。
親愛度MAX台詞ではトリックオアトリートにちなんで二つから一つを選ぶという話で、実に彼女らしい疑問を投げかけてくる。
「○○さんは、やがて…まゆをどうしたいですか?アイドル、オア…。」

特訓後は夜の一面とハロウィンパーティーを足して2で割ったような艶やかな黒魔女姿。
「愛の呪い」やら「煮えくり返った魔女釜」やら使っているワードはやたらおっかないが、どこか常に楽しそうな雰囲気を見せている。
一方で、「闇のドレス…。不思議ですね。着ていると、どんどんイケナイ気持ちに…」
「たとえ永遠の呪縛だとしても…いいですか、○○さん?」 と、いつも通りの一面も。
特訓エピソードでは魔法の「いけない使い方」について説いているが、その魔法はファンにかける魅了の魔法のことだった。
特訓前は仲間と楽しげに過ごす光景、特訓後はアイドルとしてプロデューサーだけでなくファンをも魅了していく様と、彼女の世界の広がりが再確認できるエピソードとなった。
これからも「よそ見した時、ビリビリッ…」されないようにその成長を見続けていきたいところである。

ちなみに特訓後の衣装についてイラスト及び2Dでは魔女帽を被っているが、3DLIVEモードではカチューシャに替えられている。

イリュージョニスタ!

no title
いりゅまゆ


2017年8月31日に開催されたイベント「LIVE Groove Vocal burst」の達成pt報酬として登場したSR。
センター効果はキュートボイス、特技は『絢爛七色』(オーバーロード)
同イベントはアニバーサリー記念曲「イリュージョニスタ!」を本田未央鷺沢文香輿水幸子新田美波との5人で歌う。
今回は特訓前後で時系列が逆となるシチュエーション。
特訓後はライブイベントのステージで新衣装「ショータイム・イリュージョン」をまとい投げキッス。美波とのツーショットで観客にハートを届ける。
特訓前はライブ成功のご褒美として『あたり』を引き当てリムジンに乗り未央、幸子とともにパーティー会場へ。よっぽど気に入ったのか何周もしてみたり、挙句仙台までリムジンで行ってみたいとのたまう。

その他イベント出演

パステルピンクな罠


2016年1月20日開催のイベント「パステルピンクな恋」のスペシャルコミュでは、jewelries!での共演者とユニット「サクヤヒメ」を結成する。

お迎え
愛を信じている少女


2016年10月31日開催のイベント「LIVE Groove Dance burst」では、「346Pro IDOL selection」で小早川紗枝と歌った「あいくるしい」を再び披露。メンバーとして新たに水本ゆかり三村かな子速水奏を加えた5人での歌唱となっている。
スペシャルコミュでは5人揃って「愛」をテーマとしたドラマに出演することとなり、まゆは「愛を信じている少女」の役。
また、コミュにも登場するSR[あいくるしい]速水奏の特訓前イラストで初めて制服姿を披露した。暗緑色のブレザータイプで襟元にしているのはリボン。

各種メディアミックス

CD

CINDERELLA MASTER

先述の通りCM5期生として2013年11月13日にCDデビュー。
ドラマパートである「目指せ!シンデレラNO.1!」では通常ラジオ番組の収録というシチュエーションなのだが、
まゆの場合なんとプロデューサーと二人っきりでラジオ収録の練習という特別仕様。
可愛らしいながらも時折暴走する彼女とのやり取りを10分間たっぷり楽しめる。
「プロデューサーさんって案外、せっかちなんですね。うふ」

Cute jewelries! 002

2014年12月31日発売の「THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Cute jewelries! 002」において、緒方智絵里輿水幸子三村かな子小早川紗枝の4人と共に新曲「パステルピンクな恋」「ゴキゲンParty Night」を披露。
ドラマパートではプロデューサー不在の中、5人で楽しく打ち上げパーティを行う。まゆはPの分を含めた全員分の料理を準備するというスペックの高さを見せる一方、
ちえりんチョップの話を聞いてチョップの素振りを始めたり、挙句の果てにはきらりん語を喋ったりと、コミカルな面が多く見られた。
「プロデューサーさん、にょわー♪」

また、同CD収録のカバー曲「誰より好きなのに」では佐久間まゆ役の牧野由依自身がピアノ伴奏をするという豪華仕様なアレンジとなっている。
本人の歌唱力の高さもあいまって、その完成度はデレラジ』収録中にふーりんがガチ泣きするレベルである。

【楽曲試聴】誰より好きなのに / 佐久間まゆ(外部リンク)

346Pro IDOL selection Vol.3

TVアニメBD/DVD特典である「346Pro IDOL selection」にて小早川紗枝とのデュエット新曲あいくるしいを披露。切ない恋の歌を2人で歌い上げた。
「永遠」や「運命」などまゆを思わせるフレーズも。

「346Pro IDOL selection vol.3」試聴動画(外部リンク)

Love∞Destiny

STARLIGHT MASTER第6弾として2016年10月26日に発売。
詳細は上記カードや個別リンク参照。

命燃やして恋せよ乙女

STARLIGHT MASTER第12弾として2017年8月9日に発売。
カップリング曲としてまゆの新ソロ曲「マイ・スイート・ハネムーン」が収録されている。

アニメ「シンデレラガールズ」

ゲーム稼働開始から2周年記念として公開されたアニメPVに出演。

C88クリアファイル絵&おしながき


TVシリーズでは、第1話冒頭にて、ユニット「シンデレラガールズ」の一人としてライブ出演しており、ストーリー開始時から既に人気アイドルであることが窺える。

アニメ1stシーズンでは先輩アイドルの一人としてシンデレラプロジェクトのメンバーに好意的に接している。原作の設定である「プロデューサーが絡まなければいい子」の部分が強調された。

仙台出身であるためか女子寮で暮らしており、描写は少ないものの同じ寮生の小日向美穂とは親交が深いようである。
マジックアワーでは堀裕子とともにゲストとして登場。芸歴の浅いと思しき裕子を先輩として支える頼もしい一面を見せる一方、原作のまゆを知る者なら勘ぐってしまうような意味深な言動も見られた。

問題が起こったのは2ndシーズン初回の第14話。
武内Pにつきまとっているところをシンデレラプロジェクトの面々に発見されるものの、彼女らにP宛の手紙を託してその場を去ってしまう。
お相手は武内Pかと興奮するメンバーだったが、自分の担当プロデューサーへの誕生日プレゼントを相談されていただけだった。
影のように現れる、いつの間にか背後にいる、おどろおどろしいBGMやSEなど、まるでここだけホラー映画のような扱いである。

同時にまゆの担当Pも登場。後ろ姿だけで、顔も声も出ていない。
彼に対するまゆの眼差しは、まさに原作におけるそれであった。

その後、第22話のオータムフェスにて小日向美穂、小早川紗枝輿水幸子とユニットを組んで出場。ステージを終えて私服に着替えた後、幸子と談笑していた。
なお、上記担当Pはその後の会議シーンなどで登場しておらず、同時期に美城常務による社内改革があったため安否去就が気遣われていたが、同話で無事が確認された

第24話では、武内Pの机の下で仲良くしている白坂小梅星輝子神崎蘭子とともに微笑ましく見守っていた。
そして第25話の「シンデレラの舞踏会」ではシンデレラガールズとしてステージに立つだけでなく、三村かな子椎名法子及川雫とも部署の枠を超えて協力し、観客にスイーツを配布していた。

アニメ「シンデレラガールズ劇場」

アイドルだっていいじゃない!


Mobageのアイドルマスターシンデレラガールズにて掲載されている『シンデレラガールズ劇場』のTVアニメでは、第2話の「アンニュイ楓」に登場。内容は殆どゲーム掲載版第534話と同じだが、勿論喋った。短いが次回予告も担当している。
また、同アニメの4月度EDテーマ「キラッ!満開スマイル」を島村卯月双葉杏小日向美穂櫻井桃華らと担当しており、
EDでは彼女たちと生足が眩しい白とピンクのキュートな衣装に身を包み、楽しそうに踊るまゆの姿も見られる。
特にドアップで小指を立てながらキラッ☆するまゆの可愛さにハートを奪われたPも多いんじゃなかろうか。

更に第4話、「無くなるまで続きます」では単独でメインとして登場。内容はゲーム掲載版第315話、すなわちウエディング回である。声がついて、妙におどろおどろしいBGMと合わせて必見。次回予告も単独で担当し正にまゆ尽くしな回となった。

それから暫く放送が続き、多くのアイドルが1~2回の出番だったためまゆはもう出ないものと見ていたまゆPも多かった。
だが奴は…弾けた

ずっと離しません・・・♡
拘束のまゆvsあかねちん



本編第11話は鋼鉄公演きらりんロボの劇場版嘘予告という、どっかで見たような内容であった。
その映画に出てくる、上条春菜を首長に全世界の人間にメガネをかけさせることを目論む悪の組織「グラッシー帝国」の三幹部の一人として登場。その名も、拘束のまゆ。
アンダーフレームの赤メガネに悪役の女幹部らしい扇情的な服装と、非常にエロい
劇中ではバーニングヒーローを文字通りリボンで捕らえ、拘束するなどの活躍をしたのだがその際に見せた嗜虐的な表情や、満面の笑顔で言い放った「邪魔、です♡」などなど、まゆの無双っぷりはとどまることをまるで知らない状態であった。

シンデレラガール総選挙

第1回シンデレラガール選抜総選挙では、登場して間もないためか30位圏外だった。
(初登場が6/26、選挙投票期間は7/18~7/26)

が、第2回シンデレラガール選抜総選挙。前回は上位でも今回は50位圏外になってしまったというアイドルが多々いる中、まゆは速報で5位、最終結果では6位と大躍進を遂げた。票数は175,327票。

第3回シンデレラガール総選挙では76,270票を獲得し16位。

第4回シンデレラガール総選挙では29位。キュート枠では9位である。

第5回シンデレラガール総選挙では27位。キュート枠では8位となった。

第6回シンデレラガール総選挙では518,837票を獲得し6位。キュート枠では1位の栄冠に輝いた。
また、同時に『スターライトステージ』で開催された楽曲総選挙ではエヴリデイドリームがソロ部門9位、Love∞Destinyがユニット部門6位とこちらでも健闘した。

参加ユニット

アンダーザデスク - 森久保乃々・佐久間まゆ・星輝子
ガールズネットワーク - 桐生つかさ・佐久間まゆ
キュート・ブライド - 佐久間まゆ・関裕美櫻井桃華
サウンドウィッチーズ - 佐久間まゆ・梅木音葉松永涼
新春天女 - アナスタシア小早川紗枝・佐久間まゆ
紗枝&まゆ from PM - 小早川紗枝・佐久間まゆ
月夜の歌姫 - 佐久間まゆ・渋谷凛堀裕子
ハッピーウェディング - 佐久間まゆ・三船美優姫川友紀
ハロウィンパーティー - 佐久間まゆ・松永涼難波笑美
ハロウィンパーティー - 佐久間まゆ・梅木音葉上田鈴帆
ホルスの涙に魅入られた娘達 - ナターリア・佐久間まゆ・白菊ほたる
宮城親善大使 - 綾瀬穂乃香・佐久間まゆ・早坂美玲
もりくぼぱーりー - 佐久間まゆ・森久保乃々早坂美玲星輝子
落花流水 - 白坂小梅北条加蓮・佐久間まゆ
ロストウィッチーズ - 森久保乃々・佐久間まゆ
サクヤヒメ - 三村かな子輿水幸子・佐久間まゆ・緒方智絵里小早川紗枝
Masque:Rade - 北条加蓮小日向美穂緒方智絵里・佐久間まゆ・多田李衣菜

関連タグ

出典THEiDOLM@STER / アイドルマスターシンデレラガールズ
名前佐久間 / まゆ / ままゆ
個別タグエヴリデイドリーム / マイ・スイート・ハネムーン / リボンパーティ / リボンアディクト / 9月7日はままゆの誕生祭 / 貴重な病んでないままゆ
集合Pドル / まゆちえ / さちまゆ / さえまゆ / 凛まゆ / まゆりーな / まゆかれ /いずまゆ /まゆ文/ アンダーザデスク / ハロウィンパーティー / バレンタインパーティー / Cuヤンデレ四天王 / きのこハーレム / CM5期生 / サクヤヒメ / Masque:Rade / デレマス16歳組 / デレマス宮城組
その他ヤンデレ / 愛が重い / リボン巻き / 純愛 / まゆのまゆ


外部リンク

佐久間まゆとは (サクママユとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「佐久間まゆ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29822005

コメント