ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ルイス・キャロルの児童文学、『不思議の国のアリス』に登場するウサギ
「気がふれ茶った会」において、いかれ帽子屋、ヤマネ(眠りネズミ)とひたすら茶をすすり続ける。
テニエルの絵では、頭にわらが刺さっている。これは当時、「バカ」を指す記号であったらしい。なお『ふしぎの国のアリス』では、「もさもさした毛」が頭頂部に出るという表現である。
「as mad as MARCH HARE」(三月ウサギのようなきちがい)という英語の成句から生まれたキャラクターである。この言い回しは発情したウサギのように落ち着きがない様子の人をたしなめるものなのだが、よく知られているようにウサギは一年中発情しており、別に三月だけそれが過剰になるという事はない。この言い回しについて、マーティン・ガードナーは十七世紀頃まで「as mad as MARSH HARE」(沼地ノウサギのようなきちがい)という言い回しがあり、それが訛った可能性を示唆している。

鏡の国のアリス』には白の王の従者として、ヘイア「兎は「Hare」であるが、アングロサクソン系の彼はHaigha)」というそっくりさんが出ている。(同一人物なのかは議論があるが、アリスが初対面のような反応だったので、一種のスターシステムのようなものかもしれない)

三月ウサギを由来とするキャラクター







AAのキャラクターはこちら

関連タグ

マーチヘア 三月兎

関連記事

親記事

不思議の国のアリス ふしぎのくにのありす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「三月ウサギ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「三月ウサギ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 372004

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました