ピクシブ百科事典

吉岡沙紀

よしおかさき

ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』のグラフィティ・アーティスト。
目次[非表示]

プロフィール


「アートは感性が育つんすよ!」

タイプクール
年齢17歳
身長166cm
体重43kg
BMI15.60
B-W-H86-60-85
誕生日5月8日
星座牡牛座
血液型A型
利き手
出身地神奈川県
趣味ストリートアート
初登場2011/12/31(コンプガチャ「貴音の華」)
アイドルトーク西島櫂,古澤頼子

カード一覧

枚数:8種16枚

レアリティカード名コストMMMAPMMMDP特技効果
R/R+アーティスティックアクティブ93024/45804536/6870無し無し
R/R+学園祭92678/40554778/7235無し無し
SR/SR+ボーイッシュエレガント116563/99395303/8031ボーイッシュスマイルCuCoの攻 中アップ/大アップ
R/R+スペーススタイル113780/57245880/8904カラフルスターCoPaの守 小アップ/中アップ
R/R+ロワイヤルスタイルNP126720/101765198/7871ボーイッシュステップ全タイプのフロント+バクメン上位1人の攻 ランダムで中~大アップ/大アップ
SR/SR+アーティスティックチアー189608/1454912443/18843フラッシュスケッチCuCoの守 ランダムで大~特大アップ/特大~極大アップ
R/R+グラッドチョイス147140/108127088/10733スローアップCuCoのフロント+バクメン上位1人の攻守 大アップ/特大~極大アップ
R/R+オータムコレクション134725/71568505/12880静かな時間全タイプのフロント+バクメン上位1人の守 大アップ/上位1~2人の守 大アップ
SR/SR+ジャパニーズアート1811235/1701411288/17093祝い歌留多CuCoのフロント+バクメン上位1人の攻守 ランダムで大~特大/特大~極大アップ

概要

2011年12月31日、『アイドルマスターシンデレラガールズ』のコンプガチャ「貴音の華」で初登場を果たす。

一人称は「アタシ」。グラフィティアートが趣味というボーイッシュなストリート系少女。後に出たカードによると、ストリート繋がりからダンススケートも得意としている。周囲からは真っ直ぐな性格と言われるらしいが、根はシャイで口下手な面もあり。

ジャンルは違うものの、元々人前での創作に慣れていて、本番には強いと語る。グラフィティアートに興味があるか尋ねてくるが、無知な人に言われがちなのか、ラクガキじゃないと事前に釘を刺してくる。

荒木比奈がカタカナで『~ッス』と言うのに対し、沙紀は『~っす』という口調で喋る。当初は台詞全体の半分以下で、それ以外は普通のタメ口を使用している方が多かったのだが、運営側のキャラ付けの都合か、[学園祭]以降はほとんど全部の台詞につけるようになった。たまに一部ユーザーから安易だと嘆かれる。

ちなみに破綻していると言っても過言ではないほどの低BMIで、2014/09/19時点での全キャラ中4位(参照)。それでも意外とナイスバディで、ボーイッシュな雰囲気とのアンバランスさもまた魅力的。

無印

吉岡ちゃんはぴば!


2011年12月31日、コンプガチャ「貴音の華」で日下部若葉榊原里美和久井留美杉坂海喜多日菜子らとともに新登場。コンプすると四条貴音が獲得できた。
最初はプロデューサーのスカウトをナンパと勘違いしていたが、親愛度をMAXにすると「グラフィティが好きなだけの女子」から自己表現に目覚め、プロデューサーにお礼をしたいと言ってくる。また、自分の作品をPに見て欲しがっている。

学園祭

さきぶき
学園祭!


2012年9月20日「アイドルサバイバル in 学園祭」にて、工藤忍小松伊吹とともに再R化。
特訓前は制服の上にジャージを羽織り、自作の看板を持って宣伝中で、忍からプロレベルと評されている。ゲーム内漫画『シンデレラガールズ劇場』第37話では、観覧に訪れた塩見周子水野翠中野有香に出会っている。
特訓後の3人の衣装は彼女がセレクトしたものらしく、伊吹からセンスが良いと褒められている。今回も髪をツンツンに立てており、ジャンプして突き出したお胸や腋、おヘソが中々エロ可愛い。
忍・伊吹とは親交を深め、同名カードで3人ともお互いに言及し合っている。上記の他に、忍からは「チャラいようで真面目」伊吹からは「2人ともなんか抜けてるな」と言われている。

ボーイッシュエレガント

ボーイッシュエレガント


2013年5月9日「アイドルサバイバル in テーマパーク2013」でポイントSR化。同時登場SRは真鍋いつき、Rは上田鈴帆大和亜季浅野風香喜多見柚
特訓前はテーマパークの入り口で、凄いと有名なジェットコースターの優先パスを2枚持ち、誰かさんを待っていたところ。
特訓後は電飾が光るテーマパークの建物を背景としたLIVE風景。ステージのデザインについては彼女自身も参加したらしい。やはりおヘソがポイントなのか、特訓後の衣装では見えている。

スペーススタイル

普通にキンゲのOPっすねコレ…


2013年10月30日「Liveツアーカーニバル in スペースワールド」では、再びR枠。共演者の西島櫂遊佐こずえと、ライバルユニットとしても活動。お姉さんぶりを発揮し、こずえの面倒を見る台詞が多い。
『劇場』179話ではメダルSRのキャシー・グラハムから「特技のスケートをステージに活かしたい」と相談され、ボーカルをカットした2人でのダンスユニット結成を提案。実行してみるが「普通にフィギュアっすねコレ…」と反省し、アイドルらしさが足りなかったと気付く。

ロワイヤルスタイルNP

ロワイヤル沙紀ちゃん


2014年6月17日「第5回アイドルLIVEロワイヤル」にてRで再登場。同時追加Rは大原みちる、SRは日下部若葉槙原志保二宮飛鳥
アートには体力も必要らしく、運動には自信があるようだ。
特訓後ではズボンであるが、本人としてもそちらのほうが動きやすく違和感がないと言っている。歌やダンスも全身で表現するものであり、アートと同じく自身の世界の広がりを感じている。

『劇場』327話では志保がコーヒーを淹れてくれるというので迷わずエスプレッソを砂糖ミルクなしで注文する。それに倣った飛鳥若葉は大人の味に撃沈してしまう。

アーティスティックチアー

アーティスティックチアーの吉岡沙紀さん


2015年1月23日「第8回プロダクション対抗トークバトルショー」のメダルSR及び応援キャラとして登場。応援アイテムはスプレーガン。共演者は白菊ほたる赤西瑛梨華キャシー・グラハム
特訓前は「トークバトルショー」恒例となる準備中の姿。大道具さんを手伝って服にペンキが跳ねてしまったという。裏方の仕事にも興味を示しており、この染みは勲章だと語る。
特訓後は厚いフード付き衣装。コートのようだがへそ、肘、脚が露出している。手に持っているのはスプレーガン。これでイラストを描くこともできる。
チーム内ではお笑いコンビのノリについていけないほたるを支えるポジションとなっており、2人の扱いも心得ているようである。

グラッドチョイス

2015年5月22日「ないしょのステップドリームチャンスガチャ」のR枠として登場。SR枠は赤城みりあ
特訓前は右手に激辛チップス、左手にチョコクッキーを持っており、差し入れをどちらにするか迷っている様子。
特訓後はスパンコール柄のインナーにスポーティーなジャケットを羽織った形の衣装で、R+[セルフセレクト]西島櫂やR+[エナジーフィール]愛野渚に対応したデザイン。
2人とは『劇場』495話で共演しており、後にユニット「ホットアートジャンピン」を結成している。

オータムコレクション

2015年9月30日「こころ色づく秋物語ガチャ」でR枠で登場。
SR枠は渋谷凛姫川友紀乙倉悠貴で、R枠は持田亜里沙井村雪菜キャシー・グラハムと登場。
特訓前は「秋と言えば?」(読書)のイメージを考えていたのだが、趣味のアートではなく古典的名作の本を読んでいたようだ。「芸術の秋はいろいろなものをインプットするっす」と趣味のアートが窺え、Pには教養があることに驚いてた模様だ。
特訓後は秋ファッションの姿で、モデルのお仕事に意気込んでいる姿だが「チャラくて見えません?」と別の沙紀を窺えるが、新たな方向のアートも必要と楽しんでいるようだ。
劇場『第586話 アキといえば?』にも登場し「アキと言えば黒川千秋さん」と即答する有様にキャシーはドン引きさせた。

ジャパニーズアート

2015年12月31日「ドリームLIVEフェスティバル 新春SP」のメダルSR枠に登場。
共演者は佐久間まゆ沢田麻理菜柳清良の3人。
劇場第635話『百人以上一首対決!』にも登場し共演者とPと共に百人一首を楽しんでいるのだが・・・・・・。

弦月のアラジン

2016年07月08日「御伽公演 おてんば姫とまぢヤバな魔法のランプ」のメダルSR枠に登場。
共演者は藤本里奈、太田優、海老原菜帆
特訓前はアラジンを彷彿させるストリートシーフという設定で、ストリート育ちの自分に合ってると乗り気。
特訓後は全身漆黒の衣装を身に纏い、剣を片手に挑発している。実際に殺陣を習い、その中で剣戟アクションにアート性を見出している。

ニンジュツI.C/心惑のくのいち/嬌笑のくのいち

お色気くのいち吉岡沙紀ちゃん


2017年01月17日「目指せくのいち アイドルチャレンジ」のメダルSR枠に登場。
浜口あやめ、道明寺歌鈴と共に忍者の修行を行い、忍ドルの極意を学ぶことに。
Rこそ普通の忍装束だが、修行の結果まさかのセクシー路線に目覚め、お色気くのいちとなった。
ミニスカに網のインナー、普段は見えない胸元を惜しげもなく見せる等、これまでのボーイッシュなイメージを完全に覆すものとなった。
ちなみに本人は、新しい自分の側面にけっこうノリノリだったりする。

他のアイドルとの関係


参加ユニット

【アーティスター】吉岡沙紀 / 小松伊吹
「第9回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。アーティスト指向の強いダンサーのデュオ。沙紀が復刻ディスコミュージックよりロカビリーを選択し、伊吹がツイストする。
スペーススタイル西島櫂 / 吉岡沙紀 / 遊佐こずえ
LIVEツアーカーニバルinスペースワールド」で登場した同名カードによるユニット。沙紀はムーンエリアでリーダーとなり、「月ってアーティストなら誰もがインスピレーションを受けるモチーフっすよね」と語った。
【ダンサブルエナジー】若林智香 / 吉岡沙紀
新春LIVEツアーカーニバル」で登場。沙紀の台詞はなかったが、智香から「沙紀ちゃん、来年も頑張りましょ!」と応援されている。
ハートハーモナイズ】吉岡沙紀 / 五十嵐響子
「第13回ドリームLIVEフェスティバル」で登場。個性的な絵を描くあまり画伯とあだ名される響子が、沙紀からアートのセンスを学ぶ。沙紀はペンライトで光のサインを描き、「アートは絵の上手下手じゃないっす。アツいハートっす!」と指導する。
ハードメテオライツ木場真奈美 / 吉岡沙紀 / 木村夏樹
「第4回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。おっぱいのついたイケメントリオ。沙紀は年上2人を前に「カッコよさは内面からっすね…」との結論を得る。
ホットアートジャンピン西島櫂 / 吉岡沙紀 / 愛野渚
「第12回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。左から[セルフセレクト][グラッドチョイス][エナジーフィール]の特訓後で同系列衣装。沙紀が櫂と組むのは【スペーススタイル】以来となる。
【ラウドビーツ】仙崎恵磨 / 吉岡沙紀
「第7回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。恵磨からは「ギンギラギンの相方サキ、きたーッ!!」と歓迎されている。LIVE開始の掛け声は「プログレッシヴっす!」。
ロワイヤルスタイルNP】吉岡沙紀 / 日下部若葉 / 大原みちる
「第5回アイドルLIVEロワイヤル」に登場したSRとRによるトリオ。20歳の若葉が「ドーンと安心して、ついてきて!」と豪語するが、ほっとけない沙紀は「やっぱ自分、超頑張るっす!」と言ってリキを入れる。「ほら、アレだし」
ロワイヤルスタイルNP難波笑美 / 吉岡沙紀 / 大原みちる
「第8回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。エメラルドグリーンのロワイヤル衣装(R)によるユニット。自分たちが勝利すると「三人の個性が融合すると、いいっすね…これも芸術っす!」と締める。


関連タグ

出典THEiDOLM@STER / アイドルマスターシンデレラガールズ
名前吉岡 / 沙紀
集合アーティスター(さきぶき) / ハートハーモナイズ / 学園祭トリオ / スペーススタイル / ハードメテオライツ / ホットアートジャンピン / ロワイヤルスタイルNP / デレマス17歳組 / デレマス神奈川組
その他グラフィティ / アーティスト / ボーイッシュ


外部リンク

吉岡沙紀とは (ヨシオカサキとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「吉岡沙紀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 850046

コメント