ピクシブ百科事典

ホットアートジャンピン

ほっとあーとじゃんぴん

ホットアートジャンピンとは、ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場する西島櫂・愛野渚・吉岡沙紀によるトリオユニット。
目次[非表示]

概要

スポーティーな10代アイドルによるトリオユニットで、「第12回アイドルLIVEロワイヤル」にて初登場した。
それぞれプラチナオーディションガチャで入手可能なレアカードが色違いの衣装になっている。

西島櫂水泳部所属のスイマーだった19歳。2014年11月13日に登場した[セルフセレクト]特訓後で紫色を基調とした衣装に着替え、頭にはサンバイザーをつける。
愛野渚バスケットボール部のキャプテンを務める18歳。2015年4月17日に登場した[エナジーフィール]特訓後でオレンジ色を基調とした衣装に着替え、頭にはリボンをつける。
吉岡沙紀グラフィティの絵心があり、ストリートダンスやスケートボードにも通じる17歳。2015年5月22日に登場した[グラッドチョイス]特訓後でを基調とした衣装に着替え、頭にはヘアバンドをつける。

これ以前に、櫂と沙紀は【スペーススタイル】で「LIVEツアーカーニバルinスペースワールド」に、櫂と渚は【ホットアスリーテス】で「第7回アイドルLIVEロワイヤル」に参戦している。

ライバルユニットとしての登場

2015年5月22日からのイベント「第12回アイドルLIVEロワイヤル」でライバルユニットとして登場。

  • 沙紀「三人のユニットは初っすね。どんなステージが描けるか、楽しみっすよ」
  • 渚「私もその意見には賛成だねッ! オールコート、隅から隅まで使ってこッ!」
  • 櫂「あたしも最初から本気だよ」
  • 沙紀「アタシも全力で描くっす!」

と、いかにも体育会系なやりとりが見られた。
年上の櫂がリーダーなのか、引き分け時にはインターバル中に身体をほぐしておこうとみんなの柔軟を手伝い、プレイヤーが勝利(向こうが敗北)すると「後でフォームチェック、みんなでやろう!」と提案している。

2016年2月22日からの「第16回アイドルLIVEロワイヤル」で再登場。
櫂はメンバーの親和性を強調し、「あたしらの相性はバッチリなんだっ♪」「あたし、このチームが最高だと思ってるの!」と絶賛。
渚は「個人としては未熟でも、みんな一緒なら戦える!」「一人以上の力が出せる!」とチームプレイの利点を押し出す。
そんな理想的なユニットのあり方を、沙紀は「いわゆるケミストリーっすよ!」と化学反応にたとえた。

シンデレラガールズ劇場

ゲーム内で更新されている漫画『シンデレラガールズ劇場』でもこの3人の交流が重ねて描かれている。

  • 2014年11月14日更新の414話では、櫂がアイドルらしく女の子っぽくしようか悩んでいるのに対し、沙紀が「スカートはきましょうよ」と提案する。櫂は仕事のときはともかく、普段からスカートをはくのは恥ずかしいと言い、事務所の中でスカートをはくか水着を着るかの二択を迫られても悩むほどだという。
  • 2015年4月18日更新の495話では、渚が中学卒業のときにもらった寄せ書きつきのバスケットボールを持ち込んで思い入れを語っており、櫂は「体育会系ノリ超わかる」と共感している。沙紀は「このままバスケで団結力高めるとかどうすっか!?」と提案するが、櫂が寄せ書きボールを使おうとして「そのボールはダメだったらッ!」と渚に止められる。
  • 2015年5月28日更新の517話は、沙紀が事務所のみんなにギムネマ茶を使ったイタズラを仕掛けようとプロデューサーに話しているだけだが、イメージとして出てきたのが渚と櫂だった。仲がよろしいことで。
  • 2016年7月17日更新の739話では、「エスカレーターは駆け上がりたくなる」「動く歩道も全力ダッシュしたい」と体育会系の性について会話している。そこへ冷静な沙紀が「エレベータースクワットとかどうっすか?」と提案。冗談なのに、渚・櫂は闘志を燃やし出す。

関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ
西島櫂 / 吉岡沙紀 / 愛野渚
シンデレラガールズユニット

pixivに投稿された作品 pixivで「ホットアートジャンピン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18712

コメント