ピクシブ百科事典

ヘレン(シンデレラガールズ)

へれん

ゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』の世界レベルアイドル。
目次[非表示]

プロフィール


「ヘレンよ。知ってると思うけど…。歌でもダンスでも、私は世界レベルじゃないと意味がないと思ってる。そして私にはその素質がある。そうでしょう?いいわ。証明してあげる。」

タイプクール
年齢24歳
身長158cm
体重46kg
BMI18.43
B-W-H90-58-81
誕生日4月4日
星座牡羊座
血液型AB型
利き手
出身地海の向こう
趣味DVD鑑賞
初登場2011/11/28(ゲーム稼働開始から)
アイドルトーク-
CV-

カード一覧

枚数:11種22枚。SR[飽くなき挑戦者]にはローディングキャラ付き。

レアリティカード名コストMMMAPMMMDP特技効果
R/R+無し51733/26251733/2544モチベーションPaタイプの攻 小ダウン
R/R+イタリアンスタイル126825/103364935/7474グレープバイタリティー全タイプの攻 中アップ/大アップ
R/R+バニーガール114935/74745670/8586確かな自信CoPaの攻守 小アップ
SR/SR+ワールドイズマイン1710553/1598110448/15821THE・世界レベルCoPaの攻 大~特大/特大~極大アップ
R/R+T.B.チアーズ126615/100185145/7792ワールドワイルドトーク全タイプのフロント+バクメン上位1人の攻 中~大アップ
R/R+SUHADAスタイル148768/132775723/8667魅せつけるボディCuCoのフロント+バクメン上位1人の攻 大~特大アップ
SR/SR+パーフェクトティーチャー1811498/1741110815/16378今でSHOWCoPaタイプの攻 大~特大/特大~極大アップ
R/R+ビター&スウィート147403/112116878/10415グレートハート全タイプのフロント+バクメン上位2人の攻守 特大アップ
SR/SR+飽くなき挑戦者2217798/2695112968/19637果ての景色CuCoのフロント+バクメン上位5人の攻 極大~絶大アップ/絶大~超絶アップ
R/R+ヴィクトリアの微笑145828/88258505/12880世界の仕事CuCoのフロント+バクメン上位1人の守 大~特大/特大アップ
R/R+サマーテンプテーション136563/99396510/9858プレシャスビーチ全タイプのフロント+バクメン上位1~2人/2人の攻守 特大アップ
SR/SR+世界の夜明け1711498/174118978/13595ビューティフルスタート全タイプのフロント+バクメン上位1人の攻 特大/極大アップ

概要

人物像

世界レベル
ヘレン


2011年11月28日『アイドルマスターシンデレラガールズ』の稼動初期からいるレアアイドル。チュートリアルを除いた最初のお仕事エリア「渋谷」のエリアボスとして登場する。
出身地は「海の向こう」となっているが、具体的にどこなのかは不明。そもそもなぜ隠すのかも謎である。

初期には「渋谷から見て海の向こう=本州以外の日本国内ではないか」なんてネタが一部ユーザー間で囁かれたこともあったが、後に「私の母国にひな人形はないわ」という台詞があるので、一応外国ではあるらしい。古賀小春が出るまで佐賀県出身のアイドルがいなかったことから、一時は「佐賀県出身説」というとんでもないデマも流れていた模様。
また、趣味はDVD鑑賞と意外に地味。何を見ているのやら。
……しかし、スターライトステージの1コマ劇場にて、現在の世界基準はBDやネットだとツッコミを入れる難波笑美に対して「DVDが円盤と思っているようじゃ世界は狭いわよ」と反論する姿が描かれた。それにより、趣味の「DVD鑑賞」は我々の想像していたDVD鑑賞ではなかったのかもしれないことが発覚……。
もしや、「Dance Vs Dance鑑賞」の略称の可能性が……?

加入時のコメントで「ヘレンよ。知ってると思うけど…」と発言しているが、すでに芸能活動をしていたから有名という意味か、加入前にエリアボスとしてバトルしたからという意味かは不明。
自らを世界レベルと称する自信家で、ライバルやプロデューサーに対する挑発的な発言も多い。しかしお仕事の二番目のエリアボスなのでアイドルとしての性能はかなり低い。

キャラクターの扱い

初期は態度こそ大きいものの会話に関しては普通の挨拶や仕事に関する意外と普通の内容だったし、バトルで負けた際には「悔しいけど、負けちゃったみたい…あなた、魅力的だもの」と素直にこちらを称えてくれた。それに対して後のイベントではやたらと「世界」を連呼し、大仰な比喩表現が多くなっている。
さらにはバトルで負けた際も「仕方ないわね、今回は引いてあげるわ。見苦しい真似はしないの」と尊大になっているなど、台詞に関して運営の悪ノリが目立つ。

一方で、数々の迷台詞はいずれもインパクト抜群であり、ユーザーにとって印象が薄いポジションに置かれていた彼女に強烈な存在感を与え、知名度を大きく上げた功績があるのは間違いない。
また、彼女自身は世界レベルという頂から他のアイドルを見下すような発言をする事は殆どなく、むしろ積極的に他のアイドル達を世界レベルという高みに導こうとしている節がある。メンバー(外国人キャラが多い)が変わりながらも毎回のように各ユニットのリーダー格で台詞を担当している辺り、アイドル間では中々人望が篤いのかもしれない。
ちなみに、それらの迷台詞の中にはまるでヘレンと言う概念が実際に存在しているかのような発言が散見されるが…?


世界レベルの軌跡

イタリアンスタイル

「イタリアの最高級ワインと今の私…どちらの方が上かしら?味わいの深さで劣る気はまったくしないわ。さて、この国の人たちに真の最高峰を教えてあげるとしましょう、○○」

受けて立つわ!
ヘレン


2013年3月14日からのイベント「アイドルLiveツアーinイタリア」でようやくの再レア化。イベントライバルの常連だが、入手できるアイドルとしては初期の1種類しかない状態が1年以上続き、再登場が待たれていた。
土屋亜子ケイトに続くLiveツアーのメダルチャンス限定枠であり、入手条件は厳しいが、能力も当時のイベントで手に入るレアアイドルの中では高い方であった。
Liveツアー限定のスターダムパワーも考慮に入れれば、世界レベルと呼んでも恥じないくらいの実力はあるだろう。
「海外Liveツアーすらもほんの通過点、小手調べに過ぎない」と語っていただけのことはある。

このツアーのレア3人(榊原里美・ヘレン・野々村そら)の特技名にはフルーツの名前が入っており、彼女は「グレープバイタリティ」。特訓後の帽子にもブドウが飾られている。
特訓前はベネチアンマスク(目鼻のみのもの)を持っている。

今回のLiveツアーの登場キャラは全体的にレアもSレアも胸が大きなキャラが多く、彼女のバストサイズも90と5人中3番目。
「世界レベルの私が道に迷うわけがないわ。黙ってついて来なさい」と言ったそばから「○○、道はわかる?トッププロデューサーなら分かるわよね?」とPに助けを乞うてきたり「心まで…ダンサブル」、『シンデレラガールズ劇場』90話での「受けて立つわ!」、ピサエリアでライバルとして登場した時の「いくら私たちが強くても、斜塔を倒してしまうわけにはいかないでしょ?だから、そういうこと」などなど、印象深い発言が多く、愉快な人という印象を決定づけた。

バニーガール

「世界レベルのセクシーボディを間近で拝める○○は幸せ者よ」

センシティブな作品


2013年8月31日、期間限定ガチャ「セクシーバニーパーティー」で3度目のレア化。
実は再登場フラグと言われていた出来事があり、このガチャの少し前に開催されていたイベント「アイドルサバイバルinサマーバケーション」のポイント報酬Sレアであるスプラッシュビューティー]ケイトの背景に登場するやけに存在感を放つ女性が彼女だと言われている。

特訓前は本格的なバニーガール衣装。トランセンドバニー]高峯のあの背景に、相馬夏美と一緒に写っている(どんな感じかはお察しください)。
特訓後はピンクと白が主体のへそ出しのバニー衣装。「もう世界じゃ足りないわ。私の美貌をあの月まで轟かせるの」とのことである。
今回のガチャで同じく再レア化した相馬夏美とは「夏美も意外とワールドワイドなのね。彼女とは気が合いそうだわ」と気が合った様子。確かに相馬さんも元キャビンアテンダントなので、ワールドワイドなのは間違いない。
また、太田優の愛犬アッキーから吠えられ、「アッキー…この子の眼…本気ね」と返している。やっぱり愉快な人だ。

ワールドイズマイン

世界レベルさん
ヘーイ!


2013年11月20日「第4回ドリームLIVEフェスティバル」で、サファイアメダルの最上位カードとして初のSレア化。
特技名に至っては「THE・世界レベル」。
特訓前は、プライベートジェットから颯爽と降り立つ姿。さすが世界レベルは移動から違う……と思わせて置いて、親愛度がMAXに達した時のセリフがこれである。

「信頼する○○に、これをあげるわ。ジェット機の請求書よ。そう、本当はレンタルなの。あなたになら真実を明かしてあげる!」

特訓後はどこぞのゲームの踊り子風の露出度の激しい衣装。セクシーという言葉だけでは表現しきれない強烈なインパクトが目を引く。

後にこの姿で「花見DEドリームLIVEフェスティバル」4日目の2015年4月4日、ライバルユニット「ヘレン生誕祭」として登場し、またしても話題をかっさらっていった。

「世界レベルを見せるわ。なぜならば、世界が生まれた日だから!」

T.B.チアーズ

世界的アイドル ヘレン
センシティブな作品


そしてその後も定期的に登場し、ついにイベントのメインアイドルの一人に。
2014年5月13日「第2回プロダクション対抗トークバトルショー」に登場。

今度の彼女はSDキャラとなり飛んだり跳ねたり世界レベルの大活躍。
特筆すべきは、今回追加された彼女のカードR+の親愛度MAX時のセリフである。

「大口を叩いて、後からその通り実現させる。それでこそアイドルよね、○○!」

彼女の豹変は全てこの言葉の通りであり、初対面から変わらないその尊大な態度も自らを奮い立たせるためのもの。彼女もまた、夢を現実にすることを目指すシンデレラガールの一人だったのである。
やけっぱちのネタキャラとはもう言わせない!

SUHADAスタイル

-6


2014年12月10日からの「ウィンター☆モード リミテッドガチャ」のR枠で追加。
モチーフはなんと乾布摩擦。ネタ方向に一点特化しており、台詞も迷台詞しかない。『劇場』第429話で披露した世界レベルの摩擦は「まゆたんのカンフー」のそれ。
しかしボディケアはアイドルにとって最重要事項であるし、ヘレンの肉体がセクシーなのも事実である。さすが世界レベルは違う。
特訓後は摩擦で鍛え上げた肌をさらしてファッションモデルの仕事。ブラジールの夜を思い出すらしい。

その後特訓前の姿は「魔界公演 幽鬱女王とハロウィンの祝祭」にてライバルユニット「案内人ヘレン」として再び姿を見せる。

「魔界?いえ、世界よ!」
「女王に、このタオルを献上するわ。ヘレンから…そう言えば伝わるはず」

パーフェクトティーチャー

一迅社アンソロおしらせ
センシティブな作品


2015年7月8日「LIVEツアーカーニバル・青春公演 シング・ア・ソング」でメダルSRとして登場。
特訓前では、音楽教師として撮影前の姿が窺え、「世界レベルの演技力で教師を演じてみせる」「音楽教師役は朝飯前」と大言壮語を連発。
特訓後は特訓前以上に「グレートでワールドでティーチャー・ヘレン」と連呼したり、教壇の上に座って「みんなの視線を感じるのよ」とコメントするなど、撮影を忘れるほどの暴走を見せる。誰か止めてくれ。
劇場第540話『世界レベルの授業』でも登場し、今井加奈相原雪乃首藤葵の3人に英語を教えた。
どう見ても趣旨が違う…と思いきや、3人からの評判は良かったようだ。


ビター&スウィート

センシティブな作品


2016年1月31日「ビター&スウィート とびきりバレンタインガチャ」でR枠として登場。
SR枠は前川みく二宮飛鳥城ヶ崎莉嘉で、R枠は兵藤レナ堀裕子相馬夏美の7人。

劇場第653話『そんな時はテレパシー』ではR枠の4人と一緒に登場、レナの「学校にチョコ持っていくが結局はお父さんにあげる」という発言に同意する。
その後、裕子が唯一の現役高校生であることからレナと夏美がエピソードを聞きたがり、裕子は赤面しながら「サイキックパワーで彼氏を呼び寄せるので大丈夫」と発言。しかしその直後、Pが現れ……。

ヘレンは「ブラボー…!やるわねサイキックミラクルテレパシー。ブラボー…!」と拍手を送り、レナ、夏美と一緒に「これは違う」と弁解する裕子をからかうのだった。

飽くなき挑戦者

2016年7月22日「目指せ山頂! アイドルチャレンジ」で、ヘレン初の最終ランキング上位SRとして登場。持田亜里沙村上巴に山登りを教える様子が描かれた。
特訓前は山の岩肌を登るシーンを描き、特訓後は富士山の頂上で歌って踊るシーンを描いている。
崖を登る事に関しては、素直に怖いと発言しているが、だからこそ挑むのだとも言っている。
仲間を導くために断崖絶壁へと挑むヘレン。そして当然の様に、ヘレンと共に崖へ挑むP。
途中、崖から墜ちそうになるも、Pの奮闘により事無きを得た。
「くっ!?・・・フッ。助かったわ、〇〇。貴方の手、力強い・・・!」
完全に某栄養ドリンクのCMのワンシーンそのものである。

ヴィクトリアの微笑

2016年12月14日「ラブリーマイベイビー カウントアップガチャ」のR枠として登場。SR枠は
太田優。特訓前はアタッシュケースを担いでの旅行スタイル。ケース1つとプロデューサー
さえあればいい、というのがヘレンズジャーニー・スタイルらしい。
特訓後は翼の生えた黄金聖衣のような衣装をまとっている。
「勝利の女神なんて気取るつもりはないわ。だって私は人間だもの。」と、神ならぬ只人・・・
もとい、ただのアイドルとして輝くのだと主張。
この特訓後の黄金聖衣はユニット【飛翔伝説】シリーズの固定衣装として使用されている。

サマーテンプテーション

2017年6月30日「常夏の楽園・・・♪ユウワクの小悪魔水着 引換券ガチャ」のR枠として登場。同R枠は
吉岡沙紀赤西瑛梨華海老原菜帆、SR枠は依田芳乃早坂美玲上条春菜。特訓前は太陽と
ホット!を連呼しており、パッションめいている。背中側のオイルはPが塗った模様。
特訓後の水着は小悪魔風だが、人々を楽園(ヘヴン)へと誘うつもりらしい。
「地獄に行くとは限らないわ。悪魔でも、私はヘレンなのだから!」
ユニット【魔性の果実たち】シリーズの共通衣装として使用されている。

世界の夜明け

ヘレンさんのスクワットイラストめっちゃすこ


2017年12月31日「ドリームLIVEフェスティバル新春SP」の勝利SRとして登場。Rは難波笑美。上位SRは大槻唯。メダルSRは大沼くるみ
特訓前は御来光をバックにスクワットをしている。その筋の有識者によると、胸と尻を突き出し、
膝を開いた彼女のスクワットは、スクワットとしては理想的なフォームなのだとか。
ちなみにPも一緒にスクワットをしており、ヘレン曰く「まるで大地の鼓動」とのこと。
特訓後は和装らしきライブ衣装で、ライブを行っている。
ヘレンらしく、全身全霊を以て迎春を祝って行くスタイル。
「新年の私、詣(もう)で甲斐があるわよ」

ラディカルライフ

2018年6月13日「くるくるリンクメイト ドリームチャンスガチャ」のR枠として登場。
SR枠は小日向美穂。特訓前はタンクトップに槍・棍棒・鞭・松明という探検装備。
ジャングルに撮影に来ているようだが、いきなり撮影班とはぐれている。
劇場1111話では、はぐれている間に大蛇と遭遇、ダンスで大蛇と会話して事無きを得た。
更に前人未到の古代遺跡にたどり着いてしまう。遭難中なので勿論これらは撮影ではない。
「ヘーイ、ジャングル!元気してた?」
特訓後は本能と大自然を象徴するかのようなアマゾネスの格好をしている。
マイクを装着して、ダンサブルなポージングを決めているので今度は撮影のようだ。
「さぁ、宴を始めましょう!世界の歩みを刻む、ヘレンクロニクル・・・スタート!」

ロワイヤルスタイルNC

2019年1月23日「第33回アイドルLIVEロワイヤル」のメダルR枠として登場。
メダルSRは小松伊吹。上位報酬SRは宮本フレデリカ
密林でカポエイラを学んだと発言しており、あらゆる格闘技・ダンス・音楽を搔い摘んできたと
豪語している。トレーニングを「私という身体を意のままに操り、私という存在を確かめるための
儀式」であると言っており、前述した「あらゆる格闘技~」の発言を信じるなら
自分の身体を意のままに動かす事を目的とした「太極拳」にも精通している可能性がある。
「ヘーイ!勝利の女神、カモン!」
ボス登場時にはロサンゼルス・マカオ・シンガポールを渡り歩いて磨いた強運を見せると
いっており、恐らくカジノ街を渡り歩いたという意味での発言と思われる。
また「デレステお正月CP」のおみくじでも言っていた様に、運は自分で掴み取るもの、という
趣旨の発言をしている。またポーカーフェイスが得意らしい。確かに常に笑顔ではある。

ヘレンのワールドワイドマラソン

2017年のエイプリルフールにモバゲー版で行われた『生デレTV』の中の企画として走った。世界をマラソンしてワールドワイドな景色をお届けするというもの。
空港から出発しバリ島→台湾→香港を経てスタジオをゴールとする道程でその移動距離は1万3000km。
台湾では点心の食べ過ぎで弱音を吐く人間らしさやニュージェネレーションとの絆を、香港ではゲリラLIVEを敢行しアンコール要求されるなど様々な一面を見せた。

他のアイドルとの関係

  • 高峯のあ-デレマス24歳組。アンケート「ダンスのキレが良さそうなアイドル」では、ボイス勢を押しのけて1位と4位の座に入賞したコンビでもある。【セクシーバニー】で組んだ時には水と油の様な関係だったが、幾度もの共演を得たのち【WorldCreator】にてデュオユニットとして融和した。
  • 二宮飛鳥-劇場821話で飛鳥に本当のセカイを見せようとしており、ヘレンが強く興味を持っている相手のようだ。ちなみに見せたセカイは乾布摩擦。飛鳥サイドの反応は描かれておらず、劇場625話のようにソッ閉じした可能性も否定できない。高峯のあに憧れヘレンに気に入られる飛鳥の明日はどっちだ。なお「ヘレン 襲名」で検索するだけで、検索キーワードや画像に飛鳥が複数引っかかる模様。
  • 島村卯月-ぷちデレラの性能において唯一ヘレンと並ぶ苦手なパラメータを持たないアイドル。ぷちデレラは特化するほどパラメータの振れ幅が大きくなり、パラメータが均一に近いほど総合力が高くなる。普通の極致である卯月と世界レベルのヘレンが同格というのは哲学的ですらある。


参加ユニット

【ワールドユニット】ヘレン / クラリス / キャシー・グラハム
2012年11月14日からの「アイドルLiveツアー in USA」で初登場。翌年1月23日からの「アイドルLIVEツアーin イギリス」でも再登場した。外国人アイドルがそろい踏みだが、仕切っているヘレンの国籍が不明である。「世界を狙ってる私にとってアメリカでのLIVEは通過点でしか無いの」「私の実力じゃ日本だけに収まらないのは分かっていたこと…」と大見得を切って、その後の方向性を決定付けた。
イタリアンスタイル】ヘレン / 榊原里美 / 野々村そら
2013年3月14日からの「アイドルLiveツアーinイタリア」に登場した同名カードによるユニット。先述されているように迷言が多いが、負かすと「1人で突っ走っても駄目ってことね…。それがユニットなの」と反省するなど傲慢なだけの人物ではないことがわかる。また、巨乳艦隊でもある。
【ニュー・ワールド・オーダー】ヘレン / クラリス / ナターリア
2013年6月13日からの「ドリームLIVEフェスティバル(第1回)」に初登場。同年7月30日からの「アイドルLIVEツアー in ハワイ」8月29日からの「in ドイツ」にも再登場。キャシーがナターリアに交代し、新生【ワールドユニット】といったところ。しかし生まれ変わってもヘレンのビッグマウスは変わらない。また2018年3月31日からの「第2回 花見DEドリームLIVEフェスティバル」で、5年ぶりに再登場した。また2019年1月17日には「リフレッシュルーム」にて「World Wide GIFT by.ニューワールドオーダー」が追加された。
【バニーガールズ】太田優 / 相馬夏美 / ヘレン
2013年10月30日からの「LIVEツアーカーニバル in スペースワールド」に登場。「セクシーバニーパーティーガチャ」のRメンバーによるユニット。スペース「ワールド」だけに、リーダーの優が「あたし達、世界レベル…ううん、宇宙レベルなのかもぉ♪」と迷言を放つ。3年の時をえて2016年9月21日からの「アイドルLIVEロワイヤルお月見SP」に再登場した。
【W.W.W】ヘレン / ナターリア
2013年11月20日からの「第4回ドリームLIVEフェスティバル」で登場。ヘレンのカードは[ワールドイズマイン]なのでユニット名は「ワールドワイドウェブ」の意味だろう。きっと「大爆笑」ではない。
【世界級の踊り子】並木芽衣子 / ヘレン / 杉坂海
2014年4月8日からの「幻想公演 黒薔薇のヴォヤージュ」に登場した役柄ユニット。たとえ公演といえどもそのビッグマウスは相変わらずである。そして何故か森に居る。台詞でも森に言及しているので、間違いなく森。「迷い込んだのは森じゃなく、私たちのダンスの世界だったようね!」
【トークバトルチアーズ】ヘレン / 財前時子 / 太田優
2014年6月17日からの「第5回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。「第2回トークバトルショー」の共演者によるユニット。女王様気取りの時子と世界レベル・ヘレンの致命的に息が合っていないやりとりが見ものだった。真性サディストの時子と常に余裕綽々なヘレンでは水と油である。また、中野有香浜口あやめ速水奏による同コンセプトの同名ユニットが存在する。
【フレデリカとヘレンのフリートークタイム】宮本フレデリカ / ヘレン
2014年10月10日からの「第7回アイドルLIVEロワイヤル」で登場。LIVEの最中にフレデリカがフリートークタイムを始めてしまい、ヘレンは「歌いながら話すわ!」と言い出す。さすがのヘレンでも難しかったようだが。
【ハートオブワールド】ヘレン / 佐藤心
2014年12月10日からの「サンタDEドリームLIVEフェスティバル」で登場したデュオ。それぞれ違う方向性でキツいアイドルだが「キツくねーよ☆ カワイイだろ☆」「キツさすらもスパイス!」と開き直っている。
【セクシーバニー】高峯のあ / ヘレン / 水木聖來
2015年1月9日からの「第9回アイドルLIVEロワイヤル」に登場。いわば【バニーガールズ】の上位互換ユニットで、「セクシーバニーパーティーガチャ」のSRである高峯のあと「新・セクシーバニーパーティーリミテッドガチャ」の追加SRである水木聖來にメンバー交代。ヘレンだけレア。「お戯れオブ世界レベル!」と叫ぶヘレンのマイペースぶりにのあがついていけず、「世界レベルとは…何を定義してそう呼称するのか…わからない」と真面目に悩んでしまっている。「わかろうとしてはダメ!感じるの!世界の風を素肌に受けて!
【ワールドフライト】相馬夏美 / ヘレン
2015年2月9日からの「第10回アイドルLIVEロワイヤル」に登場。バレンタインにちなんで、チョコの話をしている。「それでこそ世界レベルよ!」というヘレンに、「そうよね、そう言うわよね!」と返す夏美。ヘレンと言えば世界レベル。お約束である。「このファンの熱視線が、世界へのパスよ!」
【ヘレン生誕祭】ヘレン
2015年3月31日からの「花見DEドリームLIVEフェスティバル」に登場。ヘレン曰く、世界が生まれた日。祝うのはタダらしい。なおシャンパンの差し入れや、ケーキのサプライズを要求する模様。
【ジャパン・ワールド・ダンサブル】小室千奈美 / ヘレン / ナターリア
2015年6月30日からの「夏祭りDEドリームLIVEフェスティバル」に登場。サンバがテーマのユニット。ヘレンとしては、いつもより蒼味の強い台詞が多い。千奈美も含めて全員が終始情熱的なノリであり、オチとかは特にない。ナターリア曰く、ヘレンの心にはブラジルがあるらしい。  「今宵のセレブレーション・・・私は空を味方につけた。ただ、それだけよ」
【レジェンド・スリー】楊菲菲 / 高峯のあ / ヘレン
2015年8月21日からの「怪盗公演 美しき追跡者」に登場した役柄ユニット。何でも斬れる剣豪と百発百中のガンマン、そして世界を股にかける大泥棒で構成された伝説の一味である。つまり、そういうこと。なおヘレンはハニートラップに言及しており、こちらの可能性も匂わせている。
【ビヨンド・ザ・ビタースカイ】ヘレン / 相馬夏美
2016年1月31日からの「第19回ドリームLIVEフェスティバル」に登場。またしてもバレンタインでチョコの話である。ユニット名もよりチョコらしくなった。夏美さんのノリも前回よりヘレンに近くなった。ヘレン「行くわよ、旅支度はOK?」夏美「OK!テイクオフ!」
【ワールドクラス・ティーチャーズ】ヘレン / 持田亜里沙 / 城ケ崎美嘉
2016年3月31日からの「第20回ドリームLIVEフェスティバル」に登場。先生役を務めたメンバーによる教師ユニット。美嘉は保健室の先生だが。いきなりワールドクラスの校歌斉唱を始めたため、美嘉先生は困惑していた。「私のレベルともなれば、校歌すら芸術になるわ!世界が涙する!」
【千一夜の語り部・ヘレン】ヘレン
2016年7月8日からの「御伽公演 おてんば姫とまじヤバな魔法のランプ」に出演。語り部と言いながら世界やワールドを連呼するばかりで、あまり語ってない。魔法の絨毯について位だろうか? 勝利すると、こちらの背中を後押しするような言葉を投げかけてくる。「この先も、自分を信じて進みなさい!あなたが物語の主人公よ!」
【クライマー・クライマー】ヘレン / 棟方愛海
2016年9月30日からの「第24回ドリームLIVEフェスティバル」に登場。ユニット名の由来は映画「クレイマー、クレイマー」に登山家(クライマー)を掛け合わせた物と思われる。内容は全く関係ないが。愛海は終始ヘレンに振り回され気味。「寒くなったらハグしてあげましょう。」というお言葉に大興奮である。「ハァイ!アルプス!元気ね!」
【飛翔伝説】ヘレン / 森久保乃々
2017年1月31日からの「第27回ドリームLIVEフェスティバル」に登場。唐突に飛翔メイト(恐らく羽根繋がり)として紹介され、混乱する森久保。ヘレンが言うには、森久保はいつもデスクという空に触れている・・・即ち森久保=摩天楼らしい。夢みたいなリアルで泣けちゃいそうな森久保をよそに、ヘレンによる森久保の「強い子」認定が完了した。
【エイプリル・ドリーム~ミステリー・ラン~】安斎都 / ヘレン / 上田鈴帆
2017年3月27日からの「ドリームLIVEフェスティバルスプリングSP」に登場。生デレTV内の箱番組のメンバーによるユニット。名探偵を志す都を見て、世界レベル(ホームズ)に挑戦し続けていると称す。また、鈴帆の太陽神についても、世界レベルを感じ取ったようだ。         「事件は常に起きているわ。この世界でも、貴方の心の中でも!」
【ナターリアお嬢様御一行】ナターリア / ヘレン / ライラ
2017年4月10日からの「ディアリースタークエスト~夜桜奇譚」に出演。恐らくメインキャストである【侍シューコ御一行(塩見周子池袋晶葉浜川愛結奈)】に対する、偽勇者的なポジションと思われるが、設定が色々酷い。ナターリアお嬢様は黒船に乗ってワノクニに来たブラジリアン呪術の使い手で、護衛のライラさんは呪術でバフ状態、ヘレンに至っては呪術で召喚された召喚獣扱いである。「ハーイ、ヘレンよ!OK、マスター!」
【魔性の果実たち】吉岡沙紀 / 海老原菜帆 / 赤西瑛梨華 / ヘレン
2017年6月30日からの「ドリームLIVEフェスティバル七夕SP」に登場。小悪魔風水着衣装「サマーテンプテーション」の共通衣装ユニットである。また翌年8月3日からの「水着DEドリームLIVEフェスティバル」では、メンバーに「ウィンターテンプテーション衛藤美紗希」を迎えて5人での登場となった。2019年7月31日からの「水着DEドリームLIVEフェスティバル」にも5人で登場。「時にはデビルに、それがヘレン!」
【飛翔伝説~第二章~】ヘレン / 成宮由愛
2017年6月30日からの「ドリームLIVEフェスティバル七夕SP」に登場。2人目の犠牲者・・・もとい飛翔メイト。「ワールド・・・いえ、ユニヴァース(宇宙、万物)!」と宇宙レベルに翔び立とうとするヘレンに、「あの星を目指します!」と続く由愛ちゃん。・・・なんというか、何気に由愛ちゃんもヘレンの会話に付いていけてる様な気が・・・何はともあれ、新たな飛翔メイトの誕生である。
【ハッピーワールド・エンターテイナー】難波笑美 / 大沼くるみ /ヘレン
2017年12月31日からの「第3回ドリームLIVEフェスティバル新春SP」に登場。新春イベントメンバー3人によるユニット。最終ラウンドに登場し、イベントのクライマックスを告げた。    「クライマックス・・・つまり、ヘレンが必要。そうゆうことね!ザッツライ!」
WorldCreator高峯のあ / ヘレン
2018年6月26日からの「第3回夏祭りDEドリームLIVEフェスティバル」にて爆現した。原始のリズムと文明の叡智・・・相反する二つの世界が今、融和する・・・! という訳でダンサブルなヘレンを原始のリズム、サイバーなのあさんを文明の叡智に見立てて、世界そのものを体現させたユニット。【セクシーバニー】ではお世辞にも相性が良いとは言えない関係だったこの二人が、遂に完璧な融和を果たしデュオユニットを結成したのだ。この星の全てに捧げる叫びで、人類を高次へと導く存在・・・それがWorldCreatorである。
【偉大なる冒険家ヘレン】ヘレン
【冒険家ヘレンの新たなる旅立ち】ヘレン
2018年10月17日からの「蒸機公演クロックワークメモリー」に出演。続きものの役柄ユニット。開催当時は1人だけ世界観が違うと言われていたが、危険思想外の世界意思ある者といったキーワードを見る限り、地下都市の住人ではあるようだ。地上に出たヘレンは地上の真実を知って立ち尽くす【ラストスタンド・ソルジャー(森久保乃々小松伊吹)】を尻目に「地上はゴールではなかった・・・それだけ。ヘレンズジャーニーは続くのよ!」と更なる冒険への決意を固める。・・・宇宙にでも行く気だろうか?
ロワイヤルスタイルNC梅木音葉 / ヘレン / キャシー・グラハム
2019年1月23日からの「第33回アイドルLIVEロワイヤル」に登場。普段はダンスに関する台詞が多いヘレンだが、今回は歌に関する台詞が多い。音葉さんはいつも通り歌に言及。ちなみにヘレンは世界という単語を口にしておらず、代わりにキャシーがワールドワイドと言っている。    「アーユーレディ?ヘレンがいるところ、そこは常に音楽があるわ!」
ロワイヤルスタイルNC及川雫 / 向井拓海 / ヘレン
2019年3月13日からの「第34回アイドルLIVEロワイヤル」に登場。ロワイヤルスタイル史上、 最高峰と思われる巨峰艦隊である。このメンツでも見劣りしないヘレンの巨峰もさすがである。台詞からすると「勝利」と「スピード」がテーマのようだ。                「瞬く間に世界は変わる。このスピード、とどまることを知らない!」
【H・E・L・E・N of Genesis】ヘレン / 海老原菜帆 / ライラ / 衛藤美紗希 / 南条光
2019年3月31日からの「花見DEドリームLIVEフェスティバル」に登場。ヘレンの誕生日を祝うユニットで、ユニット名自体がHELENである。更にメンバーの名前の頭文字を合わせると、HELENとなり、台詞のところどころに入る英語の頭文字もHELEN繋がりとなっている。       「祝福のLIVEね…アメイジング!それは世界を圧倒する発想よ!」 
【飛翔伝説~第三章~】ヘレン / 緒方智絵里
2019年4月30日からの「第45回ドリームLIVEフェスティバル」に登場。新章突入らしい。翼の生えた衣装がコンセプトの飛翔伝説シリーズだが、今回は智絵里本人ではなく、智絵里がライドしているツバメが翼要素。ツバメは智絵里の翼であり、つまり飛翔メイトの一員らしい。    「いい飛翔だったわ、智絵里。優しくて・・・力強い羽ばたきよ!
【飛翔伝説~第四章~】ヘレン / 望月聖
2019年10月31日からの「49回ドリームLIVEフェスティバル」に登場。第四の飛翔メイトは聖。終始「飛ぶ」というキーワードに沿ったやり取りが行われているのは、何気に初かも知れない。  聖はヘレンを大空に例え、力強いメロディと称している。                「空の彼方へ行きたいなら、信じるのよ。その背にある強き翼を!


アニメ

アニメ版『シンデレラガールズ劇場』

2019年4月2日に放送されたCLIMAX SEAZON第1話にセリフはなかったものの登場し話題となった。Twitterにてトレンド入りも果たしている。

コミカライズ

アイドルマスターシンデレラガールズあんさんぶる!2巻

47話ATHLETIC MEETING Part3にて、体操服ブルマを着ながら
どんな衣装でも着こなす・・・そうそれが世界レベル!」と豪語している。

アイドルマスターシンデレラガールズコミックアンソロジーBright Stars!!

雨曇先生の描いた、ティーチャーヘレンが森久保乃々を導く漫画が収録。

アイドルマスターシンデレラガールズU149

櫻井桃華編38~41話に登場したバンジー台の側面に、ヘレンの姿と共に
世界レベルの一瞬を』と書かれた看板が見える。物語のメインとなる舞台だけあり
何度も登場する。


スターライトステージ

N実装

センシティブな作品


2017年1月10日、丹羽仁美冴島清美らと共に(この時点での)トリを飾るカタチでNが実装。

コミュでは今まで謎であった彼女の経歴が語られる事になる。
かつて、地球のどこかの、ある森の中で若い踊り子がそのパフォーマンスで魔性のダンサー「ヘレン」を圧倒した。
「ヘレン」は素直に負けを認め、若い踊り子にその名を受け継がせた。
その若い踊り子こそが、現在オーディション室のど真ん中に陣取っている…

「ヘレン!!」(デデデデン)

そう、ヘレンは襲名制であるという衝撃の事実がシンデレラカールズ5年目にして初めて判明したのである。

そしてゲーム内1コマにて、1コマおみくじ世界レベルな登場を果たす。

ワールドイズマイン

2017年6月12日の「LIVE PARTY!!」で上位報酬としてSR[ワールドイズマイン]が実装。ドロップ演出が必見。同イベントでは同時にヘレンのスタンプが実装。
同イベントで追加されたSRはキャシー・グラハム
ちなみにこのイベントの記念家具はミニステージ/世界レベル

「ヘーイ!」

そしてイベントと同時に実装されたヘレンのメモリアルコミュ2では他のアイドルと同じレッスンの話だが、そこは世界レベル。先にレッスンルームを到達したりプロデューサーに問いかけを要求したり試練を与えたりをしている。しかもやたらとSEが多く、集中線が使われまくってる。ちなみにこのコミュでは3択のところがあり、それぞれ違う分岐ストーリーがある。

【ヘレン・ザ・ポッシブル】

メンバー:ヘレン
2019年1月9日に追加された営業コミュ。単独での営業コミュはヘレンが初の試みである。
上方(かみがた)での営業だが舞台はいきなりオーストラリア。
そして襲い掛かるDDD(ダーク・ダンシング団)の構成員。
凄まじいダンサブルオーラで構成員達を圧倒したヘレンは
「私は逃げも隠れもしないわ。なぜなら、世界は常にそこにあるのだから。」と至言を残し和歌山へ。
自家用ジェット(レンタル)をチャーター出来なかったので普通にエコノミーで移動するヘレン。
だが、その飛行機は既にDDDの貸し切りだった。・・・そして登場するDDDの首領。
二人のダンサブルオーラの応酬に「グワ————ッ!!」と圧倒される構成員達。
勝負はダンサブルオーラで勝るヘレンの勝ちに見えたが・・・

・・・という内容の映画「ヘレン・ザ・ポッシブル」の試写会でした、というオチで営業コミュは終わる。
ただし、内容は全てノンフィクション。つまり、DDDという組織は実在するのである・・・

デレステお正月CP

2019年1月1日から14日の間に、デレステ公式アカウントの「#デレステお正月CP」ツイートに
リツイートすると抽選で景品があたるという企画。
ハズレだと返信でアイドルのおみくじが引ける様になっており
最終日の日替わりメンバーはヘレンと鷹富士茄子だった。
ヘレンのおみくじは「吉」とか「凶」とかではなく「世界レベル」。

「誰かの言う事など捨て置きなさい!運勢は、己の手で掴みとるのよ!」

おみくじの結果など気にするなという事だろうか?

【美しき世界に幸あれ!】

メンバー:ヘレン/輿水幸子

 宇宙————そこは残酷なる世界————。
 人類を滅びの道に進ませようとする隕石が地球に迫っていた————
 我々は見過ごしてはならないのだ————その時を————”宇宙からのサイン”を————

2019年07月29日から首都エリアに追加された営業コミュ。
幸子が上記のTVのナレーションにツッコミを入れていると唐突にヘレンが登場。
自分に営業のオファーが届いたと幸子に伝える。ヘレンならどこに行っても不思議ではないと
幸子が「ジャングルですか?それとも砂漠か海でしょうか?」とたずねるとヘレンは

                   宇宙よ!

と返答。ギャラクティカ・ヘレンの誕生である。プロデューサーから「宇宙サイン」と
告げられたヘレンは、世界の守護者・・・・・・ガーディアンとして営業に赴くのだと言う。
そして世界レベルのミッションには、世界レベルの相棒・・・すなわち幸子が必要だと告げるヘレン。
これに対し幸子は「カワイイボクを失う事は世界の損失」であると述べ、宇宙への同行を拒否。
これを聞いたヘレンは確信したとばかりに幸子へと、自分の心に問いかける様に促す。
これにより自身の心に問いかけた幸子は、自身もまた世界レベルであるという理解に到達。
ヘレンと共に宇宙へ行く事を決意する————。

関連タグ

出典THEiDOLM@STER / アイドルマスターシンデレラガールズ
名前ヘレン
個別世界レベル
集合イタリアンスタイル / デレマス24歳組 / デレマス海外組
その他ダンサー / 残念な美人


外部リンク

ヘレン(アイドルマスター) - ニコニコ大百科

関連記事

親記事

アイドルマスターシンデレラガールズ あいどるますたーしんでれらがーるず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘレン(シンデレラガールズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1052807

コメント