ピクシブ百科事典

世界レベル

せかいれべる

「ヘレンよ。知ってると思うけど…。歌でもダンスでも、私は世界レベルじゃないと意味がないと思ってる。そして私にはその素質がある。そうでしょう?いいわ。証明してあげる。」

概要

アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場するヘレンが自らの魅力をアピールする時に使う言葉こそが「世界レベル」である。
世界に羽ばたく夢を抱いているという意味では上昇志向が強いと言えるのだが、元々プロフィールに「出身地:海の向こう」と書く怪しげな素性とあわせて、残念美人扱いが強まっていく。

実際ゲーム内での彼女は最序盤に手に入るキャラクターであり、数値的な能力ならレアの中でもほとんど最弱級といって差し支えなかった。そのうえでプライドが高く苛烈なセリフを多く発するため、プレイヤーからはもっぱら「世界レベルさん」などと呼ばれて揶揄されることも少なくなかった。

そんな彼女が現在のようにどこかぶっ飛んだ独特のキャラとして扱われるようになったのは、イベント「アイドルLiveツアーinイタリア」(2013年3月)がきっかけだと言われている。
エリアボスとして登場した「[イタリアンスタイル]ヘレン」は「心まで…ダンサブル」「世界レベルの私が道に迷うわけがないわ。黙ってついて来なさい」(→「◯◯、道はわかる?トッププロデューサーならわかるわよね?」)など、敵ユニットとして現れた時にも「いくら私たちが強くても、斜塔を倒してしまうわけにはいかないでしょ?だから、そういうこと」という迷言を吐き、同時に更新されたシンデレラガールズ劇場でも天然ボケの及川雫に「受けて立つわ!」とどこかズレた対抗意識を燃やし、彼女のキャラは残念美人でありながら御茶目な、ネタになる方向性にシフトしていく。

同様に上昇志向がある黒川千秋がストイックな努力家としてキャラ付けされていったのとは別の方向に突き抜けていったのである。

2013年8月には「セクシーバニーパーティー」ガチャに「[バニーガール]ヘレン」として登場。
ここで「高いレベルは高い意識から」という考えを持っていることが明らかになり、大言壮語と思われていた彼女のセリフは彼女なりの信念に基づくものであったことが認知された。
「ただのうさぎじゃないわ…」「もう世界じゃ足りないわ。私の美貌をあの月まで轟かせるの」といった、ヘレンならではの迷言も健在である。

そして2013年11月にはコスト17のSレア「[ワールドイズマイン]ヘレン」が追加され、フロントでも十分に戦えるようになり、ヘレン伝説は一旦の成就を迎えた。特技名は「THE・世界レベル」である。

関連タグ

アイドルマスターシンデレラガールズ
ヘレン(シンデレラガールズ)

pixivに投稿された作品 pixivで「世界レベル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 250791

コメント