ピクシブ百科事典

エルムドア

しょうすうてんいかのかくりつでぬすめる

スクウェア発売のSRPG『ファイナルファンタジータクティクス』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

フルネームはメスドラーマ・エルムドア
イヴァリースの東に位置するランベリー地方の領主であり、爵位は侯爵雷神シド、聖騎士ザルバッグらと並ぶ五十年戦争の英雄で、長い銀髪と銀色の甲冑を纏って戦ったことに由来し、味方からは“銀の貴公子”、敵からは“銀髪鬼”と恐れられた名将と伝わる。また、ザルバッグと同じく敬虔なグレバドス教信者でもあり、異端審問官の資格を持つ。

容姿が『FF7』に登場するセフィロスによく似ており、愛刀として正宗を装備しているという共通点もあるが、当然ながら赤の他人である。

幸の薄い侯爵様

上述の通り、五十年戦争当時は多くの戦果を上げ活躍し、南天騎士団長オルランドゥ、北天騎士団長ザルバッグといった現在でも第一線で活躍する武人たちとも並び称される程の英雄…のハズなのだが、いざ本編に登場した彼は、早々に民兵からなる骸旅団の副団長ギュスタヴ率いる一軍に誘拐され、主人公ラムザの一団が救出に現れた頃には衰弱して横たわっているという、なんとも弱々しい姿を晒している。

また、南北の公爵による覇権争いで勃発した獅子戦争では、南のゴルターナ陣営の将軍として参戦するも、ブレイブストーリーによると「フス平原の戦い」で流れ矢に当たって戦死しており、ラムザの視点で活躍もないままひっそりと物語からフェードアウトするという冴えない最期を迎えている。

真の銀髪鬼として

しかし、その真価を発揮するのは死後、ルカヴィになってからである。
フス平原で討死したエルムドアであったが、直後に聖石「ジェミニ」と契約し「死の天使ザルエラに転生。致命傷から回復するとともに、強大な力を手に入れる。その後は同じく聖石の力でルカヴィとなった神殿騎士ヴォルマルフたちと結託し、ルカヴィの首魁「聖天使アルテマ」の復活を目論む。自らの力で召喚したセリアレディの美女アサシン二人をはべr…もとい付き従わせ、他の聖石を所持するラムザの前に立ちはだかる。

最初の戦いはリオファネス城屋上。マラークラファの兄妹がバリンテン大公に追い詰められる場に駆けつけたラムザ一団の前に忽然と現れ、邪魔なバリンテンをレディに排除させた上で、ラムザに聖石を渡すよう要求。断られるとそのまま戦闘を開始する。このときは他のルカヴィたちを破った彼の小手調べが目的だったのか、自軍一人がやられるとアッサリと引き上げていく。

次の戦いは居城でもあるランベリー城。ラムザの妹アルマの身柄をダシにラムザ一行をおびき寄せ、今度こそラムザを葬ろうと刃を向ける。

ユニットとしての性能

専用ジョブは『アークナイト』。
ザルバッグのジョブと同名だが性能は異なり、汎用ジョブの『侍』の能力を強化したジョブとなっている。固有アクション「刀魂放気」も、侍の「引き出す」とほぼ同じ能力である。

装備は、上述の「正宗」を武器とし、防具はFFシリーズではお馴染みの源氏シリーズを装備している。いずれもレアリティの高い貴重な装備アイテムだが、アビリティ「メンテナンス」も合わせて装備しているため、盗むことは不可能であるのだが…(後述)

また、彼の仲間として共闘する『アサシン』のセリアとレディも強敵である。彼女らの固有アクションの「仕手」は、誘惑、即死、ストップ、石化等の致命的な状態異常を与える技で、誘惑以外は100%の確率で成功する。更には二刀流による二連攻撃、高い機動力を有し、極めつけに究極魔法「アルテマ」まで使用可能で、人間タイプの敵ユニットの中では最強のジョブとも言われている。

死の天使ザルエラ

誘い込んだランベリー城地下墓地にて、いよいよルカヴィ「死の天使ザルエラ」に変身する。厨二病患者なら誰もが憧れざるを得ない名だが、その姿は疎らに伸びる牙の生えた髑髏のような頭部(額にはヘルボーイのような円柱型のツノが生えている)に、極端に腰を折り曲げた痩せぎすの体、肩の付け根から広がった蝙蝠の羽と、なんとも言い難い残念さを醸し出している。もどして。

見た目はアレかもしれないが、やはりルカヴィ。墓地に眠る死者の魂を呼び起こし、眷属として使役する。ラムザを追ってその場に現れた神殿騎士メリアドールは、エルムドアのこの変貌を目の当たりにしてラムザが訴えていた聖石の真実を理解することになる。

敗北すると、ヴォルマルフこと「統制者ハシュマリム」に後のことを任せ消滅した。

小数点以下

rァ源氏シリーズを盗む


エルムドア侯に関する記事において、「小数点以下」を語らずにはいられないだろう。
ことの発端はアスペクト社出版の攻略本において、侯の専用装備であり、プレイ上彼との戦闘でしか確認することのできない正宗」および「源氏装備」を小数点以下の確率で盗むことができると記載したことによる。
しかし、侯の隠しパラメータには装備の破壊と盗むことを無効化する「メンテナンス」のアビリティが付与されており、どのような方策を取ろうとも彼から装備を入手することは不可能なのである。
だがこのことを知らず、攻略本を信じ「源氏装備」の入手を目指したプレイヤーは少なくない。
そもそも「源氏装備」自体がそれまでのFFシリーズ内においてレアな装備であることと入手経路がいつも特殊であることも、プレイヤーを叶わぬ夢へと駆り立てる一助となっている。

なお、同社のゲーム「チョコボの不思議なダンジョン」のDISC2に収録されているデータにより、「源氏装備」が手に入るようになっている。

また、北米版では盗むことができるようになっており、実際に試した動画も上がっている。

後にスクウェアがわざとファミ通に盗めるという間違ったデータを渡したことが明らかになった

関連タグ

ファイナルファンタジータクティクス FFT
イヴァリース 騎士 銀髪 正宗
ルカヴィ ザルエラ レディ セリア

セフィロス(そっくりさん)

関連記事

親記事

ファイナルファンタジータクティクス ふぁいなるふぁんたじーたくてぃくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エルムドア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14081

コメント