ピクシブ百科事典

meme

みーむ

ミーム(meme)とは遺伝子(genome)との類推から生まれた、文化・情報を複製・伝搬させていく概念のこと。
目次[非表示]

概要

 ミームオックスフォード大学の生物学者リチャード・ドーキンスが、1976年に出した著書「The Selfish Gene(利己的な遺伝子)」の中で作り出した造語
模倣子とも訳される。
 人々の間で心から心へとコピー改変されていく情報のことであり、社会文化を形成する様々な情報として分析される。例えば、習慣や技能、物語といった人から人へコピーされる様々な情報である。
 ドーキンスによるミームの生物学的定義では「ミームは文化の伝達や複製の基本単位」とされるものの適応される分野や文化によりその定義はまちまちとなっている。

インターネット・ミーム

 特に海外インターネットミームと呼ばれるものは、日本語の「ネタ」とほぼ同義である。
 コラージュ二次創作等により「実際にはその事実はないにもかかわらずそのキャラクターの発言にされる」ことや、突発的に発生した「面白い挙動」などがネタにされる
一般的な流れとして、

  1. ごく一部でのコミュニティで流行る。
  2. 他のコミュニティ(電子掲示板SNS等)に持ち込まれる。
  3. 一気に流行をする。
と言うような動きを見せる。
 画像における実例としては阿部高和孤独のグルメコラ、言い回しの実例としては「孔明の罠」などは本来ふたば☆ちゃんねるのコミュニティ内での流行し、これらが後になってから2ちゃんねるニコニコ動画Twitterなどの他のコミュニティでもネタとして使われる様になった。したがって、上に挙げたネタは典型的なミームであるといえよう。
 また、そのコミュニティの流れ等により言葉の意味合いが変わったり、新しい意味が付けられたりすることも特徴である(→壁ドン)。

主なネットミーム

 以下に掲載したものは、ピクシブ百科事典上に記事が存在するものに限っている。

世界の主なネットミーム

日本の主なネットミーム















別名・表記ゆれ

ミーム

関連タグ

インターネット ネットスラング ミーム汚染
コピペ コラ

MGS2…ミームの強大さとその逆のミームの無価値さ、そしてそれを統率した場合何が起こせるかという実例を示した作品、個人を急速に強くした「匿名性」という武器への警鐘は発売時期を考えると予言としか言いようがない
MGR…上記作品とは別に抗い様のないミームへの抵抗と許容やその限度、同じミームでも受け取り方によって人を傷つける狂気にも人を守る信念にもなり得る事を示した作品。

外部リンク

wikipedia:ミームインターネット・ミーム
ニコニコ大百科:同項目

関連記事

親記事

インターネット いんたーねっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「meme」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「meme」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11469339

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました