ピクシブ百科事典

ライトニング・マックィーン

らいとにんぐまっくぃーん

ディズニー映画『カーズ(CARS)』の主人公。
目次[非表示]

CV:オーウェン・ウィルソン (字幕版) / 土田大(日本語吹き替え)

概要

映画『カーズ』の主人公。赤いボディが特徴のスポーツカー。「ピストン・カップ」の新人チャンピオンを狙う新人レーサー。口癖は「カチャウ!」。で、意味は「勝つぞ」。一人称は「僕」。トレードマークは名前の通り「イナズマ」。まだ若手なので、マックをはじめ、キング、ドック、リジーなどからは「坊や」と呼ばれている。

モデルとなった実車に関し、監督であるジョン・ラセターはロサンゼルス・タイムズの取材に対して、「NASCARのレーシングカーは空力のため平べったく全然面白みがなかった。そこでストックカーと、ローラやフォード・GT40といった曲線美あふれるルマンレーシングカーをハイブリッドして創作した。」と語っている。

活躍

1作目では、トレーラーのマックを休ませずに走らせ、暴走族のいたずらでマックと離れ離れになってしまい、ラジエーター・スプリングスという田舎町に迷い込む。その道路をひょんなことから壊してしまい、翌日裁判の被告として呼ばれる。その時ドッグに「汚いやつだ。」「俺の街が汚れる。」とゴミ扱いされるが、サリーに道路の修復を提案させられ、結局修復作業に取り掛かることになった。だが、その道路は雑で、凸凹。やり直しを命じられる。ドックの右に曲がれば自然に左に曲がるという言葉を理解できず、サボテンに激突する問題も起こす。

2作目では、4度の優勝を重ね、有名になっていた。フランチェスコに負けた理由をメーターを「君のせいで負けたんだぞ!」と咎めてしまう。

3作目では、ベテランレーサーとなって活躍をつづけるも、ジャクソン・ストームら新世代レーサーの登場で、かつてない危機に陥る。

関連タグ

カーズ レッドヒーロー
キング:ライバル。後に移籍を目論んだ。
ジャクソン・ストーム:マックィーン最大のライバル。

関連イラスト

暑い…
カーズ!

pixivに投稿された作品 pixivで「ライトニング・マックィーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73851

コメント