ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ワルド(ゼンカイジャー)

ぜんかいじゃーのわるど

特撮番組『機界戦隊ゼンカイジャー』に登場する敵組織・トジテンドが送り込む怪人(イラストは映画第一作目に登場した「スーパー悪者ワルド」)。
目次 [非表示]

「感じるぞ…“◯◯の世界(元になった世界)”の力……!!」


概要

キカイトピア王朝トジテンドが送り込む、戦闘員のクダックにあらゆる並行世界を閉じ込めた機械歯車「トジルギア」を胸部の歯車状の模様に組み込んで誕生するロボット怪人。


クダックからクダイターへ変化した上で変貌を遂げ、主に頭部と両腕が取り込んだトジルギアの並行世界に準じた造形に変化する。その為ボディはクダイターと同じ共通の物になっているが、第30カイ!以降は白黒ベースのカラーリングのボディを持つ個体が出てくる様になった。『機界戦隊ゼンカイジャー公式完全読本』p.116によれば、白黒の個体は従来の個体より強い、と言った設定は無いとの事。

両腕が変化しないタイプの個体は、各並行世界をモチーフにした武器を携え武装している。


トジルギアに込められた並行世界のパワーを解放する事でそれぞれ自分達の元になった「世界」を展開して文字通り自分の領域として侵食する能力を持ち、人間界を制圧する為にパワーを悪用する。もちろん、そのパワーを戦闘でも活かしており、固有の技として繰り出すことも可能。


初登場のキノコワルド~テニスワルドまでは「元になった世界の象徴物及びそれに纏わる行動」に関わる能力(象徴物を発生変化させる、中毒や行動を強制させる)が主だったが、第30カイ!以降はアップデートが行われたのかモチーフ物に由来するが、「モチーフに関わる行動の能力では無くその物に由来した派生的な能力(干し柿→干す→脱水症状、牛乳→白くする→物や記録を真っ白に漂泊する)」に変化して厄介度を増した。

なお、上記の白黒ベースのボディを持つ個体が並行世界に由来する派生的な能力を持っている事が多い。

またワルドが世界を侵食した際に現れる現象・物体は「名物」、固有の技・装備は「名産」としてそれぞれ設定されている。


変身したワルドは共通して「〜キノコ」、「〜コオリ」等の様に、組み込まれているトジルギアの並行世界の名前を語尾に付けて話すのが口癖。これについては、キノコワルドいわく「自分がどんな“世界”のワルドなのかを忘れない様にする為意識してこの口調になった」との事。

その為、トウメイワルドの様に外見だけでは判別がし辛い場合でも、誘導尋問で喋ってしまう事で、おおよその能力がすぐにバレてしまうリスクがある。

ただ、これはあくまで意識的に行なっている行動である為、ワザと違う口癖を言う事で本当の能力を隠蔽する事も可能である。


なお、同じくクダックから改造されたクダイターと比べて戦闘力は格段に上昇しているが、序列的には格差が無いもしくは同一の地位の様で、第24カイ!で遊び呆けるバカンスワルドにクダイターがタメ口で叱責する場面がある。


ワルドの恐怖

毎度の如くゼンカイジャーやツーカイザーに倒され、作風自体もギャグ寄りなのもあって見落とされがちだが、力の根源が「世界まるごと一つ」と言う事実は伊達ではなく、出てくるワルドは普通の個体ですら他作品でのラスボスレベルの能力を持っている事が多い(しかもフザケた見た目や名前の奴程凶悪な能力な事も)

さらに一度発動した能力はワルドが自分の意志で能力を解除するか、ワルドを撃破する、又はワルドの能力を司る箇所を破壊する事でしか解除される事は無い。

作中ではゼンカイジャーの面々が能力の影響から脱する事もあるが、それは個人の経験に影響する部分が多く、根本的な解決に繋がる方法では無い事が多い。

そのためゼンカイジャー側も当然の如く能力の影響下にある事があり、原則ワルドのルールに従いつつ戦闘を可能とする抜け道を見つけ出しワルドを撃破する、と言う苦闘を強いられる事が多い。

また本作の特徴として失恋戦隊ゼンカイジャー等の様に、特殊な名乗りシーンが多い事が挙げられるが、それは上記の通り能力の影響を受けつつ戦わざるを得ないシビアな現状を表しているとも言える。


能力の多くは直接攻撃を当てる事で効果を発揮するが、周囲一帯……どころか世界全体に対してさえ効果を発揮するケースもあり、こうなると回避等はほぼ不可能となり、自力で状況が可笑しいと言う事にすら満足に気付けなくなる。

また上述の通り能力を解除する方法が限定されている為、一度能力を発動させたワルドがゼンカイジャーと戦わずに逃げる、トジデントパレスに引き籠ると言う手段を取るだけでも刻々と事態が悪化していき手の付けられない状況となって行く場合もある。

中でもゲゲが送り込んだ2は双方ともヒーローサイドをほぼ完封したり、バラシタラが送り込んだバカンスワルドは人間界の制圧を(一時的だが)完了させた実績がある。


現状ゼンカイジャーが戦えているのは、並行世界の力を単なる道具としか思っていないトジテンド側の戦略眼が足りず作戦の詰めが甘い事と、ワルド自身も侵略先の世界の理その物を変えたりうる力を持っているにもかかわらず、完全に扱え切れていない所か、備わった力の凄さを理解していない事、後述にあるが誕生させ運用して初めて能力を把握する為に作戦が行き当たりばったりか杜撰になりがちな事。

要は敵側の頭の悪さに助けられている実情による物が大きく、製作陣さえその事を自覚したコメントを載せている。


寧ろ全体への影響力が飛びぬけて高い訳では無いが、能力は制御し易く戦闘力も兼ね備えているワルドが強いパターンも多い(カブトムシワルド、トウギュウワルド、テニスワルド等)。

こんな状態ですら偶然や想定外の要素が無ければ本気で詰んでいたケースも多く、歴代の戦隊怪人の中でも際立って厄介な連中と言える。


なお、ワルドはその能力の性質上、誕生させるまでどんな力が使えるかは全く分からないのだが、どうやらトジテンド内部では公然の秘密だったらしく、バラシタラがこの事に言及した際にはボッコワウスまでもが「あっ……」と言ってはならない事を言ったかの様なリアクションを見せていた。


また、世界法則を改変する事で能力を行使する性質上、一度に複数のワルドを生み出そうと、ワルド同時の力は相殺されて無効化してしまうと言う、強力過ぎるが故のデメリットも存在する。

そのため同じ世界の侵略に関しては、何度やられようとワルドの頭数は増やせず、個別で出撃させるしか無いと言う事情がある。

……と言う事情も第38カイ!まで気付いていなかったと言うあたりも、行き当たりばったりである事を示すエピソードの一つと言えるだろう。


巨大化方法

ワルドが倒されると同時にセットされているトジルギアが破壊される寸前の状態になり、それをクダイテストもしくはニュークダイテストが踏み付ける、若しくは接触する等してパワーを取り込む事で、ワルドの能力を引き継いだ巨大級戦闘兵ダイワルドとして復活する。

ただし、トジルギアはワルドが倒された時点で限界寸前の状態である為、クダイテストが間に合わなければ巨大化は起こらない。


ワルド一覧

本編

カイ!名前・外見概要
2
3
  • CV:大畑伸太郎
  • 製造者:イジルデ
  • 世界:コオリトピア
  • 名物:町一面のスケートリンク
  • 名産:ツラランス
4
  • CV:真木駿一
  • 製造者:イジルデ
  • 世界:ボクシングトピア
  • 名物:老若男女無差別級ボクサー
  • 名産:マウスピース、ブンナックル
5
6
  • CV:姫野惠二
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:ゴミトピア
  • 名物:廃棄物ロード
  • 名産:ダストシュート、ダストーム、ゴミ電波
8
  • CV:千葉翔也
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:ドアトピア
  • 名物:日帰りドアtoドアツアー
  • 名産:ファイブドア
9
10
  • CV:田丸篤志
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:マヒルトピア
  • 名物:エンドレスヌーン
  • 名産:マヒルーペ
11
12
  • CV:川津泰彦
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:カタツムリトピア
  • 名物:スローエリア
  • 名産:マイマイフラッシュ、マイマイクロミサイル
13
  • CV:石野竜三
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:リサイクルトピア
  • 名物:輝くリサイクルマーク
  • 名産:リサイクルクダック、リサイクルストーム
15
  • CV:北沢洋
  • 製造者:ゲゲ
  • 世界:レトロトピア
  • 名物:ピンクの公衆電話、オート三輪、中華そばの香り
  • 名産:トキヲモドソード、ナツカシールド、レトロ電波
16
  • CV:中谷一博
  • 製造者:ゲゲ
  • 世界:ジシャクトピア
  • 名物:はがれない鉄
  • 名産:マグネッ刀S極(エスきわみ)・N極(エヌきわみ)
17
  • CV:伊藤健太郎
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:トウメイトピア
  • 名物:透明不思議現象
  • 名産:ミエナイフ、スケスケビーム
18
19
20
21
  • CV:福島潤
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:コピートピア
  • 名物:粗悪コピー品
  • 名産:コピーライト
22
  • CV:三宅健太
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:トウギュウトピア
  • 名物:牛の角
  • 名産:トウギュウビーム、熱狂の嵐
24
  • CV:八代拓
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:バカンストピア
  • 名物:夏休み
  • 名産:マッスルクダック
25
  • CV:鳥海浩輔
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:ヒドケイトピア
  • 名物:時をかけるワルド
  • 名産:トキヲモドソードZ
28
  • CV:野津山幸宏
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:マンガトピア
  • 名物:珠玉の生原稿
  • 名産:フキダシプラカード、没原稿爆弾
29
  • CV:駒田航
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:テニストピア
  • 名物:顔印のテニスボール
  • 名産:超ラケット
30
\\
31
32
  • CV:興津和幸
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:サカサマトピア
  • 名物:逆さまの人生
  • 名産:クルクルシックル
33
  • CV:浦山迅
  • 製造者:イジルデ
  • 世界:ガクエントピア
  • 名物:教師のネクタイ
  • 名産:タイバツ竹刀
34
  • CV:松本保典
  • 製造者:イジルデ
  • 世界:ハロウィントピア
  • 名物:ジャック・オー・ランタン
  • 名産:トリックオアトリートンファー
35
  • CV:勝杏里
  • 製造者:イジルデ
  • 世界:ダイヤトピア
  • 名物:最高級のかたさ
  • 名産:カタメイス
36
37
38
  • CV:前野智昭
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:ボントピア
  • 名物:ご先祖様
  • 名産:お盆線香
38~39
  • CV:濱健人
  • 製造者:イジルデ
  • 世界:ショウガツトピア
  • 名物:新年のご挨拶
  • 名産:オオミソカノン、アケマシテオメデ刀
41
  • CV:こぶしのぶゆき
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:メントピア
  • 名物:推し麺のぼり旗
  • 名産:乾麺ニードル、ウィップヌードル
42
  • CV:平川大輔
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:コタツトピア
  • 名物:こたつとみかん
  • 名産:トリコタツビーム
43
44
45
46
  • CV:駒東寛之
  • 製造者:ゲゲ
  • 世界:ニンジントピア
  • 名物:ニンジンのヒーロー
  • 名産:キャロットンファー、ビームカロティン
\\
\\

※後に別個体Vシネマで登場。


番外編

カイ!名前・外見概要
SH
SO
  • CV:関智一
  • 製造者:イジルデ
  • 世界:無し(スーパー悪者ワルドの怨念)
  • 名物:妄想の実現
  • 名産:オーヒランチャー、ワタベタケショット
  • 登場:※SO:スピンオフ
SA
  • CV:保志総一朗
  • 製造者:バラシタラ
  • 世界:オリヒメトピア
  • 名物:願いが叶う短冊
  • 名産:タナバスター
  • 登場:『セイバー』特別章
SP2
SP3
  • CV:不明
  • 製造者:不明
  • 世界:プレスキトピア
  • 名物:空間圧縮
  • 名産:不明
SP4
  • CV:不明
  • 製造者:不明
  • 世界:タイヨウトピア
  • 名物:不明
  • 名産:不明
\\
  • CV:不明
  • 製造者:不明
  • 世界:サクラモチトピア
  • 名物:不明
  • 名産:不明
SP5
  • CV:不明
  • 製造者:不明
  • 世界:カイトウトピア
  • 名物:盗みの早業
  • 名産:不明
VS

その他

登場作名称製造者世界名物名産CV
ひらパーマッチワルドイジルデマッチトピア地獄の業火マッチャン竹田雅則
ショー①コントローラーワルド不明コントローラートピア不明コントロールビーム、コントロール電波不明
ショー②コーヒーブレイクワルド不明コーヒートピア不明ブルーマウンテン?ビーム不明
FLTファイナルワルド-ファイナルトピア--???
没案アヤトリワルド(仮称)-アヤトリトピア?---
\\クモワルド(仮称)-クモトピア?---
\\アジフライワルド(仮称)-アジフライトピア?---
\\センプウキワルド(仮称)-センプウキトピア?---
\\サイキョウワルド(仮称)-サイキョウトピア>---

※没案は、東映版公式サイトにて言及された物。


余談

  • 名前の由来は「ワールド」と「悪いドロイド」、そしてトジテンドの他の面々同様の「割るど」のトリプルミーニングであると思われる。

  • 前作品『魔進戦隊キラメイジャー』の邪面師に続き、2年連続で戦闘員が進化するタイプの戦隊怪人が登場する事になった。
    • あらゆる並行世界を閉じ込めたアイテムで変身する為、モチーフが一定では無いのも共通しているが、前年以上に前例がないモチーフが多く採用されている。
    • ただし、このタイプはこれまで上級戦闘員の更なる進化先だったのに対してワルドはクダイターとは別の進化先として扱われる。この方式になったのは人間とキカイノイドとの戦争を避ける意図があったと思われる。

  • また、過去の戦隊怪人と似た能力(物を古くする物体を透明にする等)を持っているが、その能力を連想させる概念自体を初めてモチーフに取り入れた個体が多い。

  • 近年の予算問題の都合上、特撮怪人では避けては通れぬ道でもあるスーツの改造・流用される例も確認されているが、敢えて全く別の並行世界のモチーフのワルドとしてそのまま登場させると言う大胆な流用方法を行っている(性質が似通っている、関連があるモチーフだと、自動的に似た姿になると言う事だろうか)。
    • 流用元の容姿と差異のあるワルドだと、パーツ換装や新しいパーツを付けたりと最小限の加え方に留めている。逆に大幅な改造でもリペイントが多く、流用前のワルドの原型が無くなる程改造された例が少ない。
    • これは劇中でも言及されており、その姿から以前のワルドと比較して名前や能力を推測される場面が度々ある。
    • 一方で、この改造については結構別物に見えたりする事もあるので視聴者からはおおむね好評。

  • ドラゴンクエスト10には「ワルド水源」と言うフィールドが登場する。

関連タグ

機界戦隊ゼンカイジャー

トジテンド トジルギア

クダック

戦隊怪人


メタロイド9年前に登場した、幹部陣がアイテムを使って生み出すロボット怪人。命令・作戦遂行に忠実だが頭がそこまで良くない、怪人の能力を引き継いだ巨大戦力が存在する点が共通している。


アンドロイド兵士(星雲仮面マシンマン)星雲仮面マシンマンの怪人。予算的な面で、流用元からパーツ換装や新しいパーツを付けたりと最小限の加え方に留めているといった共通点が見られる。


ドン・アルマゲ最終形態4年前の戦隊首領が、『生命をエネルギー化して吸収する能力』を獲得して全宇宙の生命を取り込み変貌した姿で、トジルギアとほぼ同じ性質のエネルギー化・吸収能力で得た莫大なエネルギー(パワー)を行使する。一方、アルマゲがエネルギーの使い方を研鑽しておらず、折角の莫大なエネルギーを大雑把な形でしか使えなかった点も同じ。また、スーパー悪者ワルドの一部にこの形態の意匠が組み込まれている。


戦隊怪人の系譜

関連記事

親記事

クダック くだっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199211

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました