2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

機械生命体キカイノイド達が生きている世界。
その中に存在する悪の王朝トジテンドは全ての並行世界の支配を目論んでおり、彼等によって数多くの並行世界が、謎のアイテム「トジルギア」に次々と閉じ込められていく事態になった。

しかし、「ゼンカイジャーの世界(後のゼンカイトピア)」を閉じ込めようとした際、何故かキカイトピアの一部が引き寄せられて融合してしまい、キカイノイド達が人間界に投げ出される状況となってしまった。

ジュラン達一般のキカイノイドは困惑しつつも、人間と共存して仲良く暮らしている。それに対してトジテンドの王・ボッコワウスは、当初の目論見通りに地球を閉じ込められない事に業を煮やして、(ゲゲの口添えもあって)人間界を直接侵略する方針に切り替えた。

内情

キカイトピア自体については、基本的には機械生命体以外の生物が存在しない世界であり、有機生命体は存在しない。キカイノイド以外にもゲゲのように機械生命体の動物が生息している他、ガオーンの話によるとキカイ野菜なるものが存在するなど、植物も無機生命体である事が窺える。

本編より遥か以前からトジテンドによって実効支配されており、確認できる限りでもジュランの曽祖父のサンジョの代から支配されており、現在の大王であるボッコワウスの先々代大王までいた事が確認されている。トジテンドの体制としてはボッコワウス達上層部による完全なる独裁政権であり、ボッコワウスを初めとした一部の特権階級だけが利権を貪っており、一般のキカイノイド達の待遇は劣悪そのものである。庶民達も暴虐や悪評を振り撒く権力者達の事は迷惑にしか思っていおらず、トジテンドに所属する軍人達も上から下まで選民思想に染まって腐敗し切っている。

基本的に庶民キカイノイド達は労働者階級である為に、人権はおろか言論や教育などあらゆる自由は徹底して剥奪されている。加えて労働者階級である為か、彼等が住む市民街も工場地帯のような場所になっており、他には何もない非常に殺風景な街並みが広がっている。
特に教育に関しては「庶民は余計な知識を得る必要はない」と言う理由から、最早まともな教育機関そのものが残っていないらしく、ブルーンなどは自分の知らない知識を学ぶ為にトジテンドへの従軍を希望するも、結局は清掃係として酷使されるだけで何も教えられなかった。
作中の台詞からすると、一応ジュランが子供の頃はまだ学校はあったようだが、ジュランの言動からするにそれも後に登場したガクエンワルドの学園同様に、トジテンドの思想教育を行う場でしかなかった模様。さらにガオーンマジーヌといった若いキカイノイド達に至っては学校という施設の事すら碌に知らず、ブルーンも初めて学校に通えた事を喜んでいた程だった。

他にも庶民はあくまで労働力として搾取されている為に、ジュランがパーティをやる事自体が初めてと発言するなどパーティや祭りといった娯楽も禁止されているらしく、さらには庶民キカイノイの家族が消息を絶って天涯孤独になる事も珍しくない事がジュランから語られていたりと、その環境の劣悪さは計り知れない(ジュランの曽祖父であるサンジョが放屁が元で不敬罪として即刻死刑になっているなど、庶民の命など吹けば飛ぶように簡単に扱われている)。
トジテンドに対する不満を少しでも見せた庶民は、それだけで容赦なく捕らえられ牢獄送りにされており、庶民が突然行方不明になる事態が時折起こるのはこういった事が原因だと思われる。

その一方で、長らくまともな抵抗勢力も存在しないキカイトピアで自分達の権力を好き勝手に行使してきた事から、組織自体やそこに所属する兵士達のモラルも崩壊しており、彼等自身も上層部からの圧力と上層部の選民思想に自覚・無自覚問わずに毒されている者が多い。庶民に対して横暴に振る舞うのは勿論だが、侵攻先で勝手に愚連隊のように暴れたり勤務中に飲酒をしたりと、最早一個の軍隊としてはまともに機能していない程に風紀は乱れまくっている。

ただし、公式によると作中のトジテンドはキカイトピアにおける「日本」にあたる国家であるらしく、作中のキカイノイド達も「日本人」である(本作の世界は全て並行世界なので、キカイトピアも当然ながらあくまで地球である)。その為に文化は人間界の特に日本と大差はなく、「リンリンポン」(人間界で言うところのケンケンパー遊び)、花占いや血液占いならぬ「オイル占い」などの文化があり、食に関しても、キカイたこやきなど人間界と同じような人間が食べても全く問題ない食べ物が存在し、味覚も人間と変わらない模様(ただし綿菓子はなかった様子)。

一方で、服に対する認識は人間とは大きく異なり、キカイノイドにとって服は嗜好品の一つにしか過ぎないとの事。その為、服の有無は彼らの倫理観には全く関係なく別に着ていなくても何の問題もない(事実、ゼンカイジャーの面子でも服はガオーンのベストとジュランのハーフパンツのみである)。

その後

最終的にはボッコワウス以下支配層が一掃された事で、キカイトピアは永きにわたる圧政から解放されて新しい道を歩み始める。

ゼンカイジャー最終回


現在はステイシーや彼に協力するキカイノイド達(第32カイ!で反逆者として投獄されていたキカイノイド達等)が中心となって、庶民キカイノイド達やトジテンドの消滅で改心したクダック達をまとめ上げて、他の世界とも力を合わせてキカイトピアの復興作業を進めている。

まずは教育制度の復活で、庶民キカイノイドの大人から子供までが自由に様々な教育を受けられるようになり(前述通り教育施設は全て潰されていたので一先ずは青空教室だが)、さらに警察機構などの治安維持機関も復活しており、改心をしなかったクダイター達などの一定の地位にいたトジテンドの残党は戦犯として全員拘束された。
工場地帯しかなかった市街地にも、様々な露店や店が立ち並ぶようになり、都市の活気も戻りつつある。

ブルーンやマジーヌなども「教育を行う為に必要な様々な書籍や知識の伝授」「突然環境が変わった事で、輪に入れない子供達のサポート」など、多岐に渡ってこれら復興政策を支援していた。

さらにステイシーの「もうこの世界に“一人の王”はいらない」「皆と一緒に世界を変えていく」という判断から、王政は完全に撤廃される事が確定しており、今後は様々な世界の知識や政治体制を学びながら、大統領制や議会制といった“民主制”の方向に舵をきっていくのだと思われる。

なお、かつて侵略した並行世界との関係についても、Vシネクストの時点でゼンカイトピアとは世界間条約を結ぶなど改善が図られており、同作でもクリスタリアとの条約締結打診が物語の発端となっている。

関連タグ

機界戦隊ゼンカイジャー 
トジテンド キカイノイド
並行世界(ゼンカイジャー) 独裁国家 権威主義 選民思想 ディストピア

ジューランド:『動物戦隊ジュウオウジャー』における並行世界。こちらも最終話において人間界と融合している。

メカトピア:名前の似た機械の惑星。こちらも最終的に変革を遂げている。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17431

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました