ピクシブ百科事典

目次[非表示]

教えてくださいっ!!もう好奇心のエンジンがブルンブルンなのですっ!!

イジルデ様…いえ、イジルデ!!貴方は私に、何も教えてくれませんでした…でも私は、今日学びました!これまで私が、どんなに狭い世界にいたかという事を…知る事で、世界は広がるという事を!!

CV:佐藤拓也
スーツアクター:岡田和也
人間態:大橋典之(スピンオフ)

概要

ゼンカイブルーンに変身するキカイノイド
四角い顔に眼鏡をかけ、ボディも他の三人より角ばっており、最上蒼太ボウケンブルーの衣装を彷彿とさせるカラーリングになっている。
頭は横から見ると後頭部がペグハンマーの釘抜パーツやホイッスルの様にせり出しており、そのせいか寝る時はうつぶせ派。

一人称は「私」。常に敬語で話し、まさに四角四面を体で表す委員長気質。驚いたりすると「ややっ」と言うのが口癖。
とにもかくにも好奇心旺盛で、知識欲が絡むとガオーン以上の図太さでTPOを踏み倒す等、マジーヌとはやや方向性が異なるタイプのオタク。
趣味は読書と図書館通いで、図書館には『ゼンカイジャーのブルーンさんも読んでいる!オススメ百冊』というポップ看板がある程通い詰めている。

その知的好奇心故に、疑問に思うと解消出来るまで誰かに食い気味に詰め寄ってはしつこく質問責めにすると言うかなり鬱陶しい悪癖があり、周りからは面倒臭がられている(実際、公式サイトにすら「1000%のウザキャラ」と書かれている)。
知識を披露する時も、映画では歴代戦隊やスーパー悪者ワルドの構成怪人を全部列挙しようとして話が長くなり過ぎてしまい、強引に打ち切られてばかりであった。

マジーヌとは対照的に几帳面で綺麗好きな性格で、整理整頓が得意。駄菓子喫茶「カラフル」でも掃除スキルを遺憾なく発揮している。記憶力も高く、本で読んだ知識のみならず一度戦ったワルドの細部の特徴まで記憶している。苦手な食べ物は春菊らしい。
因みに眼鏡を外すと糸目になって「メガネメガネ…」と彷徨い出す。そのせいかOPやアイキャッチでは一人だけやたらとよろけたりズッコケたりしている。

キカイトピアにいた頃から知りたがりで、あらゆる権力や情報を支配層が独占していた境遇に「庶民の暮らしに甘んじていては何一つ疑問を解き明かせない」と一念発起し、トジテンドに押しかけて従軍を希望した経歴がある。
結果的に雇用自体は認められたが兵士以下の掃除係にあてがわれ、学ぶ機会など何一つ与えられないまま選民思想に毒された幹部や構成員達からはぞんざいに扱われていた。

ちなみに、車の運転をすることができるようで、第18カイ!にて、実際に運転しているシーンを観ることができる。

道なき未知へと駆け出した、飽くなき冒険野郎

第1カイ!にてボッコワウス大王の謁見の間を掃除している最中、キカイトピアと地球が一部融合してしまった話を聞いて幹部たちに質問するが、一顧だにされず突っぱねられてしまう。

組織内でどれだけの期間働いていたかは定かではないが、初対面で五色田介人に名前を訊かれた時に「え?名前……?」と言い淀んでいた辺り、学ぶどころか自分の名前すら忘れる程に劣悪な労働環境下で「掃除係」としか呼ばれず、長期間こき使われ続けて来たと言う超絶ブラックな社畜生活だったのは想像に難くない。
それでいて何も教えて貰えなかった事実は、彼が徒に時間を搾取されるだけの無為な日々を組織内で長く強いられて来たかを如実に物語っている。

第2カイ!序盤でも同様に一蹴されてしまうも、終盤では掃除に立ち入ったトジルギアの研究施設でゼンカイジャーの活躍によってギアに封印されていたキノコトピアが解放される場面を目撃し、続く第3カイ!でも同様にコオリトピアが解放される場面を目の当たりにしてイジルデへ報告に向かう。

そして第4カイ!冒頭にて破壊されたトジルギアの事をイジルデに質問した所、あわや口封じ(折角閉じ込めた世界をみすみす解放しているとボッコワウスにバレれば、確実に大目玉案件なので隠ぺいの為)に処刑されそうになり、命からがら脱走。逃げ延びた地球でもボクシングワルド達に追われる身となってしまう。

そんな逃避行の最中にゼンカイジャーのメンツと出会い、ギアの力で戦う彼らや見知らぬ物事で溢れる地球に興味を抱くと同時に、自分の疑問に親身に答えてくれる介人の心根に感じ入り、己の見聞という世界を広げるべく働き方改革を決意。

自分を「掃除係」としか呼ばないイジルデに対し、上記の台詞を叫んだ後「お別れに私が教えてあげます!私の名前はブルーンです!!」辞表代わりの名乗りを叩きつけてトジテンドを脱サラ、そのままゼンカイジャー最後のメンバーとして初陣を果たした。

それは今までの様にただ教えを乞うだけで満足するのではなく、介人達との触れ合いを通して自分が知った事を教え合う事こそが自分の世界を広げ、ひいては新しい未来に繋がる事を知ると同時に、人生の時間と共に奪われて来た個人の尊厳や誇りを怒りと共に取り戻す意思表示だったと言えよう。

なお、何も教えられなかったとはいえある程度組織の事情は認知しており、トジテンドの動向やトジルギアの存在を彼らに話し、過去にはイジルデの研究グループにイサオとミツコという介人の両親と同じ名前の科学者がいた事実も明かしている。

最終決戦のトジテンドパレス突入時には、持ち前の記憶力もあってパレスの構造をしっかりと把握しており、ほぼ勢いで行った突入作戦において多大な貢献を果たす。その後合流してきたステイシーに対しては、「(ステイシーと同じく)元トジテンドだが、カラフルに住んでいる」という経緯を明かす事で、彼が悩みを吹っ切る最後の一押しとなった。扱いこそ杜撰だったが、掃除係として勤めた経歴は無駄ではなかったのだ。

余談

  • 味方のキカイノイドの中では唯一、名前が元ネタのロボの戦隊の名前をもじっていない。
    • 寧ろ視聴者の中には「名前の由来は『バリブルーン』かもしれない」と推測する人の方が多いくらいである。


  • 彼の戦隊モチーフは『轟轟戦隊ボウケンジャー』だが、彼にとって「知る」と言う行為が正に冒険其の物だと言うのなら妥当なチョイスと言える。


  • 佐藤氏は根っからの特撮オタクで知られており、特にスーパー戦隊シリーズに並々ならぬ愛着を持っていた。
    • 元々ヒーローになりたくて役者の道を目指してたが、身長が低いというコンプレックスから声優としてヒーローになるという道を選んだ同氏にとっては念願の特撮、それもスーパー戦隊シリーズでヒーロー役としての出演である。

  • 報告もTwitterではなくブログで行っており、スーパー戦隊に出演する喜びと覚悟が綴られている。

  • 劇中でブルーンが通い詰めている図書館には某人気アイドルグループのメンバーの名前をもじった札が多く書かれている(恐らくスタッフの中にファンがいるものと思われる)。

  • 韓国での名称は"블루"(ブルー/青)。一人だけ戦隊も車も関係ない、色の名前である。おそらくブルーンとブルーをかけていると思われるが… 因みにブルンブルンという車の音は"부릉"という。どうしてこうならなかった

関連タグ

機界戦隊ゼンカイジャー ゼンカイブルーン
我想う故に夢あり:キャラソン

ゴリサキ・バナナ9年前の戦隊の青いロボット。容姿が類似しており、ロボット形態では大型車に変形する点も同じ。こちらは最初はレンジャーに変身しなかったが後に相棒強化アーマーという形でレンジャーに変身するようになる。

ジョー・ギブケンゴーカイブルー10年前の戦隊の戦隊ブルーで、メンバー入りする前は敵組織の一員だった点でも共通している。

ガルオオカミブルー4年前の戦隊の人間態を持たない戦隊ブルーの先輩。ただしこちらは獣人である。

大石雷太イエローオウルトカッチトッキュウ2号:常に眼鏡をかけている戦隊メンバーの先輩達。特にトカッチとは同じ戦隊ブルーで、生真面目な性格が共通している。

ローラバイス:ニチアサの人外レギュラー繋がり。
変身後戦士名が変身者の名前に由来するのも共通している。(前者は後に人間になれるようになる。)

門藤操ジュウオウザワールド5年前の戦隊追加戦士で、彼も他のメンバーのみならず公式にも面倒臭いキャラとして扱われている。

新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズ同期の仮面ライダーに登場する敬語&イメージカラー及び好奇心旺盛繋がり。

丸尾君:本名、丸尾末男。眼鏡、非常に真面目で堅物な性格、誰に対しても敬語で接する委員長キャラ繋がり。中の人自分の所属していた組織と1年間戦った元天使である。

則巻アラレ:機械なのに目が悪くメガネを掛けているキャラ繋がり。

コビー:最初は悪い奴の下で雑用をさせられていたが、主人公との出会いをきっかけに勇気を振り絞って悪い奴と袂を分かったキャラ繋がり。こちらも眼鏡をかけている点が共通しているが、こちらはその後主人公の仲間にならず主人公と敵対する立場の組織に所属している。

サブノック・サブロ中の人繋がり

戦隊ブルー
押切時雨ブルーン猿原真一

関連記事

親記事

ゼンカイジャー ぜんかいじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブルーン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブルーン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 378230

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました