ピクシブ百科事典

最上蒼太

もがみそうた

『轟轟戦隊ボウケンジャー』の登場人物。ボウケンブルーに変身する青年。
目次[非表示]

概要

演:三上真史

ボウケンブルーに変身する青年。年齢は23歳。特技はギター。

普段は飄々とした優男であるが、危機的状況でも折れないメンタルの強さや食えない一面を持つ。
スパイ。幾つもの企業や国家を崩壊させた経歴があるが、その本質は「命懸けの危険を冒すスリルを味わいたい」という質の悪い願望だった。その後、ある事件(後述)をきっかけに自身が知らぬ間に多くの人々を傷つけていたことや、自分が酔いしれていたスリルには何の価値もないことに気付き、大きなトラウマとなったことでスパイを廃業し、ボウケンジャーへと加入した。なのでスパイ時代の経歴は現在の本人の中では黒歴史扱い。
その為、第3話では三国覇剣を手に入れるためならなんでもしたという「ハイパープログラム社」の山谷一正社長(演:井田國彦)を気にかけていた。なお、同回を見るに「スリルを楽しむ心」自体は失われておらず、動体認識攻撃システムや侵入者捕獲シャッターをスコープショット(薬莢と吸盤ワイヤー)で切り抜けた際には笑顔を見せていた。
一方で、適正のない者が冒険者になることはよしとしておらず、職を捨ててまで冒険者になろうとした島田浩介(演:坂本真)に対しては冒険者を諦めるよう諭していたが、彼がアクセルラーを取り戻すために海に潜ったことを知って彼を認めているなど他人の努力は素直に評価するタイプである。
あくまでも『自己満足によるスリル』ではなく、『みんなが幸せに笑える冒険』に価値を見出しているのだ。

メンバーの中では情報収集を担当している為、知識が豊富であり、メイン画像のポーズで「〇〇って知ってる?」の枕詞からプレシャスに纏わる知識を解説するのがお約束となっている。
一方で仲間の情報を収集してしまうという悪癖があり、菜月からの好感度を下げてしまった事も。おまけにヴリルが自分の姿を真似たために余計に拗れてしまうが、誤解を解くことに成功する。

女性に優しいフェミニストで、敵である風のシズカにもちょっかいをかけていた(『獣拳戦隊ゲキレンジャーVSボウケンジャー』ではお嫁さんランキング候補になったらしい)。外見や気さくで爽やかな性格も相まって実際にモテるようで、デートしていることも多い。
女性をちゃん付けで呼ぶことが多いが、西堀さくらは「さくらさん」と呼んでいる(性格に加えサブチーフという立場も関係していると思われ、敬語で接することが多い)。
なお、香水の匂いから風のシズカの変装を看破したり(第3話)、クエスターによって記憶を具現化された際には「ミス・サージェスのチカ」(※水着の美女です)や様々な服装の女性が実体化する(第23話)など意外と煩悩まみれのようである。ちなみに同回ではボディービルするチーフと真墨の姿まで実体化させている(しかし、あくまでも心をコントロール出来るが故の芸当のようであり、どこまで彼が本気で"女好き"であるかは不明である)。

プレシャス関連でも女性と絡む事が多く、第13話では怪盗セレネー(演:柳沢なな)のプレシャス探しに協力したり、第38話ではある時、代官山の路地裏で保護した三毛猫がプレシャス「虹色の反物」の力で変身した少女・未夢(演:秦みずほ)の一件で、共に暮らすようになった。
(三毛猫としての)未夢に初めて出会った時にキスしてしまった事からあらぬ疑いをかけられてしまった。

かつての相棒・鳥羽祐二(演:窪寺昭)が語るところによれば、かつて崩壊させた国家の姫君の姿が目に焼き付いており、これがスパイ稼業をやめるきっかけになったようである。
恐らく、この一件が彼が女性に優しくするきっかけの一つなのだろう。

余談

名字は江戸時代の普請役の最上徳内からで、名前の蒼は青の別字。

関連タグ

轟轟戦隊ボウケンジャー ボウケンブルー
陽川咲也:同じく女好きのナンパ系後輩戦士。ピンクが姉御キャラなのも同じ。

戦隊ブルー
小津麗最上蒼太深見レツ

ノーチェ(ふしぎ星のふたご姫Gyu!)・・・同じく弦楽器が得意なキャラ。また、女の子(プリンセス)より弱い。(違う意味で。)

関連記事

親記事

ボウケンジャー ぼうけんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「最上蒼太」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「最上蒼太」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87502

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました