ピクシブ百科事典

ジョウガミ

じょうがみ

ジョウガミとは、ダークシャドウが本編で生み出した最初のツクモガミである。
目次[非表示]

「お前達に勝ち目は無い」
CV:佐藤正治

概要

ダークシャドウの頭領である幻のゲッコウ影忍法・ツクモガミ変化の術によって、古い錠前と新しいデータディスクから生み出したツクモガミ本編に最初に登場したツクモガミであり、頭部から右肩にかけてが斜めに傾いた巨大な南京錠となっており、左肩も大きく肥大した円盤の形となっている他、胸部や両膝などにデータディスクが付いた姿をしている。因みに右腕はドリルの様に変形させる事も出来る。
カラーリングも、ダークシャドウのシンボルカラーに倣って全体的に青いが、頭部を中心に大腿部までの右半身が黒い。

錠前の力は「忍法・壁抜けの術」と言う技で、どんな壁でも抜け穴を開けて簡単に忍び込む事が出来る。一方のデータディスクの力の方も、自身の命令を書き込んだそれを飛ばす事により、最新式のセキュリティシステムのプログラムを狂わせて操る等、何れも怪盗向けの能力である。

活躍

プレシャス「三国覇剣」を入手せんとする風のシズカのサポート役を担い、最後の1本である「双股剣」の竹簡の奪取を目論む。
熱烈な三国志マニアでもあるソフトメーカー「ハイパープログラム社」の山谷一正社長がプログラムを組んだ自社ビルのセキュリティーを自身の能力で乗っ取ると、シズカと共に竹簡を入手。其処へ5人揃ったボウケンジャーが現れると、青龍刀蛇矛を合体させた三国覇剣で応戦するも、クライマックスシュートを受け敗北。

直後にゲッコウの影忍法・オオガミの術によって巨大化すると、巨大戦ではダイボウケンを三国覇剣で同じ様に圧倒し、双股剣との合体で真の三国覇剣を復活させようとする。
だが、先程盗んだ竹簡は偽物であり、本物の方はそのままダイボウケンの手に渡ってしまう。そしてパラレルエンジンによって引き出された双股剣の力で2本の武器も単なる竹簡に戻ってしまい、為す術も無くなった所へ止めのアドベンチャードライブを喰らい爆散した。

劇場版にも再生ツクモガミの一員として登場したが、なぜか2体いた。

余談




関連タグ

轟轟戦隊ボウケンジャー ネガティブシンジケート ダークシャドウ
ツクモガミ(ボウケンジャー) 旋風神

鍵道化師:『五星戦隊ダイレンジャー』に登場した鍵繋がりの先輩。
キーロイド:『特命戦隊ゴーバスターズ』に登場する鍵繋がりの後輩。

結界忍者ケッカイ坊:或る意味セキュリティ突破が得意な怪人繋がり。

ジョウガミ→タクミガミ

関連記事

親記事

ツクモガミ(ボウケンジャー) ぼうけんじゃーのつくもがみ

兄弟記事

コメント