ピクシブ百科事典

カナデガミ

かなでがみ

カナデガミとは、ダークシャドウが生み出したツクモガミの1体である。
目次[非表示]

「バーカ。この笛が操れるのは、子供だけではないんだ♪」
CV:津久井教生

概要

ダークシャドウの頭領である幻のゲッコウが、影忍法・ツクモガミ変化の術によって古い鞴と新しいスピーカーから生み出したツクモガミ
他のツクモガミ同様体は青く、頭部や左肩や両脇がアコーディオンの様になっており、右肩の巨大なスピーカーを起点に左腹部までと、両膝の辺りに同様の意匠が見られる。

新しい方の素体の特性として、超高音域から重低音域まで優れたレスポンスを保つグラスファイバーコーンウーハー搭載の最新式スピーカーを使用している。
一方の古い方の素体である鞴は単にメロディを吹き奏でるだけだが、このスピーカーの特性によって鞴のメロディを完璧に再生し、更にチューニングの増幅で生み出した音を「衝ウ撃ハー!の術」によるソニックブーム攻撃に転用する事も可能。
こうした点から前回のカワズガミ同様、メインは新しい素体の能力であり、古い素体の方はサブと言う作りになっている。

劇中ではプレシャスハーメルンの笛」の力を引き出す為に生み出され、その力で子供達を拉致して強力な力を呼び出す贄にしようとした。

活躍

上記の目的の為に生み出されると、風のシズカと共に銀色の笛の音で連れ出した子供達を次々と水晶に変えて拉致して行く。
更に笛の力でレッドピンク以外の3人も操ると、ジャビングレベルを3にする事で対応したレッドとピンクに襲い掛からせる。ピンクは同じ対応策でイエローを正気に戻す事に成功するが、残るブラックブルーを操り3人のアクセルラーサバイバスターで破損させて変身を解除させ、その上で自身も「衝ウ撃ハー!の術」を繰り出し明石に重傷を負わせる。

その後、洞窟で水晶に変えられた子供達を生贄に強大な力を呼び出そうと目論むが、さくら菜月が生身で洞窟に突入。
シズカと共に自身が操るブラックやブルーと迎え撃つカナデガミだったが、さくらの吹く金色の笛の力で子供達を解放されてしまい、ブラックとブルーも正気に戻ってしまった。
そして明石も復活し、ボウケンジャーが5人揃うと再び「衝ウ撃ハー!の術」で攻撃するも通用せず、イエローのバケットスクーパーに怯んだ所へデュアルクラッシャー・ドリルヘッドを受け敗北する。

直後にゲッコウから影忍法・オオガミの術を施されて巨大化
巨大戦ではスーパーダイボウケンを強化版の「特大の衝ウ撃ハー!の術」で攻撃するが全く通用せず、一方的に圧倒された末に止めのダブルアームクラッシュを叩き込まれて爆散した。

余談


  • 『百化繚乱[下之巻]』にて、デザイナーの篠原保氏は「音がテーマだった為、『音声認識で操作する』という事でブイレックスロボをモチーフにした」とコメントしている。


  • 番組の終わりに流れる恒例のコーナー・「今日のスーパー戦隊」では、『電撃戦隊チェンジマン』が紹介された。

関連タグ

轟轟戦隊ボウケンジャー ネガティブシンジケート ダークシャドウ
ツクモガミ(ボウケンジャー) ブイレックスロボ 音属性

スピーカーバンキ2年後に登場するスピーカー繋がりの後輩。

カワズガミ→カナデガミ→ネンドガミ

関連記事

親記事

ツクモガミ(ボウケンジャー) ぼうけんじゃーのつくもがみ

兄弟記事

コメント