ピクシブ百科事典

大神官ガジャ

だいしんかんがじゃ

大神官ガジャとは、『轟轟戦隊ボウケンジャー』に登場する敵組織の総称・ネガティブシンジゲートの一つ、ゴードム文明の指導者である。
目次[非表示]

「私に今時の機械の事を聞くな!」

演:大高洋夫

概要

ゴードム文明の指導者。4万年の眠りから目覚め、ゴードム文明を復活させるべく暗躍する。
石から無限にカースを生み出したり、現代でも建造不可能な巨大ロボを作り出したり、一度見たら忘れないという記憶力に秀でることから、戦隊シリーズでは珍しい技術者タイプのボスである。後述の通り「今時の機械」については苦手にしていたが、時間とともに克服した。

一方、クエスターを引き入れようとして失敗したり、ボウケンジャーに苦戦する描写が目立ったため、指導者・戦略家としては少々心許ない。

第11話ではジャリュウ一族と結託してダイボウケンを強奪したまではいいものの、操作方法が全くわからず、リュウオーンに「ガジャ、これは一体どう操縦するのだ?」と聞かれて、当記事冒頭の台詞を叫びながら、半ばキレ気味に開き直り、視聴者に大ウケした。

最初はシリアスな雰囲気を出していたが、このあたりを境にだんだんコミカルな面を多く見せるようになり、Vシネマ『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』ではツエツエ(『百獣戦隊ガオレンジャー』)やフラビージョ(『忍風戦隊ハリケンジャー』)らと共闘している。四人のカースとともに「ガッジャー電撃隊」を結成しビッグワンを名乗ったこともある。

しかし最後の決戦では意外にも本作のラスボスを務めることになり、ゴードムエンジンをはじめとする数々のプレシャスを体内に取り入れ巨神ガジャドムとなって襲い掛かるが、最終的に敗北する。しかし、辛うじて生きており、「もう一度復活する」との言葉を残し、自らは石化して再び棺の中で眠りについた。

デザインモチーフは、『秘密戦隊ゴレンジャー』の気球型メカ・バリキキューンである。
なお、顔出しの男性レギュラー幹部は、邪電王国ネジレジアDr.ヒネラー以来9年ぶりとなる。

中の人関連

演じた大高洋夫もガジャをかなり気に入っており、自身のTwitterでいつか復活したいとコメントしている。
が、次の記念作品である『海賊戦隊ゴーカイジャー』において、ボウケンジャー枠の過去戦隊敵としての客演を射止めたのはリュウオーンだったため「ずるい! ずるいぞ!」とツイートする事となった。
前述の通り死んではいないので、復活を希望するファンは多い。

そのため一部のファンからは“ガジャ様”という愛称で親しまれている。

関連タグ

轟轟戦隊ボウケンジャー ネガティブシンジケート ゴードム文明

カー将軍魔女バンドーラ害水大臣ケガレシア…『スーパー戦隊シリーズ』において、ガジャと同様に悪役でありながら視聴者に愛された顔出し系敵幹部(ちなみにバンドーラは首領)。

pixivに投稿された作品 pixivで「大神官ガジャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5588

コメント