ピクシブ百科事典

ネガティブシンジケート

ねがてぃぶしんじけーと

Go!Go!Go!ネガティブシンジケート!
目次[非表示]

ネガティブシンジケートとは、スーパー戦隊シリーズ第30作『轟轟戦隊ボウケンジャー』に登場する悪の組織の総称である。

概要

複数の敵組織が並立し、プレシャスを狙って世界の支配を企む。
基本的に対立するが、時には邪魔をするボウケンジャー打倒のため、共同戦線を張ることもある。
複数の敵組織と戦うスタイルは、かつて『特捜ロボジャンパーソン』で試みられたことであるが戦隊シリーズでは初である。

作中に登場する怪人幹部、敵メカたちの造形には『裏モチーフ』として秘密戦隊ゴレンジャーを初めとするスーパー戦隊シリーズ過去作品の戦隊ロボ達がモデル。


該当組織

組織の詳細については、組織のリンク先を参照。

指導者は大神官ガジャ(ファンからはガジャ様と呼ばれる)。海を支配していたが、滅んだ理由は不明。現代よりも遥かに高い科学力を持っている。

頭目はリュウオーン。レムリア文明の幻獣を参考に作られ、頑強な肉体を持つ。

首領は幻のゲッコウ。他の組織とは違い、商取引を行う。敵組織でありながら、極力被害を出さない活動をするのが特徴。

メンバーはガイとレイの2人だけ。元々は、人間と敵対する怪物・アシュであったが、ガジャによって蘇り、ゴードム文明の技術力を盗み、第4の敵組織となった。

余談

本編には登場しないが上記のほかにも多数の組織が存在する。
Task.2では以下の組織が名前のみ登場する。いずれも過去の組織がモデルとなっている。


関連イラスト

本当のボウケンはこれからだ!!果て無き冒険者!!


↑リュウオーンはいません。

関連タグ

スーパー戦隊シリーズ 轟轟戦隊ボウケンジャー
地底冥府インフェルシアネガティブシンジゲート臨獣拳アクガタ(臨獣殿)(幻獣拳)
悪しき魂・・・同じく1作品に複数登場する悪の組織。ただしこちらは交代制。

pixivに投稿された作品 pixivで「ネガティブシンジケート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60853

コメント