ピクシブ百科事典

クエスター・レイ

くえすたーれい

クエスター・レイとは、「クエスター」のメンバーである。
目次[非表示]

「返り討ちにしてやる!」
CV:鈴木千尋

データ

  • 身長:218センチメートル
  • 体重:133.6キログラム


概要

クエスターのメンバーであり、嘗てアシュの1人だったレイボウケンジャーによって倒された後、大神官ガジャによってガイと共にゴードムエンジンを埋め込まれ強化再生した姿。
性格もガイとは対照的に冷静で理知的だが、人間を見下し憎悪している点はガイと一緒である。
クエスターに生まれ変わってからは黄色の模様を宿した黒いメタリックな身体となっており、頭部の形状もアッシュだった頃より虎に近くなったが、アシュの時に見られた腹部の顔と爪の意匠は失われている。

アシュであった頃の「術魂」の力によって幻術や結界を張る能力は健在であり、クエスターにおいてはクエスターロボを開発するメカニック担当。
無論ガイと並んで戦闘力も非常に高く、ネガティブの中でもトップクラス。ボウケンジャーを相手にしても優位に立ち回り、武器として長剣またはショットガンとして使えるグレイボンバーで武装している。

活躍

巨神ガガドムを強奪してガジャの元から離反した後、様々なクエスターロボを開発してはガイと共に操り、数々のプレシャスを奪ってはボウケンジャーを苦しめて来た。

最終作戦では他のネガティブを騙し材料を揃えさせ、更にボウケンジャーにもオウガを差し向けると、その隙に作り出したホムンクルスによって世界中を支配しようと目論む。
その力で一度はボウケンジャーを敗北させるも、ホムンクルスはボイジャーダイボウケンによって倒されてしまう。

最終決戦ではガイとの一騎打ちに臨むシルバー以外の5人と戦うも、最期はデュアルクラッシャーの一撃を叩き込まれ爆散。
死後、映士によって作られた墓に形見としてグレイボンバーを備えられた。

余談



関連タグ

轟轟戦隊ボウケンジャー ネガティブシンジケート クエスター アシュ
牙大王 大いなる獣レイ

関連記事

親記事

クエスター くえすたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クエスター・レイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209

コメント