ピクシブ百科事典

暗黒科学帝国デスダーク

あんこくかがくていこくですだーく

敵は暗黒のデスダーク。奴らは氷だ!砂漠の砂だ!奴らは嵐だ!吹雪の海だ!
目次[非表示]

暗黒科学帝国デスダークとは、スーパー戦隊シリーズ第6作『大戦隊ゴーグルファイブ』に登場する悪の組織である。

概要

大昔から科学技術を悪用した「悪魔の科学」を用いて多くの災いをもたらし、いくつかの文明を滅ぼしたことがあるとされる暗黒科学者の集団。暗黒科学の技術を結集して造られた浮遊要塞「暗黒巨大城デストピア」を本拠地とし、合成怪獣や巨大ロボット、戦闘機デスファイターを繰り出す。

総統タブー

デスダークの支配者。デストピアの謁見の間の曇りガラスの奥に佇み、巨大な目を光らせて幹部を威圧する。その正体は暗黒科学が生み出した究極にして最強の遺伝子。

幹部

デスギラー将軍

ドクロを模した兜を被ったデスダークの指揮官。自らも前線に立ち、戦闘を行なう。短気で冷酷だが、デスダークへの忠誠心は厚い。剣の達人で、ゴーグルレッドをライバル視している。

マズルカ

デスダークの女スパイ。変装が得意で、戦闘以外にも情報収集や誘拐など、幅広い任務をこなす。

イガアナ博士

豪快な性格の科学者。自ら工具を取って動物型の巨大ロボットを作る。
度重なる作戦の失敗により総統タブーの怒りを買い、デスマルク大元帥から「役立たず」と判断されて、第15話でザゾリヤ博士と共に処刑された。

ザゾリヤ博士(第1 - 15話)

冷酷な女科学者。大勢の作業員を指揮して機械の特性を生かした巨大ロボットを作る。
イガアナ博士と同じく度重なる失敗のため見捨てられ、第15話でイガアナ博士もろとも処刑された。

デスマルク大元帥(第15 - 50話)

第15話から登場した暗黒科学の伝説的英雄。2000年の長い眠りについていたが、タブーの命令で蘇生された。強力な暗黒パワーを持つ。性格は冷酷非情で、タブー以外の者には容赦しない。

ベラ&ベス(第15 - 50話)

デスマルク大元帥に仕える侍従で、大元帥とともに復活した。戦闘時には女剣士に変身し短剣を武器にする。

マダラマン

デスダークの兵士。その身体は機械で構成されており、名前の通りマダラ模様の服を着ている。
合成怪獣・コングの製作に携わることもある。

戦力

合成怪獣

通称「モズー」と呼ばれる怪物。動物の能力と機械の能力を併せ持つ。
第34話からは河田博士が作った「ネオメタル」を原子化して結合させて強化し、終盤ではハイトロンエネルギーによって更に強化された。

かまきりもずー
サイモズー
ラトラーターコンボ?
怪人だけど怪獣でもあり。


巨大ロボット

通称「コング」。デスダークが造りだした戦闘用巨大ロボット。
合成怪獣を復活させることのできる「リフレッシュパワー光線」で、ゴーグルファイブに倒された合成怪獣を再生・搭乗させることで稼動し、作戦を続行できるようになっている。
第5話以降は作戦に投入されるモズーを元にその特長・能力が最も発揮できるようにモズーと共通の上半身を持つコングが作られるようになった。
出撃時にはデスギラー将軍が「XXコング出動ーッ!!」の号令で、デストピア側面の格納庫の壁面が開き、足の裏から火を吹き目的地まで自力で空輸される。

デスファイター

デスダークの戦闘機。マダラマンが操縦する。巨大ロボットの援護をすることもある。

関連項目

大戦隊ゴーグルファイブ スーパー戦隊シリーズ
機械帝国ブラックマグマ暗黒科学帝国デスダーク有尾人一族ジャシンカ帝国

改造実験帝国メス・・・書籍『すごい科学で守ります!』(p.34)にて、この組織との関連性が指摘された。
ディスダーク・・・名前がよく似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「暗黒科学帝国デスダーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2678

コメント