2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「〇〇コング、出動!」

概要

デスダークが暗黒科学の力で作り出す巨大ロボットの総称。

暗黒巨大城デストピアの側面にある格納庫の壁が開き、両足の裏にあるブースターでモズーの所まで飛行し、到達後に幹部(主にデスギラー将軍)の遠隔操作による「リフレッシュパワー光線」で蘇生したモズーがコクピットに転送される。

デストピアからの出撃の際、デスギラー将軍は上記の台詞を叫ぶのがお約束となる(第47・48話ではデスマルク大元帥が担当し、第5・47~49話では「出動」「発進」に変わっている)。

コクピット内の天井から伸びている2本の操縦桿を動かして操縦を行い、コクピット内では立って操縦しているように見えるが、席らしき物に座っている。

そのコクピットは頭頂部にあるが、第22話のクジャクコングだけは頭部デザインの関係上、胸部にコクピットがある(リフレッシュパワー光線は通常通りに頭部から放射している)。

下半身は基本的に共通し、当初は脚部のデザインの異なる物が2種類(実際はゴリラコングのみに使用されたものを含めて3種類)あり、話数によって使い分けていたが、第8話以降はヒカリコングと同型の物に統一された。

当初はイガアナ博士ザゾリヤ博士が別々に設計と製造を行い、互いに戦わせた結果で勝利した方に出動させていたが、第4話ではザゾリヤ博士の開発したマンモスコングを共同で強化改造を施し、第5話以降は作戦を実行するモズーを元に作り出されるようになった。

例外的に第16話のヒトデモズーだけはコングに搭乗しなかった(ヒトデコング自体登場していない)。(※1)

名称は「〇〇(モチーフ名)+コング」で統一され、基本的にモズーと同じモチーフ名が付けられているが、第31話のガラガラコングだけはモズーと名称が統一されていない(モズーはガラガラ「ヘビ」モズー)。

第49話に登場した最後の機体・クマコングはゴーグルファイブに最後の戦いを挑む決意をしたデスギラー将軍デスマルク大元帥に逆らってまで操縦許可を迫った(その際、持ち出していたダークビーム砲をデスマルクに突きつけた)結果、その決意を汲んだ総統タブーの許可を得て搭乗した。

※1 ヒトデモズーをデザインした久保氏によれば、「毎週ロボット戦を撮影していると『(『バトルフィーバーJ』や『電子戦隊デンジマン』で前例があったように)たまには1回くらいロボット戦なしの話を作ってみたい』といった思いがスタッフに出てくる」らしい(『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全』p78より)。

一覧

名前モチーフ登場話パイロット
ファンコング送風機第1話カイモズー
ヒカリコング照明第2話トリモズー
ゴリラコングゴリラ第3話タコモズー
マンモスコングマンモス第3・4話クモモズー
カマキリコングカマキリ第5話カマキリモズー
ヤモリコングヤモリ第6話ヤモリモズー
ネココングネコ第7話ネコモズー
ドクガコングドクガ第8話ドクガモズー
バクコングバク第9話バクモズー
ネズミコングネズミ第10話ネズミモズー
シシコング狛犬第11話シシモズー
アリジゴクコングアリジゴク第12話アリジゴクモズー
ナマズコングナマズ第13話ナマズモズー
アンコウコングアンコウ第14話アンコウモズー
ハチコングハチ第15話ハチモズー
カッパコング河童第17話カッパモズー
サルコングサル第18話サルモズー
コウモリコングコウモリ第19話コウモリモズー
サボテンコングサボテン第20話サボテンモズー
シーラカンスコングシーラカンス第21話シーラカンスモズー
クジャクコングクジャク第22話クジャクモズー
カニコングカニ第23話カニモズー
カメレオンコングカメレオン第24話カメレオンモズー
テラノコングプテラノドン第25話テラノモズー
イノシシコングイノシシ第26話イノシシモズー
スイカコングスイカ第27話スイカモズー
サメコングサメ第28話サメモズー
ハエコングハエ第29話ハエモズー
テングコング天狗第30話テングモズー
ガラガラコングガラガラヘビ第31話ガラガラヘビモズー
ヤドカリコングヤドカリ第32話ヤドカリモズー
トラコングトラ第33話トラモズー
ワニコングワニ第34話ワニモズー
ハイエナコングハイエナ第35話ハイエナモズー
ヤマアラシコングヤマアラシ第36話ヤマアラシモズー
ムササビコングムササビ第37話ムササビモズー
サイコングサイ第38話サイモズー
ミミズクコングミミズク第39話ミミズクモズー
セイウチコングセイウチ第40話セイウチモズー
カイココングカイコ第41話カイコモズー
サソリコングサソリ第42話サソリモズー
ミミズコングミミズ第43話ミミズモズー
コンドルコングコンドル第44話コンドルモズー
タヌキコングタヌキ第45話タヌキモズー
スカンクコングスカンク第46話スカンクモズー
ゾウガメコングゾウガメ第47話ゾウガメモズー
チーターコングチーター第48話チーターモズー
クマコングクマ第49話デスギラー将軍
モグラコングモグラ劇場版モグラモズー


余談

次作『科学戦隊ダイナマン』の第44話で同ロボットを思わせるようなネーミングのメカシンカショベルコング)が登場している。

序盤は『勇者ライディーン』の巨烈獣のようにイガアナ博士が猛獣・怪獣型コングを、ザゾリア博士がメカ型コングを設計・製造して競っていた。しかし、第5話以降は「モズーとコングを同形状にする”同調伝達システム”を両博士が共同開発した」という展開になった。

この展開はスーツ製作に2体分の予算が掛かってしまう事からの措置であり、その為にモズーの下半身のデザインは凝れなくなってしまった模様。

その後のスーパー戦隊シリーズで巨大化戦力を別形態にする設定の場合、一般怪人を固定にしたり、「同形機」という設定でカラーリングの変更パーツ替えをする、巨大化戦力の個体数をえる(最大10体程度)などの手法で予算内に収めている。

デザインコンセプトは、脚部の形状から分かるようにモビルスーツの影響が大きい。

関連タグ

大戦隊ゴーグルファイブ 暗黒科学帝国デスダーク 巨大ロボット 合成怪獣
悪魔ロボット:『バトルフィーバーJ』の敵ロボット。等身大の怪人にそっくりな巨大ロボ繋がりだが、あちらは自動操縦の為に怪人が乗り込む必要はない。

晦正影:『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の敵幹部。自分そっくりのロボットに搭乗する点は似ているが、あちらは縮小化した本体が自分そっくりに作った等身大のカラクリボディに乗り込んで操縦している。
ダイワルド:『機界戦隊ゼンカイジャー』に登場、等身大怪人の上半身+毎回使い回した下半身から構成戦隊側巨大戦力が3人構成など共通点が多い。

巨大戦力
悪魔ロボットコングメカジャイガン/ネオメカジャイガン

関連記事

親記事

暗黒科学帝国デスダーク あんこくかがくていこくですだーく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コング(ゴーグルファイブ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「コング(ゴーグルファイブ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 659

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました