ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

硬骨魚綱・シーラカンス目(または「空椎目」)に属する魚類の総称。
胸鰭と腹鰭が四肢動物の肢に似た柄の先についていること、真の尾鰭が小さく背鰭と尻鰭が尾鰭のようになっていること、軟骨の管からなる脊椎が特徴。シーラカンスという言葉は古代ギリシア語で「空っぽの魚の骨」という言葉からくる造語であり、これが後に正式な分類名として認められるに至った。

シーラカンス類は古生代に出現し、白亜紀に絶滅したと考えられていたが、1938年、南アフリカ東海岸で漁師のおっさんが仕掛けた網に引っ掛かっていた生きたシーラカンス類が発見され、発見者の名前と発見地に因んでラティメリア・カルムナエと言う学名が付けられた。

「生きた化石」の代表格であり、長年変わらないものに対する比喩として使われることがある。
「生きた化石」はさほど稀有な存在ではなく、例えばゴキブリなどもそうなのだが、シーラカンスの場合は、とうに絶滅したと思われていたものがそのままの姿で発見された、という劇的な経緯から、その代表格として扱われている。シーラカンスが進化しなかったのは、自然界にほとんど天敵はおらず、環境の安定した深海(ただし水深100m付近に多いとされ、地味に定義的な意味で深海魚ではない)で生きていたため変化する必然性がなかったことによると推測されている。

現生のシーラカンス

一般にシーラカンスと呼んだ場合はアフリカ東海岸沖のインド洋に現在も生息する「ラティメリア・カルムナエ」を指す事が多い。現存種としては他にインドネシア沖に生息する「ラティメリア・メナドエンシス」と言う種がある。

ラティメリア・カルムナエは全長約1.5m。肉食性で、全身が青褐色を帯びた分厚い鱗で覆われている。生態調査では基本水流に身を任せ漂う姿が確認されているが、あまり能動的に活動しないためか肉の味は水っぽくてとても不味いそうで、食用的な利用価値はないという。卵胎生で、長寿であると考えられている。

天皇との関係

昭和以降2代続けて生物学者でもあった現代天皇達とも縁のある魚である。

解剖に立ち会う。元々健啖家でもあり、気になったのか学者たちに「食べていいの?」と質問して侍従たちに必死で止められる。

解剖に立ち会い、同席した学者たちに「本物の学者だ」と感心させるほどの専門的知識がなければできない質問ややり取りを行った。

シーラカンスが登場する作品

独特の外見から人気が高く、クリーチャーのモチーフからギャグ要員まで意外と多芸。特撮の怪人の題材としても何度か採用されている。

ゲーム

  • ゲーム『moon』ではアニマルの一体であるトットテルリのモチーフである。トロピカルフィールドを泳いでいる骨魚の群れを集めて、キノコの森のカクンテ人の儀式を経て復活する。


  • 海洋生物を模した巨大戦艦と戦う業務用シューティングゲームダライアス』シリーズでは、シーラカンスを模した戦艦がボスとして登場し、シリーズの常連となっている。作品によって外観や武装は様々だが、共通して「フォスル(FOSSIL:化石)」の名を冠するのが特徴。中でも『Gダライアス』の「クイーンフォスル」は1画面に収まりきらないほどに巨大であり、プレイヤーの友軍艦隊をレーザーの斉射や体当たりで蹴散らしたり、雲海から飛び跳ねて再び雲海に潜るなど登場シーンから撃破に至る流れまでインパクト抜群。


  • どうぶつの森』シリーズでは海水魚で唯一の皆勤種であり、売却値も魚で最も高額、そのうえ出現率も非常に高く金策として優秀だった。流石にまずいということなのか『e+』以降の作品ではかつて乱獲されたことにより数が大きく減ってしまったという設定が付けられ、大幅に出現率が下げられてしまっている。

  • ゲームDr.マリオ』のゲームボーイ版では、レベル20をスピードHIでクリアすると、UFOに引き上げられるウイルスをシーラカンスが食べるという画面がある。

ゲーム以外


  • 押井守によるアニメーション映画『天使のたまご』では象徴としての魚として登場。存在自体が影であり、いくら漁夫が銛を投げても石畳やレンガの壁に跳ね返り刺さらない。


  • 漫画鬼灯の冷徹』では獄卒として登場し、亡者を折檻、呵責している。なお、この作品に登場するシーラカンスは、UMAおとぎ話のキャラクターとして認知されたがっており、これらの人物が集うコミュニティに無理やり乱入しては追い出されている。また、この話では「閻魔大王が「シーラカンス丼」を食う」というシーンがある。(アニメ版では骨まで食べられている)…こまけぇこたぁいいんだよ

  • 漫画『波打際のむろみさん』では、古生代にえっちらおっちら上陸しようとしていた所をむろみさん逆切れして海に放り込んだことで彼女を恐れ一族郎党深海に逃げ込んだ、ということになっている。

  • 漫画『ボボボーボ・ボーボボ』に登場するスズは、軍艦を倒しに来たボーボボを追跡中、板前に扮したボーボボが手料理と称して振舞ったシーラカンスまるごと1匹を完食した。ファンブック『ボボボーボ・ボーボ本』で紹介されている彼女の特技は「シーラカンスの踊り食い」である。

  • アニメ『千と千尋の神隠し』では、主人公・荻野千尋の両親が勝手に食べてしまった「神々に振る舞うはずの料理」の中に丸いぶよぶよの謎な料理が混じっており、その正体はシーラカンスの胃袋という設定になっている。
    • これは2001年の映画公開から2020年に米林宏昌氏が暴露するまで、19年にわたってその正体は謎であった。それまでは形のよく似た「肉圓」という台湾料理なのではないかという説が唱えられていた。

シーラカンスの胃袋だと判明した謎のブヨブヨした食べ物




関連タグ

生物 古生物 化石 生きた化石 深海 古代魚
コエラカントゥス ジーランス
アクアマリンふくしま……シーラカンスの研究で有名な水族館。
ダライアス キングフォスル/アイアンフォスル
シーラカンスキッド シーラカンス怪人 
シーラモンガー シーラカンスモズー シーラカンスカンス
シーコンズ

鳥山明・・・かつて週刊少年ジャンプ内の企画でシーラカンスを実食している。
デボネア・・・三菱自動車のリムジン。22年にわたりモデルチェンジが行われなかったことから、「走るシーラカンス」と呼ばれた。
SR400・・・ヤマハのバイク。40年以上にわたり基礎設計を変えずに生産されていることから、やはり「走るシーラカンス」と評される。ただし、モデルチェンジできなかったデボネアとは異なり、こちらはあえてクラシカルな雰囲気を狙って設計されたものなので、シーラカンスという評価に込められた意味は大幅に異なる。

関連記事

親記事

ラティメリア科 らてぃめりあか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シーラカンス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シーラカンス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1051961

コメント