ピクシブ百科事典

シーラカンス怪人

しーらかんすかいじん

シーラカンス怪人とは、仮面ライダーBLACKに登場する改造人間。
目次[非表示]

CV:岸野一彦
人間態:井上高志

概要

仮面ライダーBLACK』第24話「女子大生の悪夢」に登場。

シーラカンスは人類以前に存在した高等な知的生命体というトンデモ学説を信じて疑わないゴルゴムメンバーの1人である東星大学教授を務める魚類学者の高山教授がゴルゴムに何らかの利益をもたらし貢献した功績が認められ、自身の学説の正しさを証明する為に自身の細胞にシーラカンスの遺伝子を組み込んで誕生したシーラカンスの能力を持つゴルゴム怪人

劇中で確認される数少ない現代人がベースとなった改造人間と明言されている怪人ではあるが、未だ人間だった頃の姿に未練を持っている為、薬を使って人間としての姿を保ち、何食わぬ顔で大学に勤め続けていた(その為、三神官たちからは出来損ないと蔑まれ、また、脅迫の材料として薬を利用されたりもしている)。

ゴルゴムの文明破壊作戦の先鋭となる女戦士の育成を目論み、夜な夜な怪人態の姿で街に出没しては男は殺害し、目を付けた女子大生を拉致して自身の研究所へと強制連行して女戦士への改造の為の実験を繰り返していた。
また、それ以前にも文明破壊工作員の育成の為に(おそらく物語の始まる7~10年程前)目ぼしい少年たちを拉致して成長停止剤を投与しゴルゴムの少年兵士たちの育成をも行っていた模様。

水中を高速で泳ぎ回る事ができるほか、大人を易々と投げ飛ばせる怪力を誇り、両腕や全身から強力な生体電気を放電して敵を感電死させる能力を持つ。
また、自身の体を光球にしての体当たり攻撃や強固な鱗を手裏剣の様に投げて敵を攻撃する。

実験場の処刑場にて不適合の女子大生たちを人質に南光太郎BLACKを迎え撃ち、放電能力でブラックを苦しめ一方的な優位に立ったかに見えたが、ブラックが起死回生を賭けて放ったライダーキックの直撃を受け爆死した。

余談

人間体・高山教授を演じた井上高志は後に『仮面ライダークウガ』で主人公・五代雄介の小学校時代の恩師・神崎昭二を演じている。

関連項目

ゴルゴム怪人 ゴルゴム シーラカンス 仮面ライダーBLACK

関連記事

親記事

ゴルゴム怪人 ごるごむかいじん

兄弟記事

コメント