ピクシブ百科事典

ジーランス

じーらんす

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.369
英語名 Relicanth
ぶんるい ちょうじゅポケモン
タイプ みず / いわ
たかさ 1.0m
おもさ 23.4kg
とくせい すいすい / いしあたまがんじょう(かくれとくせい)


概要

名前の由来は、恐らく「+シーラカンス」で、その名の通りシーラカンスの姿をしたポケモン。
深海を調査中に偶然見つかった。海底を這い回ったり、歯のない口で微生物などを食べている。身体中が脂まみれなので海底の水圧にも耐える事ができる。また、1億年前から姿が全く変わっておらず、曰く生命体として完成されているからという超設定を持つ。ちなみにジーランスという名前は発見者の名前を文字って付けられたというポケモン世界でも異色な名前の由来が判明しているポケモンでもある。実際のシーラカンスの原生属も生物学者の名前に由来している。

一応は古代生物モチーフで結構古い時代のポケモンなのだが、同じく古代種とされるマンムーメガヤンマモジャンボ同様に化石として登場したことはない。

糸目でいわタイプな所がなんとなくタケシを彷彿させる。
そのためか、HGSSではタケシの手持ちに加わっている。

HGSSで現実となったわけですが


ジーランスのジーはガッツのG、グレートのGである、多分ね。

現在生き残っているシーラカンスは、普段は海底で逆立ちしており、近くを通った捕食している。
現在発見されている種は深海産だが、過去栄えた時代では淡水或いは浅海に生息していたと思われる。

レジ系を目覚めさせるために必要なポケモンでもある。

ゲームにおける特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
10090130456555


ステータスは防御とHPが高め、攻撃力はそこそこといったところ。
初登場の「ルビー・サファイア」時はいわタイプの技の威力の低さやみずタイプ技が特殊扱いだった事から日の目を見なかったが、
ダイヤモンド・パール」で威力150のもろはのずつきを習得、しかもいしあたまなら反動なしで撃てるようになり、強力な物理アタッカーと化した。

いわタイプで「もろはのずつき」と「いしあたま」持ちには他にもボスゴドラガチゴラスウソッキーがいるが、複合タイプが違うためあまり気にしなくていいだろう。

同タイプの特性すいすいの物理アタッカーにはカブトプスがいるが、ジーランスは前述のもろはのずつきや、カブトプスは覚えないじしんも使えるなど扱い方はむしろいわタイプ寄りである。
また、すいすいで雨パに組んでも十分優秀だが、ジーランスの場合は雨パよりも砂パの方が活躍できる。
なぜなら、雨パで組むと前述のカブトプスに見劣りするのもあるが、HPが高く特防が低めというステータスの配分の関係上、すなあらしでイマイチだった特殊耐久も上昇し、伝説のポケモン級の特殊耐久にまで化ける為である。
体重が軽いおかげでくさむすびがあまり利かないのも大きい。
また、素早さは遅いものの準速でもロックカット一回で最速140族を抜く事が出来る。

主な使用トレーナー


関連イラスト

Relicanth
ダイビング



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧

関連記事

親記事

みずタイプ みずたいぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジーランス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133469

コメント