ピクシブ百科事典

レジスチル

れじすちる

レジスチルとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑 No.379
ぶんるい くろがねポケモン
タイプ はがね
たかさ 1.9m
おもさ 205.0kg
とくせい クリアボディ


※クリアボディ:相手に能力を下げられない。自分の技による能力低下は防げない

他言語版の名称

英語 Registeel
イタリア語Registeel
スペイン語Registeel
フランス語Registeel
ドイツ語 Registeel


容姿

ロボットの様な外見をしたポケモン。二足歩行をして、中央のコア部分を守る様に外殻で覆われている。
指は3本である。コア部分の中心には、他のレジアイスレジロック同様の点字の様な模様がある。
基本的には、外殻部分はで中央のコア部分と腕部分は色である。
金属の体のためパット見はロボットっぽく見えるが、実際には機械的要素は一切持たず、ゴーレムのそれに近い。

概要

『ポケットモンスタールビーサファイア』(第3世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は、恐らく「レジ(レジェンド:英語で"伝説"またはレジーナ:イタリア語で"女王") + スチール(鋼鉄)」
謎を解いて入った「こだいづか」にゲーム上一匹だけ存在する。

『ポケットモンスタープラチナでは、映画ギラティナと氷空の花束 シェイミ
前売券に付属する引換券で受け取ることが出来たレジギガスが手持ちにいると、「こうてつじま」
のある部屋が遺跡に変化し、そこにレジスチルが現れる。

昔の人々によって封印されたホウエン地方の伝説のポケモン。
体を構成する金属は、地球上には存在しない物質で出来ているらしく、その体は地底の圧力で鍛えられ、どんな金属より硬く傷一つ付かない。
その上その金属は硬いだけでなく伸縮性にも優れている。また、調査の結果、体の中は空洞である。
(実際、バトレボなどでははがねタイプとは思えないほどグニグニ動く)
 
初登場した際は創造者は不明だったが、後のシリーズでレジギガスによって特殊なマグマによって創られた事が判明した
RSE』以来、交換・配信以外での入手方法が長らく無かったレジスチルであるが、ついに『ポケモンBW2』にて久々に登場することとなった。
殿堂入り後、レジロック捕獲後に入手できる「くろがねのカギ」というアイテムを使うと、レジロックのいた部屋にレジスチルが現れてバトルができるようになる。
「くろがねのカギ」は初期ではブラック2のみで入手でき、ホワイト2では通信で鍵を交換すると入手ができるようになる。
ようやくの再登場に彼(彼女?)のファンは感涙ものだろう。

大乱闘スマッシュブラザーズforWiiUでは、カロスポケモンリーグ」の銅鉄の間に低確率で出現する。
彼(?)が現れると合図と共に2本の剣が回転しながら動き出し、それに当たるとダメージを受ける(地上にいた場合は落とし穴に落ちた状態で埋まる)。

レジ系で唯一コラボゲーム『ポケモン+ノブナガの野望』に出られた。伝説系はユニークブショーのベストリンクに決め打ちされているためか、レジスチルもやはりユニークブショーのベストリンクである。

第6世代クチートフェアリータイプを獲得したことにより、現在では第3世代出身のポケモンで唯一のはがね単タイプとなった。

都市伝説

3体が戦争を意識してのデザインであるという都市伝説については、その反論も含めてレジ系の項を参照。

ゲーム上の特徴

他のトリオであるレジアイス、レジロック同様に非常に「ぼうぎょ」・「とくぼう」が高くなっている。
その上で純粋なはがねタイプの為、多くのタイプに耐性を持っており、まさに"難攻不落の要塞"と呼べる。
特性のクリアボディのおかげで自慢の耐久力を下げられないのも嬉しいところ。
反面こうげき・とくこうはそこそこで、「すばやさ」は壊滅的である。
しかし、こうげき・とくこうとぼうぎょ・とくぼうの数値がそれぞれ同じであるため、レジ3体の中では最もバランスが良い。
物理方面特化のレジロックと特殊方面特化のレジアイスの中間といえる。

その恵まれた耐久力をさらに生かす為に「ドわすれ」、「てっぺき」などで耐久力を挙げた上で安定して潰すスタイルがオススメ。
物理技は「アイアンヘッド」、「じしん」、「アームハンマー」、「だいばくはつ」など、
特殊技としては「ラスターカノン」、「10まんボルト」、「れいとうビーム」などが候補として挙げられる。コメットパンチ」はおぼえてくれない
補助系の技では、「ステルスロック」、「どくどく」、「でんじは」など。
「すばやさ」を捨て、非ゴーストタイプ版「のろい」によりステータスを上げる戦法との相性もいい。

弱点としては、「耐久力を上げて相手を倒す」というスタイルの為、「ほえる」による強制交代や、「ちょうはつ」によってステータスを上げるのを妨害されるなどの弱点が存在する。その他、そもそもの仕様として急所に当たるとこれらの防御側に有利な、攻撃側に不利な積みの上昇効果が無視されてしまう。どうしても長期戦になりやすく、急所率自体は1/16と低いとはいえ決して軽視できる確率ではない。回復技を「ねむる」以外で持たない為とにかくスキだらけになりやすい。素の攻撃力が伝説最下位クラスで極めて低く、相手側の積み技の起点にもされやすい。はがねタイプは耐性は優秀だが、それ故に対策を取っているトレーナーも多く難しいところである。ステータスの変動を無視する「せいなるつるぎ」を覚えるコバルオンテラキオンビリジオンギルガルドは天敵と言ってもいい。

苦手な相手こそはっきりしているが、硬さでは他のどのポケモンにも引けを取らないので使う価値はあるだろう。

ポケモンGOでは

⊂WMレジスチル⊃


2018年7月に実装。レジアイスに次いで、レイドボスとして登場。レベルは最高の★5。
他の伝説ポケモンと同様、レイドバトルに勝利した後のゲットチャレンジでのみ捕獲することが可能である。

持ち前のぼうぎょの高さから、ボスとしてはかなりタフな部類だが、ゲットした後の性能は残念ながら悲惨としか言いようがない。
種族値は同じレジ系のレジアイスよりも一回り低く、攻撃力は全伝説ポケモン中ワースト
ジムの防衛に使用することができないが故、「こうげき」が重んじられる伝説ポケモンとしては致命的である。

どうしてここまで悲惨になったかというと…

  • ポケモンGOのシステムに向かない種族値配分
    • ポケモンGOでは「こうげき」のパラメータが重視されるが、「レジスチル」のこうげきは前述の通りとても低い。
    • 原作の種族値のうち、「攻撃」「特攻」のうち高い方だけがポケモンGOの「こうげき」のパラメータに影響する。「防御」と「特防」についても同様。レジスチルは原作では「攻撃」=「特攻」、「防御」=「特防」の両刀型であったため、種族値がごっそり切り捨てられてしまったのである。
  • わざの問題
    • スペシャルアタックの技のラインナップが悲惨。唯一のタイプ一致技であるラスターカノンがフルゲージ消費であるにもかかわらず威力がたったの100と残念性能である(一応技の出が早い利点はあるが…)。
    • はがねタイプの技を揃えたとしても、弱点を突けるのはいわこおりフェアリーと、マイナーなタイプばかりである。特に、いわとこおりに関してはわざわざはがねタイプを用意しなくとも、カイリキー等のかくとうタイプのアタッカーを用意すればそれで十分事足りるため、そもそもはがねタイプのポケモンを用意する必要性すら薄かったりする。

現状では、メタグロスどころかボスゴドラでも十分代用可能な性能なので、バトルに出す機会はまず無い(それ故かレイドそのものの人気も伝説ポケモンの中ではスイクンと並んでぶっちぎりで低く、都市部でも全然人が集まらないなんてこともザラ)。

あくまでも図鑑の穴埋めやコレクション用として割り切った方が良いだろう。

関連イラスト

Legesteel
たいちょうっ!!


れじれじれじれじ

 

主な使用ポケモントレーナー


関連項目

ポケモン ポケモン一覧
伝説ポケモン レジ系 レジロック レジアイス レジギガス
クチート ギギギアル
RSE DPt ポケモンBW2 ORAS

                  ← レジアイス 〈レジスチル〉 ラティアス →

Registeel

pixivに投稿された作品 pixivで「レジスチル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 907662

コメント