ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ポケットモンスターエメラルド』で登場する「バトルフロンティア」の施設の一つ「バトルピラミッド」のフロンティアブレーン。肩書きは「ピラミッドキング」。
冒険好きで若い頃には命がけの冒険を繰り返してきた。非常に熱い性格で、勝負に勝っても負けても相手を激励する。というか明らかに元ネタは藤岡弘、
伝説ポケモンばかり使用するが、実は弱点タイプに偏りがある。銀では格闘タイプを、金では岩タイプを連れていくといい。

使用ポケモン

銀シンボル時

金シンボル時

アニメ


アニメにおいて

CV.小室正幸
アドバンスジェネレーションでは最後のフロンティアブレーンとして登場する。
1回目では遺跡に封印されていた古代の『ポケランティス王』の魂に憑りつかれたサトシと1対1でバトル。
この時はレジロックを使用し、審判を盾にするなど姑息な手段を使う王の魂のやり方にも動じず「ロックオン」からの「はかいこうせん」でジュカインを破った。
バトル後サトシに対して、「王の魂に操られたのは己の慢心が原因だ」と指導し、直後に自分の未熟さを反省したサトシが公式戦を志願した際は心身ともに鍛え直すことを条件に承諾した。

2回目も1対1でこの時はサトシのコータス相手に相性で不利なレジスチルを使用。
自分が放った「すなあらし」を逆に「ねっぷう」で押し返され、さらに「のしかかり」で大ダメージを受けるもなお耐えて「ロックオン」と「でんじほう」で倒し、勝利する。

3回目は4対4のバトルで上記の通常ポケモン3匹に伝説レジアイスを加えた構成。
サマヨールの「くろいまなざし」やテッカニンの「すなかけ」による目つぶしなどで互角のバトルを繰り広げる。
アンカーのレジアイスは自らの技で足元を凍らせて滑りやすくしたり、ピカチュウを氷に閉じ込めその間に「ねむる」で体力回復するなど、なかなかの難敵ぶりを見せる。
しかし「ねむる」が解けてからの反撃があと一歩間に合わず、ピカチュウから「ボルテッカー」を食らい、ついにサトシに白星を献上することとなった。

また、ダイヤモンド・パール編では、トバリ兄弟に大きな影響を与えた人物である。詳しくは→シンジ レイジ
キッサキしんでんの調査に出向いた先でシンジから6対6のバトルを申し込まれる。
先発のレジロックはハリテヤマの「つっぱり」連発を耐え「でんげきは」を食らわせたり、さらにシンジの主力であるエレブーの「かわらわり」も耐え、さらに「まもる」でも防ぎきれない「ストーンエッジ」を放つなど、瞬く間に2タテ。

レジアイスは「れいとうビーム」でコドラを凍らせて一度も攻撃させずに沈め、さらにリングマの「アームハンマー」を「きあいパンチ」で打ち消し、続いて「でんじほう」の追加効果で「きあいだま」の発射を阻止した。

レジスチルに至ってはブーバーの「かえんほうしゃ」、ニドキングの「だいちのちから」「にどげり」「10まんボルト」を立て続けに食らってもまだ立っており、「アイアンヘッド」でブーバーをひるませ、ニドキングを戦闘不能に。
結果、手持ちを1匹も倒されることなく、シンジに完封勝ちした。
とはいえ、物語がまだ中盤だった故にエレブー、コドラ、ブーバーはまだ最終形に進化しておらず、他の手持ちも序盤で捕獲したリングマなど、サトシのリザードン達に比べると手持ちのレベルは十分ではなかったのかもしれない。
また、当時のシンジは兄のことで焦っていたため、バトルの途中から冷静でなかったことも敗因の一つだと思われる。

因みに、トバリ兄弟と顔が似ているため、一時期は「親子ではないか」という噂があったが、血の繋がりは無いことが判明した。



関連タグ

ポケモントレーナー フロンティアブレーン
ポケモン RSE

関連記事

親記事

フロンティアブレーン(ホウエン) ほうえんちほうのふろんてぃあぶれーん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジンダイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136927

コメント