ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ニドキング

にどきんぐ

ニドキングとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0034
カントー図鑑No.034
ジョウト図鑑No.100
コーストカロス図鑑No.109
カンムリ雪原図鑑No.070
ローマ字表記Nidoking
ぶんるいドリルポケモン
タイプどく/じめん
せいべつ100%♂
たかさ1.4m
おもさ62.0kg
特性どくのトゲ/とうそうしん(第4世代から)/ちからずく(隠れ特性)
タマゴグループかいじゅう/りくじょう

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語ニドキングneedle(英語で針)+king(英語で王)
英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・イタリア語Nidoking日本語名に同じ
韓国語니드킹日本語名の音写
中国語尼多王日本語名の部分的な音写+王(wáng)
ロシア語Нидокинг英語名の音写
タイ語นิโดคิง日本語名の音写
ヘブライ語नीडोकिंग英語名の音写
リトアニア語Nidokingas英語名より

進化

ニドラン♂ニドリーノ(Lv.16)→ニドキング(つきのいし)

032 ニドラン♂ 033 ニドリーノ 034 ニドキング


概要

第1世代『ポケットモンスター 赤・緑』から登場するつきのいしによってニドリーノから進化した技のデパートであることに定評があるポケモン。

名前の由来は「Needle(針)+King(王)」。と思われる。


尻尾の力が強く、相手の背骨をいとも簡単にへし折ってしまい、叩きつければ電柱をもマッチ棒のように折れ曲がる。頭部に生えた角はダイヤモンドをも突きさし、手足の力も強いなど基本的に守る事に重きを置いたニドクインよりも攻めに特化した生態が解説されている事が多い。


1.4m

見た目によらず高さは1.4mで意外と小さいと思われがちだが、前傾姿勢で尾を含まない高さ(主人公との高さ比べでほぼ同サイズな為)なので技を使った時等の雄叫びを上げた仰け反った姿や身長に近いサイズを誇る太い尾があるので目の前に居たら実際の迫力は結構なものだと思われる。現実でもヒグマツキノワグマがこれより小さいにもかかわらず、例年凄惨な人的被害をもたらす事を考えると十分過ぎるサイズである。


当初の公式イラストでは瞳がかなり鋭かったが、アニメ以降は若干可愛らしい目になった。

  • 硬い皮膚に覆われており、その頑丈な身体を生かした接近戦が得意。だが、赤緑の説明は「皮膚は石のように硬い」、ピカチュウ版の説明は「皮膚は鋼のように硬い」ともろに比喩が食い違っている。……一体どっちなんだ。

ちなみに、何かと攻撃面の説明が多かった彼だが、ソードのポケモン図鑑でようやくニドクインとの関係について触れられており、長年連れ添った奥さんの前ではデレッデレの表情を見せるのだという。

いい夫婦の日

初期はかなり寸胴体系だったが、現在はスリムにアレンジされたデザインとなった。怪獣系統のポケモンたちの中ではバンギラスとトップ争いをする程の人気ぶりである(pixivタグ検索調べ)。身長はブッチギリの低身長だが。


色違いは水色。ニドクインと色を取り換えっこしたかに思えるが、当のニドクインの色違いは緑色。どうしてこうなった。ニドリーナまでは紫なのに何故だろう・・・。

また、奥方よりも角が長いが顎が弱いのだろうか?奥方よりも角を使う技を覚えても顎を使う技が少ない。頭突き系のデメリットがある別の技をそれぞれ覚えるが。


ポケモン川柳全百科では名前でいじられており、ニドラン♂「ゼロキング」ニドリーノ「イチドキング」を名乗り始めている…しかし、ニドランが一生でキングに進化できるのはあくまで一回であり、二度キングになったという訳ではない。「まあ、2回進化してニドキングに至ったんだし、間違ってねーんじゃねーの?」と突っ込まれたらそこまでだが。


ゲームにおける特徴

入手方法





サカキのニドキング

サカキとニドキング

ロケット団ボスでトキワのジムリーダー・サカキも手持ちにしており、有名である。


ポケモン初代ではLv45で繰り出してくるが、技構成は「たいあたり」「つのでつく」「どくばり」「あばれる」と貧弱。ピカチュウ版ではLv53と高く、「じしん」や「かみなり」を搭載しているので生半可な手持ちで挑むと返り討ちにされる。リメイクVerのFRLGではLv45で「にどげり」「どくばり」「あばれる」「じしん」、LPLEではLv49で「じしん」「つのドリル」「メガホーン」「どくづき」となっている。


BW2では、カントーリーダーズ時にはシュカのみ持ち・「ヘドロウェーブ」「だいちのちから」「メガホーン」「ふぶき」だが、ワールドリーダーズではこだわりメガネ持ち「だいちのちから」「10まんボルト」「かえんほうしゃ」「れいとうビーム」となっている。


USUMでは、Lv68で「じしん」「どくづき」「じごくづき」「アクアテール」となっており、他の手持ち同様にマスターボール入りである。


後述する『ポケモンマスターズ』では、キョダイマックスできないポケモンでありながらダイマックスする珍しいバディーズとなった。また、サカキもニドキングをモチーフにした衣装(マジコス)を着ている。


性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第1世代8192777585410
第5世代まで819277857585495
第6世代から8110277857585505

※第2世代以前の「とくこう」・「とくぼう」は「とくしゅ」に纏められていた。


防御型のニドクインに比べこちらは攻撃面と素早さに長けたステータスを持つ。設定では防御面も硬いという設定だが、防御面はやや平均的といった所。ステータスはこうげきが高い以外は平均的ながら、ニドキングの強みは前述通り豊富な技のレパートリーにある。


全18種類のタイプのうち、16種類のタイプ技を覚えることができる器用なポケモン(ちなみに覚えられないのはくさフェアリーの2タイプ。くさタイプは一応「めざめるパワー」があるが、この技はフェアリータイプにならない。第四世代でしぜんのめぐみを覚えさせてアッキのみかロゼルのみを持たせることでフェアリー技も使える。)。


物理技はタイプ一致のじしんどくづきに加え、ストーンエッジ」「いわなだれ」「もろはのずつき」「メガホーン」「ふいうち」「かわらわり

特殊技の方もだいちのちから」「ヘドロばくだん」「ヘドロウェーブを筆頭にれいとうビーム」「10まんボルト」「なみのり」「だいもんじ」「シャドーボールなど非常に多彩。

さらには進化前に覚えられる一撃必殺技つのドリル、補助技でもちょうはつ」「どくびし」「かなしばりなど他のポケモンとも比べ物にならない程技に恵まれている。

その驚異的な習得技(と、小柄である事)から、誰が呼んだか技のデパートの異名を取る。惜しむらくは、積み技が「つめとぎ」しかない事か。


習得技の豊富さもさることながら、「どく」と「じめん」の組み合わせは攻撃面における補完が優れており、タイプ一致技を使い分けて殴るだけでも十分に強力。そこに前述の技範囲の広さ、更には特性「ちからずく」との相性が良いいのちのたまの火力補正が加わると、受けるのはなかなか難しくなる。


第1世代

98カップでは決勝大会でこそ使われなかったが、地区予選ではそこそこベスト8に残るなど健闘。入賞数では97カップでも決勝大会に残っていたゴローニャに肉薄するほどであった参考97カップ、98カップ決勝大会でのエントリーポケモンが使用できない99カップでは、決勝大会優勝メンバーに輝く。当時から極めて豊富な技、一撃必殺技を武器に活躍したのである。当時の99カップのじめんタイプにしてはそこそこ俊足な上に「とくしゅ」の数値も高かった。


第2世代

実機版世代展開期にはこれといった実績はなかったが、長期戦が横行するVC版環境では一撃必殺技による打開と「でんじは」「どくどく」無効の耐性から一定数使われる。


第5世代

隠れ特性に「ちからずく」が追加。この特性は、追加効果のある技の追加効果が発動しない代わりに技の威力が1.3倍されるというものだが、ニドキングの場合は覚えられる特殊技の殆どにこの特性が適用されるので非常に有効に使える。そのため、特殊型ならほぼ常に1.3倍の威力で技を出す事が可能となり、一気に強力なポケモンに変貌を遂げた。「いのちのたま」を持たせて同特性が適用される場合反動ダメージまでも強引に打ち消せるのもポイント。


第6世代

こうげき種族値が10上昇して102となり、漸く100の大台を超えた。これにより物理型も「ちからずく」の乗る「どくづき」を中心に十分採用の目が出た。加えてどくタイプが弱点を突けるフェアリータイプが加わったことで、価値が相対的に上昇した。

だが、こうげきが高くなったにもかかわらず、やはりちからずく適用範囲の関係から特殊型の方が採用されており、物理どく・じめんタイプなのに「どくづき」や「じしん」の採用優先度が高くないある稀有な存在である。せっかくの強化であるが、Cが上がっていた方がニドキング自身の強化には繋がっただろう。一応先制技となる「ふいうち」の強化には繋がっているので念の為。


第8世代

まさかのダイジェット用のつつく採用のニドキングまで現れた。


第1世代のRTAにおいて

第1世代では加入時期、進化時期の早さ、技の豊富さによりわざマシンを次々と使い潰しながら高速で攻略できる点、「あばれる」のおかげでコマンド選択時間をカットしつつPPを節約できる点、最終的に一撃必殺技をヨクアタールとスピーダーで強化して無双できる点などから、世界記録を狙う上でマストとなるチャートに愛用されるようになった。

第1世代には乱数調整は基本存在しないが、高個体値のニドラン♂を確保するための状況再現は特別に開発されているぐらいである。

強いて言えば「いわなだれ」を気合で当てなければならない運ゲーを強いられる区間が一部であるぐらいか。


使用トレーナー

ゲーム版

※1:ポケモンマスターズではマジコス時のバディーズ。

※2:ポケモンスタジアム金銀

※3:BDSP強化後2回目

※4:BDSPバトルタワー


アニメ版


漫画版


番外作品

ポケモンGO

  • ニドラン♂の出現率はそこそこなので、比較的簡単に手に入れることができる。本編同様のステータスを持ち、平均的に強いといったところ。技は本編ほど器用ではなく、タイプ一致の2つのうちどちらかを覚えさせるのが基本となる。
  • 何気にじめんタイプにしては入手難易度が低めなので、じめんタイプ枠が足りない時の助っ人にもなる。そのため、サンダースライコウのレイドで目にする機会も比較的多かった。

  • レイドボス
    • 2017年11月5日から2018年2月中旬までの間、何とニドクイン共々レイドボスに抜擢された。難易度は一般最高の★★★★。……なのだが、(ニドキング自身はともかく)進化元のニドラン♂がそこまで珍しくないポケモンであり、わざわざレイドバトルを利用する必要性が薄いため、何とも微妙な選定ではある。
    • そうした稀少性の低さに反して無駄に攻略難易度が高いことなどもあって、残念ながらレイドでの人気はぶっちぎりで低い。一応、★★★★ということもあり、報酬の質は割と良いため全く旨味がないとも言えないのだが……

  • サカキのニドキング
    • 2018年2月26日3月11日の間、「レインボーロケット団の野望」キャンペーンの一環として全国のポケモンセンター限定でレイドボスとして登場する特殊なニドキング。
    • ステータスが通常のニドキングよりも遥かに強化されており、総合CPはボスゴドラバンギラスに迫る32111となっている(参考までに、通常個体のCPは24873)。当然、ステータスも相応に強化されているので、たかがニドキングと舐めてかかるとあっという間にやられてしまう。
    • なお、肝心の性能だが、そこまで強力な個体なのだから通常とは異なる何かしら特別な仕様になっているのかというと、残念ながらそんなことはなく、捕獲時のステータスおよび習得する技は通常時の個体とまったく同じである。典型的な腕試し要素と言えるだろう。一応、ゲットに成功するとオリジナルのステッカーが貰えるが……

ポケモンマスターズ

マジコスサカキ様

  • マジコスサカキ&ニドキング
    • 『悪の組織ジョウト編』でマジコスサカキのバディーとして登場。カントー編でレッドが見せたダイマックスをも習得してしまった。ロケット団が作ったサカキのマジコスはニドキングをイメージしたものとなっている。
    • 技は「メガトンキック」、「どくづき」、「アイアンテール」。T技の効果はA6段階上昇、次回確定急所、次回抜群時威力上昇。
    • パッシブスキルはカルネクダリと同じ「ゲージ消費増威力上昇5」に「BD技抜群時威力上昇5」と火力特化。もう1つのパッシブスキルは「サカキの手腕」という専用のスキルで、じめんチェンジ+必中化の複合であり命中不安のメガトンキックをじめんタイプの技にし、必ず当たるもの。勿論アイアンテールとどくづきも回避が積まれてようが当たる。
    • 「ゲージ消費増威力上昇5」の効果でバディーズ技レベルが最大だとアイアンテールが237、どくづきが165になり、そしてメガトンキックに至っては300とアタッカーのB技最大威力と同等になる。
    • ボードスキルも優秀でP技、B技、BD技の強化やじめんタイプらしく砂嵐関連も備えているのだが最大の目玉は「急所時次回急所9」というもの。これは急所に当たると再び確定で急所に当たるという壊れスキルでB技にも適用される為EXにしてると最大威力300で確定急所の全体高火力を放ててしまう。
    • 弱点としてはP技がどれも単体攻撃で短期決戦には不向きかつ4ゲージなのでゲージの管理難易度が高めなのに加えて防御や回復の手段は一切持たないので耐久力が低く全体高威力の技を受けると落ちやすい。「急所時次回急所9」も急所無効を持つ相手には発動しなくなってしまうのが欠点。
    • サカキ曰くカントーにいた時から活躍していた手持ちとのことで純粋なパワーこそミュウツーには劣るが豊富な技を覚えられ色々な特徴を持つポケモン相手に対応することができるということで「こいつもなかなか頼れる」と評していた。

  • 主人公&ニドキング
    • 報酬で貰えるタマゴからニドラン♂が孵化する事があり、主人公のバディにする事が可能で、進化させる事もできる。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • シゲルのニドキング
    • 無印63話で初登場。トキワジムのサカキとのバトルでサカキのゴローニャを「たいあたり」同士のぶつかり合いで下したが、ウインディと共に鎧をまとったミュウツーのエスパー技により手も足も出ず倒される。
    • ポケモンリーグセキエイ大会でも使用するが、対戦相手のゴローニャの繰り出した「ちきゅうなげ」によって力尽きる。

  • 無印88話
    • ピンカン島のピンクの色違い個体。密猟しようとしたロケット団に怒って撃退。
    • そのまま怒りの矛先をサトシ達にも向けてはかいこうせんを撃つも、カスミトゲピーがゆびをふるで運良く『まもる』を出して攻撃を防ぐ。その後はピンカン島のジュンサーの巧みな縄縛りによって傷つける事なく静められた。

  • オスカーのニドキング
    • AG72話に登場した異様な格好とテンションのカップルトレーナーの男性・オスカーのポケモン。相方の女性アンドリューのニドクインと息の合った攻撃でサトシ達とロケット団に勝利する。


  • シンジのニドキング
    • DP128話から登場。ジンダイレジスチル戦では相性の良い「だいちのちから」と「にどげり」で攻撃するも耐えきられ、更に「10まんボルト」で攻撃したが逆に「10まんボルト」を纏った「アイアンヘッド」を受けて敗北。しかし、ジンダイからは攻撃力の高さを評価されていた。

その他

無印194話・237話(回想)・266話
AG126話
DP27話・140話
BW135話
XY141話(神話)
新無印1話・5話(回想)・20話(図鑑)・32話・87話(絵)・136話
劇場版ルギア爆誕時を超えた遭遇波導の勇者超克の時空へキミにきめた!

ユメノツボミ

  • ニドクインと共に登場。恐らくツボミと一緒についていったニドラン♂の父親でないかと思われ…

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • レッドのニドキング
    • 第1章のサファリゾーンで登場し、ニドクインを捕まえられたことに怒ってレッドに襲い掛かった。この際ニドキングはレッドの身長の数倍もある巨体で描かれている。
    • サファリゾーンのナビをするメカポッポに襲いかかろうとしたところをレッドが投げた石が左目に当たって負傷。再びレッドに襲いかかるがレッドの得意の機転で捕獲したウツボットに動きを封じられ、捕獲された。

  • また1章ではサカキの手持ちが登場、「じしん」でトキワジムを破壊している。5章では3の島で悪さをしていた暴走族を「がんせきふうじ」の一撃で倒している。

ポケットモンスター全書

  • サカキの嘗ての手持ちであり、彼からの愛情によって深い信頼関係で結ばれていたが、とある事故によりサカキ共々深い重症を負い、彼を助けるべく麓の町まで降りて救援を求めたが、無理が祟り命を落としてしまう。サカキは救助されたものの、自分のポケモンに見捨てられたと誤解してしまい道を踏み外してしまった

余談

一本角、紫の体色、大胸筋からエヴァンゲリオン初号機となんとなく似ている為、ネタとして描く人もいる。


関連イラスト

034

ニドキングニドキング

毒針王ニドキングバージョン


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RGBP FRLG LPLE

ポケモン一覧 どくタイプ じめんタイプ

ニドラン♂ ニドリーノ

ニドラン♀ ニドリーナ ニドクイン


0033.ニドリーノ0034.ニドキング→0035.ピッピ


同複合タイプ


関連ポケモン等




関連記事

親記事

ニドリーノ にどりーの

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4049128

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました