ピクシブ百科事典

かなしばり

かなしばり

ポケモンシリーズに登場する技。
目次[非表示]

本来の意味に関しては金縛りを参照。

データ

初出第1世代
タイプノーマル 
ぶんるい変化
めいちゅう55(第1~3世代)→80(第4世代)→100(第5世代~)
PP20
直接×
範囲相手一体
効果相手の技をランダムで1つ(第1世代)→相手が直前に使用した技(第2世代~)を一定ターン(後述)封じて使えなくする。
英語名Disable

かなしばりで技が封じられるターン

第1世代…0~6ターン
第2世代…2~5ターン
第3~4世代…4~7ターン
第5~6世代…4ターン

概要

・・・ カッ・・・ ナ・・・ シッ! ・・・ バ・・・ リッ!

初代から登場した変化技。
相手を拘束しそうな響きだが、封じるのは技一つのみ。英語名もDisable=無効化になっており金縛りからはかけ離れた名称になっている。
タイプこそはノーマルだが、覚えるのはエスパータイプが多い傾向にある。
何気に世代ごとにちょくちょく仕様が変更されている。
特に初代では命中55の上縛る技もランダムと言う使いにくいにも程がある技だった。

技を1つ縛る、と言うのは4つの技で戦うポケモンでは非常に有利に働く。場合によっては交代を誘発できる。
特にこだわり系装備のポケモンはこの技を使われるとわるあがきしか使えなくなり機能停止するのでそれらの対策に非常に有効。

反面、非常に読みが求められるのもこの技である。
タイミングが悪いと別に封じられても良い技を封じてしまったりする可能性もある。
そして直前の技を封じる以上、何かしら相手に行動を取ってもらわなければならず、それに耐える必要性もある。
これらの点はしっかり考慮していきたいところ。

のろわれボディはこの技の特性版。

ポケダンでは仕様が大きく異なり、本来の金縛りを意識してか効果は相手をまひ状態にして動けなくするものとなっている。

スマブラシリーズではミュウツーの下必殺技として登場。
目の前にいる相手に超能力を飛ばし、ライバルをピヨらせる(ただし、相手が自分と向き合っていないと無効になる)。
一度ピヨらせた相手にもう一度当てると大きく吹っ飛ばす。

関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵

pixivに投稿された作品 pixivで「かなしばり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5554

コメント