ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初登場ポケットモンスター ブラック・ホワイト
効果自身が対象となった技を30%の確率でかなしばり状態にする

概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』から存在する特性。自分が対象になった技を確率で使えなくしてしまう。

通常の所有者はプルリル系統とゲンガーガラガラ(アローラのすがた)隠れ特性ではカゲボウズ系統とドラメシヤ系統、ユキメノコサニーゴ(ガラルのすがた)が所有している。


確率発動の特性で「ボディ」と付いているのだが、直接攻撃以外にも反応するのが特徴。細かい効果はかなしばりと同じなので該当ページを参照のこと。


相手が「こだわり~」系の道具を所持していた場合、完全に封殺することが可能(相手は「わるあがき」しか出せない)。30%という比較的高い確率で発生する上、自身がひんしになっても発動するので相手からすれば厄介この上ない。

同時に高い耐久力を持っていればなおよいのだが、その条件を満たせるのはブルンゲルとアローラガラガラ、そしてガラルサニーゴ。

ガラルサニーゴは素の耐久が高めなことに加えしんかのきせきを持てるためポリゴン2級の耐久を手に入れているので物理ストッパーとして猛威を振るっている。


ちなみにこの特性は敵味方関係なく発動する為、ダブルバトルでは味方の「じしん」や「なみのり」で発動してしまい、意図せず味方を機能停止にさせてしまう事がある。

まもる」を使うなり交代させるなり、プレイングでカバーしよう。

連続攻撃に対しては1発ごとに発動判定があるが、途中で発動してもその技が中断されることはない。


ポケモンカードゲームでは

BW世代のブルンゲルやSM世代のアローラガラガラGXに搭載。

バトル場でワザによるダメージを受けた際、そのワザを使った相手をこんらんにする。

仕様上、効果(例.ダメカンを◯個のせる)のみのワザを受けた場合は発動できない。


関連タグ

ポケモン 特性 かなしばり

関連記事

親記事

特性 とくせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46547

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました