ピクシブ百科事典

アローラガラガラ

あろーらがらがら

アローラガラガラとは、アローラ地方におけるポケモン「ガラガラ」のリージョンフォームである。
目次[非表示]

アローラ外のガラガラは→ガラガラ

基礎データ

ずかんNo.105
英語名Marowak
分類ほねずきポケモン
タイプほのお / ゴースト
高さ1.0m
重さ34.0kg
特性のろわれボディ / ひらいしん / いしあたま(隠れ特性)


進化

カラカラアローラガラガラ(夜にLv.28以上)

β==3



概要

『ポケモンSM』から登場した、アローラ地方の環境に適応するために姿を変化させたガラガラのリージョンフォーム。正式名称は「ガラガラ(アローラのすがた)」。

タイプは単じめんから「ほのお・ゴースト」の複合となった。図鑑説明にも「子を想う母の無念は炎となってガラガラを守る」と書かれており、まさに初代のホラー要素だった「ゆうれい」が本物になったと言える。
従来のガラガラに比べ体重が減って痩せ細っており、カラーリングは全体的に黒っぽく、背中には背骨から骨盤を彷彿とさせる模様があるなど、風貌もより怨霊に近いものとなっている。アローラ地方の人々はこの姿を「魔術師」と例えて恐れているようだ。

骨を額に当てて勢いよく擦ることで、先端に青緑色の不思議な炎をまとわせ、威力は小さいが追尾性がある火の玉を放って戦うことができる (レベルアップでは一切ほのおタイプの特殊技を覚えない珍しい存在だが)。

アローラ地方はガラガラやカラカラにとっては、天敵のくさタイプのポケモンが多く生息している過酷な環境であり、仲間と結束して生きていくうちに霊感に近いものを得て、姿を変化させたらしい(しかしいずれにしろバルジーナに弱い。しかもリージョンになったせいで一致弱点まで突かれる始末)。

なお、カラカラに関しては今までに確認された個体と特に変化は無く、進化する事でタイプが丸々変化するのは現時点ではイーブイとコイツだけ(第3~5世代ではルリリマリルもそうだった)。
また、進化条件では上記のとおりだが、朝や昼の時に上記の条件に達しても、アローラ地方では通常ガラガラに進化しないので注意。

USUM』では、ウルトラスペースでは通常のガラガラに進化する。
また、『USUM』にて晴れてぬしポケモンに抜擢された。

性能

通常のガラガラと種族値の変更はない。特性は少し変化しており、「いしあたま」が隠れ特性に移動し代わりに「のろわれボディ」が通常特性に入った。

隠れ特性であれば無反動となるフレアドライブを習得できるようになり、専用の物理技シャドーボーンが追加されている。
もちろん専用アイテム「ふといホネ」による攻撃2倍も健在。

ほのおタイプに変化したことにより「やけど」にならなくなった為、欠点のうち一つを克服した形となる。代わりに「はたきおとす」で「ふといホネ」どころか命まで一緒に持っていかれかねない。じめんタイプでなくなったことで、「ひらいしん」がシングルでも有効に働くようになった。
カプ・コケコをはじめでんきタイプに滅法強い。特性による無効もそうだがほのおタイプのおかげで「めざめるパワー」氷も「くさむすび」もあまり効かない。じめん技を持てば弱点も突ける。ただし耐久は並程度にしかない(HPが低い)ので過信は禁物。

勿論、ガラガラ自体の異様な技範囲の広さは健在。その為、純粋なほのおタイプで唯一「れいとうビーム」・「ふぶき」を習得できるというとんでもない個性が出来てしまった。ただし、特攻がたった50なので半分ネタではあるが。

アニメのアローラガラガラ

カキのアローラガラガラ

アニメ「サン&ムーン」34話で初登場。ヴェラの火祭りに必要なほのおポケモンを強化する溶岩でできたヴェラの冠を奪い逃走。カキが追撃するも、持ち前の機動力でZワザをかわしバクガメスを翻弄させ敗北させる実力の持ち主。

だが闘志を胸に秘め再起したバクガメスに敗れ、ヴェラの冠をカキに返し、バトル中に今よりも強くなりたい事を悟ったカキが手持ちに加えた。
アローラスクール組では、マーマネデンヂムシに続くゲットである。

凄まじく負けず嫌いな性格で自分を負かしたバクガメスをしばらくライバル視していた。ただしその最中に勢い余ってバクガメスの腹部の排爆口にはまり抜け出せなくなるなどやや抜けたところがある。
この負けず嫌いな性格が災いし42話ではカントーのガラガラと喧嘩になったせいで仲裁に入ったピカチュウを怒らせその場にいた全員が電撃を浴びる羽目になり、その後に遭遇した野生のイワークには空気を読まず攻撃し怒らせるなどトラブルメーカーな一面が増えている。

悪徳業者社長ブルガンが繰り出すエレキブルと戦ってカキの『ダイナミックフルフレイム』の指示をこなせず敗北。リベンジマッチで無事発動し、そのままあまごいの状況下でも勝利した。この一見でカキや仲間を信頼するようになる。
ピカチュウ達とポケモンパラダイスリゾートのプールで遊んだ86話では、まずデンヂムシを小脇に抱えて行き、ほのおタイプなのにルガルガンと同じくウォータースライダーのボートを怖がらず楽しみ、水を嫌がるバクガメスの尻尾を引っ張って一緒に遊ぼうとしたくらいには腕白な姿を見せた。


70話時点で覚えている技は「シャドーボーン」「ホネブーメラン」「フレアドライブ」「アイアンヘッド」。「ダイナミックフルフレイム」は青緑色の炎。
ピカチュウの電撃をくらっており、「フレアドライブ」の反動で苦しむ描写が無い事から、特性は「いしあたま」のようである。


ポケモンGOのアローラガラガラ

2018年7月20日に満を持して実装。
アローラナッシー同様「進化形のみがアローラのすがたになるポケモン」であるため、同ゲームでは既存の個体から進化させて入手することができない。
そのため進化形を直接手に入れる必要がある。
だが野生では出現せず、不定期でジムにレイドボスとして襲来してくる個体を倒した上で、ゲットチャレンジでゲットしなければならないという、まさかのアブソルクチートと同じ仕様となっている

だけならまだしもこいつ、難易度が何と一般最高の★★★★になっている。
もちろん★★★★は他にも出現候補がいるためレイドボスとしての出現率は低く、難易度のせいでソロでのクリアはまず無理
これもあって非常に入手が困難な状態になっている。
★★★★のタマゴを見かけたら待機できるなら予めしておくのがよい。
レイド自体はきちんと育成した個体が揃っていれば3人程度でも攻略でき、弱点も多いので対策は立てやすい方ではある。

で、性能のほどはというと……お世辞にも一線級とは言えないものとなってしまっている。
確かに同ゲーム初の「ほのお・ゴースト」であり、特にむしタイプ相手には割と強い。
だが同ゲームに「ふといホネ」はないので攻撃力の低さを補うことができず、利点と言えば多少耐久力が高いくらい。
しかもほのお・ゴースト双方でより火力が高く使い勝手の良い種族が多数おり、かなり肩身が狭い。

レイドの難易度を考えるとコレクション用ポケモンと言えそうである。
特に、図鑑の待機モーション時にタップしたり、ゲージ技を発動する際に、手にした骨の棍棒をさながらファイヤーダンスのようにぐるぐる回す動作をするのが何気に可愛いと話題になっており、これをやりたいがためにアローラガラガラを探しているという人もいるとか(ちなみに、この動作でシャドーボールを撃つ時は本当にパワーをチャージして放っているように見えるため、コミカルながらも結構様になっているという声もある)。

余談

このガラガラが「シャドーボーン」を覚えるレベルは、何故か進化直前のレベルである27に設定されている。当然進化前は覚えず、自身はそれ以外の物理ゴースト技を覚えない。
同様に物理ほのお技も「かえんぐるま」を習得するレベルを通り越してしまっている為、覚えられるのはレベル53で習得の「フレアドライブ」か、このポケモンとはミスマッチな「ニトロチャージ」のみ。

つまり『SM』のシナリオで物理の一致ウェポンを使おうと思ったら、「ハートのウロコ」で思い出させるか、50以上のレベルにまで育てあげるという、必然的にポケモンリーグ直前の終盤までお預けになってしまう事を意味していた。
対戦では優良なポケモンだが、シナリオではかなり使いづらいどころかぶっちゃけ大外れなのである……せっかくの目玉要素だというのに。

実は本来進化と同時に「シャドーボーン」を覚えられるはずだったのだが、設定ミスの不具合でそのまま通ってしまっていたらしい。
流石に問題があったので、Ver.1.1の更新以降や『USUM』では、無事進化と同時に習得できるように改善された。

関連イラスト

アローラガラガラ
リージョンガラガラ


ガラガラーズ
無題



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ほのおタイプ ゴーストタイプ
アローラ リージョンフォーム
ゆうれい
シャンデラ ズガドーン:同タイプ。こちらは特殊ゴーストとしてめっぽう強い。
やまおとこのダイチ エンニュート:ご友人。

pixivに投稿された作品 pixivで「アローラガラガラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100121

コメント