ピクシブ百科事典

アローラベトベター

あろーらべとべたー

アローラベトベターとは、アローラ地方におけるポケモン「ベトベター」のリージョンフォーム。
目次[非表示]

アローラ外のベトベターは→ベトベター

基礎データ

全国図鑑No.088
英語名Grimer
分類ヘドロポケモン
タイプどく/あく
高さ0.7m
重さ42.0kg
特性どくしゅ/くいしんぼう/かがくのちから(夢特性)


進化

アローラベトベターアローラベトベトン(Lv.38)

概要

ポケモンSMから登場する、アローラ地方の環境に適応するために姿を変化させたベトベターのリージョンフォーム。なお、その結果アローラにいたカントーのすがたのベトベターは絶滅しかけている。

体の汚染化がすすみ体の色が紫から緑色に変化し、口周りには黄色の模様がある。
歯のように見えるのは食べたゴミが結晶化した物。触れるだけでも危険とされており、分解方法は解明されていない。しかしこの歯のおかげでどくどくのキバかみつくを使えるようになっている。

アローラ地方のゴミ処理場に無数に生息し、アローラ地方中に出たゴミを食べている。しかし常に空腹でいくら食べても満腹になることがなく、ゴミが無くなると周りの人工物を食べようとする。
アローラ地方の人口増加の影響でゴミ問題が深刻化してしまい、問題解決のために海外から連れてこられた従来のベトベターがアローラ地方のゴミを主食としていくうちに、姿が変化した。しばしヤブクロンを追い回すという。

デザインは漫画家のありがひとし氏が担当した。
色違いは緑色の部分が通常種のような紫色に戻る。

関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 どくタイプ あくタイプ
アローラ リージョンフォーム

pixivに投稿された作品 pixivで「アローラベトベター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11043

コメント