ピクシブ百科事典

かがくのちから

かがくのちから

かがくのちからとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

かがくの ちからって すげー!

データ

初出第7世代
効果味方が「ひんし」になると、味方が持っていた特性を自分が引き継ぐ
英名Power of Alchemy


概要

第7世代から存在する特性。アローラベトベターアローラベトベトンの系統固有隠れ特性
シングルバトルでは機能せず、ダブルバトルで味方が「ひんし」になった時にのみ発動と、かなり発動条件が限られている。
同世代で登場した特性「レシーバー」とは効果が全く同じ。

特性名の元ネタは言わずと知れた冒頭の台詞だが、あちらは「科学(science)」に対しこちらは恐らくは「化学(chemistry)」の方と思われる。
ちなみに英名「Power of Alchemy」の「alchemy」とは錬金術のこと。

効果は上記の通りなので、一見すると発動機会に恵まれない外れ特性に見えるが、現在特性「ムラっけ」のドーブルと組みアローラベトベトンが「ちいさくなる」を使い続ける戦術が開発されている。

【アローラダブル】ムラっけベトベトン



なお、専用特性(ヌケニンの「ふしぎなまもり」やギルガルドの「バトルスイッチ」など)は引き継げない。

関連タグ

ポケモン 特性

コメント