ピクシブ百科事典

げんしのちから

げんしのちから

ポケモンの技の一つ。
目次[非表示]

データ

初出第2世代
タイプいわ
ぶんるい特殊
いりょく60
めいちゅう100
PP5
範囲単体
直接攻撃×
備考10%の確率で攻撃・防御・特攻・特防・素早さが一段階上がる
英語名AncientPower


概要

第2世代から存在する技。
原始の力を呼び覚まし、相手を攻撃する技。
いわタイプの技では珍しい特殊技に分類されている。

原始の力だけあって化石ポケモンや古代から存在するポケモンが多く習得する。
……と言う事はなく、意外とかなりの種類のポケモンが習得する事ができる。
中にはトゲキッスクチート等、古代と何の関係があるのかよく分からないポケモンも。
また本当に原始の力を呼び覚ましているらしく、マンムーモジャンボメガヤンマへの進化はこの技の習得が必要不可欠となっている。

但し技の性能は威力60かつPP5。とんでもない低性能である。
一応追加効果が全ステータスが1段階上昇すると言う破格の効果である為、10%の追加効果に一抹の望みを賭ける酔狂なトレーナーもいるとか。
が、大半のトレーナーからの評価は「ぶっちゃけ10%なんて当てにならない」である。
バトル施設ではアレが発動して毎ターン当たり前のように強化を遂げる凶悪な攻撃兼積み技に変貌する事もある。

第3世代までは技がタイプ毎に分類されていた都合上物理技だったため、「いわなだれ」を習得できないポケモンが代用として積む事もあった。
この時点でめざめるパワーいわに威力負けしてるとか言ってはいけない。

第4世代からは現在の特殊技に設定され採用率が上がる……わけがなかった
そもそもいわタイプの特殊アタッカーなどは数える程しかおらず、特殊技になってしまうと言う事はただでさえ低めの需要をさらに下げる以外の何物でもなかったのである。
かろうじてオムスターマグカルゴ等活かせるポケモン自体はいたものの、当時は優秀な積み技がなかった(あってロックカット程度)事もありやはり使われなかった。
当時のオムスターがいわ技を切るかわざわざ一致技の範囲を広げる為にめざパいわを粘っていたと言う時点で採用率はお察しください。
(めざパいわは最速にできない弊害があるが、別に最速にする利点がない為)

第5世代には優秀な積み技・「からをやぶる」が追加され最速にする意義が見え始めた為、多少ながら採用の傾向を見せ始めた。
続けて第6世代では「めざめるパワー」の威力が60に固定化された為、習得できるポケモンはめざパ代わりに採用する意義も見え始めた。但し採用率はやはりお察し。
強いて言うなれば特性を活かせるメガバクーダや同族対策の為にメガリザードンが採用する位か。いわなだれでいいと言うのは禁句である。

ちなみにポケモンカードでは特殊能力として扱われている。
その効果は「場のポケモンの進化を封じる」。
特に初代ポケモンカードは進化しないと力を発揮しないポケモンが多く、出しただけでデッキをほぼ封殺してしまう事もあった。

関連タグ

ポケモン ポケモン技一覧
ぎんいろのかぜ あやしいかぜ
パワージェム

pixivに投稿された作品 pixivで「げんしのちから」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1314

コメント