ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

登場第3世代
タイプむし
分類特殊
威力60
命中率100
PP5
攻撃範囲相手1匹
直接攻撃×
備考10%の確率で自分のこうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼう・すばやさが一段階上がる


ゲームでの性能

風に鱗粉をのせて攻撃するむしタイプの技。PPが少ない上に単体にしかダメージを与えられないが、追加効果で、攻撃後に1割の確率で攻撃、防御、特攻、特防、素早さが一段階上昇する。
分かりやすく言えばげんしのちからのむしタイプ版。
第4世代ではわざマシンが存在し、主にむしタイプとひこうタイプに覚えさせることができた。
コンテストのアピールタイプは「うつくしさ」で、第3世代ではアピールの調子が上がり、緊張もしにくくなる。第4世代では、審査員のボルテージが上がるとハートが2つ追加される。

ポケダンシリーズでは、部屋全体に効果があるという攻撃範囲の広さを持つ。
しかも、追加効果は1匹ごとに判定される為非常に優秀である。そのため、敵が使うと全滅しかねない恐ろしいわざである。特性「ふくがん」を持ったバタフリーにこの技を覚えさせるとモンスターハウス対策にもなるため、オススメである。
ちなみにマグナゲートと∞迷宮以降では追加効果の判定が1匹のみに変更されて大幅に弱体化された。
その上マグナゲートにおいてはこのわざの修得ルートが存在するのがウルガモスだけ。同じく部屋攻撃わざのねっぷうがあるので出番がなかなか来ない。

ポケモンカードゲームでは、Dp世代のガーメイルのみに搭載。
エネルギー無しで使用可能、受けた相手の次回被ダメージを上昇させる技となった。

鱗粉を風に乗せて放つ技…なのだが、フワライドや一部の鳥ポケモンもわざマシンで覚える。お前ら体のどこに鱗粉なんてあるんだ…。第8世代では特殊虫技の中でも威力がトップクラスに高いむしのさざめきがわざレコードに進出した為、廃止となった。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵
むしタイプ
げんしのちから あやしいかぜ

関連記事

親記事

げんしのちから げんしのちから

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぎんいろのかぜ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98826

コメント