ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バルビート

ばるびーと

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0313
ホウエン図鑑(RSE)No.086
セントラルカロス図鑑No.133
ホウエン図鑑(ORAS)No.089
キタカミ図鑑No.009
ローマ字表記Barubeat
ぶんるいほたるポケモン
タイプむし
たかさ0.7m
おもさ17.7kg
せいべつ100%♂
特性1はっこう:手持ちの先頭にいると、野生ポケモンの出現率が2倍になる。
特性2むしのしらせ:自身のHPが1/3以下になった時、むしタイプの技の威力が1.5倍になる。
隠れ特性いたずらごころ:変化技の優先度が+1になる(第7世代からはあくタイプに無効)
おとしものバルビートのしる
タマゴグループむし/ひとがた

各言語版での名称

英語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語Volbeat
フランス語Muciole
韓国語볼비트
中国語电萤虫

概要

ゲームでは第3世代『ルビー・サファイア』から存在するポケモンだが、発売される前に上映された映画「ピカピカ星空キャンプ」でソーナノヨマワルと同時に先行発表されたポケモンである。


名前の由来はおそらく、バルブ(電球)+ビートル(甲虫類)…にもかかわらず、ヘラクロスクワガノンのような甲殻に覆われているわけではなく、翅の構造はハエハチなんかに近い。しかしながら、襟巻のような部分が赤い点などは元ネタの蛍を上手く踏襲していると言える。


ホタル型のポケモンのオスの方であり、対にイルミーゼがいる。尻を点滅させて仲間と会話する能力があり、夜にイルミーゼの出す甘いにおいに引き寄せられ、尻の光で幾何学的な模様を作り出す。ホタルらしく水の綺麗な環境でないと生きられない弱点があり、水質が汚染されると新天地を目指して旅に出るという。


なお、ニドランと同じく、オスメスで同種でありながら、ポケモンとしては別カウントという扱いを受けており、イルミーゼのタマゴからバルビートが生まれるといったケースも少なくない。ちなみに、似た扱いのニドランと全く違う点はオスメスで名前が全く異なる点や進化しない点であろう。ファイアフライなだけに、もし進化したらほのおタイプでんきタイプであろうか。


ゲームでの特徴

RSEORAS

  • 117ばんどうろで出現するが、イルミーゼと異なり『サファイア』『アルファサファイア』のみ出現率が高い。


DPtBDSP



HGSS


ブラック・ホワイトBW2

  • 『ブラック』『ブラック2』のみ3ばんどうろで大量発生する。片方のバージョンではイルミーゼが出現する。

XY


サンムーンウルトラサンムーン

  • 過去作から連れてくる必要がある。

ソード・シールド

  • 『ソード・シールド』では未内定。

スカーレット・バイオレット



性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第6世代まで657355477585400
第7世代から657375478585430

第4世代まで

  • 能力としては攻撃・素早さはやや高めなものの、残りが不安。準専用技としてほたるびを備えている。なお、第3世代ではシグナルビームも専用技だった。

  • しかし、バルビートの能力では特攻を上げるほたるびとの相性が悪く(追い討ちをかけるように当時のむし技は全て物理)、バトンタッチとのコンボも半端な素早さに加え紙耐久であることが災いし、実用的とは言いづらかった。

  • 加えて特性の1つがポケモンの特性の中で一二を争う使いにくさを誇る「はっこう」…。第4世代までの彼の立場は「辛い」と言う他無かった。

第5世代

  • 手に入った夢特性は強特性と名高い「いたずらごころ」。同時にほたるびも特攻3段階上昇に強化され、ほたるびバトンがやりやすくなった。

  • 地味に定数ダメージを与えられる「ちきゅうなげ」の習得も嬉しい。特攻が低いため、C無振りでは「むしのさざめき」でもサザンドラを倒せないので、はがねタイプにも通る此方の方が採用される場合も多い。反面、他の補助技だと他の「いたずらごころ」持ちでやった方が良い事が多いのが悩みどころか。

第7世代

  • イルミーゼ同様防御種族値が+20、特防種族値が+10されてそれぞれ75、85まで上昇した。これによりますますサポートがやりやすくなった。また、新たな「ほたるび」持ちとしてデンジュモクが登場している。

第8世代

  • 『剣盾』では内定こそしていないが、「ぎんいろのかぜ」も「シグナルビーム」の二つが使用不可能になってしまっており、復活した時はどうなるかが悩みの種である。むしのさざめきを使おうにも元ネタが蛍である以上、イメージがぶっ壊れるであろう事は想像に難くない。

  • ダイパリメイクでは結局上記の攻撃技は忘れてしまったが、「ほたるび」が復活したので貴重なほたるびバトンの立場を守る事が出来た。

第9世代

  • ポケモンSV』DLC『碧の仮面』では新規習得のタマゴ技「カウンター」をおぼえた。同じタマゴ技に「いばる」も覚えるので自身の「いたずらごころ」をいかしたコンボ的な芸当が可能。SVの環境や技の手間を考えればそんなに強くはないがやれることは増えたといえる。

  • また、内定していた第七世代まではサファリボールコンペボールに入っていた個体は「いたずらごころ」との両立が不可能で、対戦で使用の際に特性が通常特性であることがバレるディスアドバンテージがあったがSVではとくせいパッチのおかげで晴れて件のボールと隠れ特性との両立が可能になった。隠れ特性有り無しのハンデが無くなったのは地味だが嬉しい強化点といえるであろう。

使用トレーナー

アニメ版

  • ロミオ(AG42話)
  • ボルト(AG80話)

漫画版


番外作品

ポケモンGO

  • 地域限定ポケモンの1つとして実装されたが、カモネギ同様各種イベントが開催されている時に限ってわんさか出てしまう事態に陥っている模様。

ポケモン不思議のダンジョン

  • 第1作ではイルミーゼと出現地が被っておらず、蛍の生育に適さない北風の大地に出現。ますますどうやって繁殖しているのかが気になる所である。
  • 第2作では、『ねっすいのどうくつ』頂上にある湖でイルミーゼと共に飛び回っている。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • 短編『ピカピカ星空キャンプ』
    • 先行登場。雨の中森の奥から現れ、雨宿りできる場所を探していたサトシのピカチュウ達を水車小屋に案内して自分も一緒に泊まった。

  • ロミオのビート達
    • AG42話でハルカレイクという湖の近くに住む青年・ロミオのポケモンで4匹登場。
    • 祭りでバルビート達の編隊飛行のダンスショーをする事になったが、ロミオは密かに恋心を抱いているジュリエを前にすると緊張してドジばかり踏んでしまう。
    • しかし、ジュリエのイルミーゼがロケット団に奪い去られた際にロミオと共にイルミーゼを救い出す。ロケット団撃退後にロミオはジュリエに想いを伝えて二人は無事結ばれる。その夜、バルビート達はイルミーゼと共に夜空に光の図形を描くのだった。

  • ボルトのバルビート
    • AG80話でポケリンガ大会のディフェンディングチャンピオンで優勝候補だと言われた男・ボルトのポケモンで登場。試合では「かみなり」を使って対戦相手のポケモンを墜落させるという強引な作戦を取るが、サトシのスバメの根性の前に敗れ去る。

  • AG157話
    • セキチク駅の前にあるモミの木で求愛ダンスをしていたポケモンで、その時光り輝く様子から町の人達はその「しあわせの光」と呼んでいるという。


その他

AG91話
XY5話(写真)
劇場版ディアルガVSパルキアVSダークライ(オラシオンの彫刻)・幻影の覇者

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 4章でアクア団SSSの一人・シズクのポケモンで3匹登場。「トリック」で「藍色の宝珠」を奪いとったが、いずれも海底洞窟に置き去りにされた。

関連イラスト

ことしも逢えたね雨ごいバルビート

【RS企画】バルビート無題


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RSE ORAS

ポケモン一覧 むしタイプ 虫ポケモン


0312.マイナン0313.バルビート→0314.イルミーゼ


同むし単タイプ


関連ポケモン等



その他


.

関連記事

親記事

むしタイプ むしたいぷ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230097

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました