ピクシブ百科事典

イノムー

いのむー

イノムーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.221
英語名Piloswine
ぶんるいいのししポケモン
タイプこおり/じめん
たかさ1.1m
おもさ55.8kg
とくせいどんかん/ゆきがくれ/あついしぼう(隠れ特性)


進化

ウリムーイノムーマンムー

ムーの家系


外見

大きなコブを背負ったイノシシのような外観に変貌。
体毛は長く、目は隠れてしまっているが、技のモーションや動きなどでちらちらと見え隠れする。
その体格らしからぬつぶらで小さく可愛い目をしている。

ふぁっさー



概要

初登場は『ポケットモンスター 金・銀』(第2世代)。
ウリムーがレベル33で進化。進化と同時に「みだれづき」を覚える事が出来る。

こおり・じめんという非常に珍しいタイプの組み合わせだが、双方の弱点をこおり・いわ以外打ち消せないことから、弱点はかなり多め。
こうげきとHPが高くぼうぎょは平均的、それ以外は低い。
れいとうビーム」などをタイプ一致で撃てるものの、肝心のとくこうはイマイチ。登場当時はこおり物理技なんてものがないせいで使い勝手は今一つだった。
にもかかわらずレベル100までに要する経験値が125万(第2世代当時は一番必要経験値が多いグループ)とかなり多い。
それでも第2世代ではでんきタイプ、特にサンダーへのストッパーとしての役割が確立されており、こおり技がタイプ一致であることから処理速度が他のじめんタイプを上回っていた。
サイドンなどと異なり「めざめるパワー」で弱点を突かれにくいのが最大の強みだった。
だが第3世代に入るとその役割すら安定しなくなり大きく失速することに……

しかし、『ダイヤモンド・パール』で進化形マンムーが登場し、一大強化を受けることになった。
そして『ブラック・ホワイト』からはイノムー自身もしんかのきせきの恩恵を受けられるようになり、進化後を上回る耐久力と「じわれ」「ステルスロック」等の技で前線に復帰した。
特性は「あついしぼう」なら弱点が1つ減る他、「どんかん」は『XY』以降「ちょうはつ」を受けなくなったことで「ステルスロック」が展開しやすくなった。

ポケモンGOでは

進化前ウリムーが雪の少ない地域では珍しいポケモンということもあり、入手難易度は少し高め(巣は設定されている)。
イノムーにも言えることだが、どちらかといえば山岳地帯や傾斜地での出現が多いだろうか?
ただ、2017年6月に行われたこおり・ほのおタイプ出現率アップイベント、同年12月の年末年始のイベントでは、街中にウリムーが大量発生していたため、進化形であるイノムーを所持しているプレイヤーは思いの外多かったりする。

性能面で見た場合、何と通常技「こなゆき」のゲージ蓄積率が恐ろしく高い上に、ゲージ技「ゆきなだれ」が攻撃速度で「れいとうビーム」を上回っている
そのためこの2つの組み合わせを習得できるこいつは、ゲージ技をガンガン使いまくれる超高速こおりタイプアタッカーとして、こおりタイプ最強候補の一角に名乗りを挙げている。

ラプラスフリーザートドゼルガと比べると耐久性に難があるため最大CP値こそ並程度だが、こおり弱点のポケモン相手ではそれらを上回る火力を叩き出すことができ、何よりでんきを弱点とするどころかじめん複合ゆえに耐性を持つことができるというのが最大の利点。
このため、ジム防衛の常連であるカイリューボーマンダ殲滅要員の筆頭候補の1匹に数えられている他、対サンダーも原作同様に非常に強く、ゴローニャサイドンと並ぶ対抗馬として重宝されていた。レックウザラティアスもすべての技を等倍以下にまで軽減できるのでそこそこ相性は良い(ただし、サンダーの時と異なり全ての技を半減という訳にはいかないので、さすがに長時間の戦闘は厳しい)。

もちろん当然というべきか技厳選は必須なので育てる場合は覚悟すること。

レイドボス

2018年2月10日からはとうとうレイドボスにも昇格。レベルは★★★。
以前シカゴ横浜で開催されたイベントで会場限定のレイドボスに選ばれたことがあったが、ようやく正式にボスへと昇格することとなった。

弱点自体は多いので対策を取れるポケモンは多いが、いわタイプやほのおタイプだとじめん技で、くさタイプだとこおり技でそれぞれ抜群を取られる危険性が高い。弱点を突かれないはがねタイプやかくとうタイプのポケモンで挑むのがおススメだ。

主な使用トレーナー

無題



スズナとイノムー



関連イラスト

親友
イノムーと


関連タグ

ポケモン一覧 HGSS 猪豚
豚仲間……オコリザル ブーピッグ エンブオー

pixivに投稿された作品 pixivで「イノムー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103259

コメント