ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヤミカラス

やみからす

ヤミカラスは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0198
ジョウト図鑑(GSC)No.208
シンオウ図鑑No.074
ジョウト図鑑(HGSS)No.213
マウンテンカロス図鑑No.051
アローラ図鑑(SM)No.277
ポニ図鑑(SM)No.092
アローラ図鑑(USUM)No.078
メレメレ図鑑(USUM)No.078
ヒスイ図鑑No.140
パルデア図鑑No.232
ローマ字表記Yamikarasu
ぶんるいくらやみポケモン
タイプあく / ひこう
たかさ0.5m
おもさ2.1kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性1ふみん:「ねむり」「あくび」状態にならない。
特性2(第4世代から)きょううん:自分の攻撃が急所に当たりやすくなる。(第8世代から)野生のポケモンが道具を持っている確率が上がる。
隠れ特性いたずらごころ: 変化技の優先度が+1になる(第7世代からはあくタイプに無効)
おとしものヤミカラスのおたから
タマゴグループひこう

各言語版での名称

英語・イタリア語・スペイン語Murkrow
ドイツ語Kramurx
フランス語Cornèbre
韓国語니로우
中国語黑暗鴉

進化

ヤミカラスドンカラスやみのいし

カラス


概要

第2世代から登場したポケモン。

魔法使い三角帽子に似た頭部とホウキに似た尾を持つ黒いカラスの姿をしており、嘴も魔女の鼻のようになっている。


不吉の前兆とされ、人間を森に誘い込んでさんざん迷わせるなどありがたくないポケモンとしての扱いを受けているが、仲良しのトレーナーにはキラキラと光るものをプレゼントする健気な部分も持ち合わせている。


キラキラとした物を集めるのは種の本能で、ボスの献上品にするという側面もある。その為なら自分より大きなポケモンやニャースと取っ組み合いになったり、ガバイトの巣に忍び込む事も辞さない怖いもの知らず。


なお、人を迷わせるのは自己防衛の場合もあれば、単純にイタズラとして行ったりと彼らなりの理由がある模様で、迷わせる手段は単純に入り組んだ道に誘き寄せるといった手段が主だが、ポケモンレンジャーではこれにくろいきりを発生させるというタチの悪いコンボをお見舞いしてくる。

彼らの被害を避ける為の戒めとして「ヤミカラスが飛ぶまでに家へ帰れ」ということわざがあるようだ。


日本神話に登場するカラスの中にはヤタガラスなどの神格化したものもいるが、このポケモンは特に魔女の手先としてのカラスのイメージを強く宿している。ヤタガラスはそのうちリージョンフォームか何かで登場する事もあるのだろう。

ヤミカラス


魔女の要素を有してはいるが、対になるムウマ魔法使いに進化してしまったので、帽子のようなデザインは進化後にマフィアのソフト帽という形に昇華された。

色違いは明るい紫色で進化後も受け継がれる。こんなに目立つ色で大丈夫なのだろうか。


初登場作の出現場所はヤミカラスという名前通り、夜のタマムシシティ周辺(7ばんどうろと16ばんどうろ)だった。ジョウト図鑑のポケモンなのにカントー地方にしか住んでいないって…。

基本的に市街地周辺に生息すると考えて良さそうだが、ハクタイの森ほうじょうのやしろといった森林やポニの大峡谷といった渓谷地帯にも住む。

不吉なポケモンという事でハウオリ霊園やロストタワーといった死に関連した場所や15ばんどうろや16ばんどうろ(カロス)のような廃墟でも確認されているあたり、適応能力は高い模様。


ヒスイ地方時代には今以上に不幸な存在だと恐れられていたようで、『LEGENDSアルセウス』の図鑑説明では魔除けの呪いとして「すらかみ屋は繁盛繁盛」(すらかみ屋はヤミカラスのアナグラム)と唱えると良いとされた。


ヒスイ地方では群青の海岸や紅蓮の湿地に生息しており、距離がかなり空けてもすぐに気づかれてしまい、しつこく突進してくる。しかも後者の「雲海峠」に住む個体群はオヤブンドンカラスが中心にいることもあって、一度気付かれれば、逃げ惑う最中に他の個体に見つかって四方八方から攻撃を浴びる羽目になる。ヒスイウォーグルアヤシシを使って即座に撤退すると良いだろう。


名前の由来は闇+カラスとそのまんま。

余談だが、ポケモンの生みの親である田尻智氏は中学生時代に暗闇の中で飛んできたカラスを撃つ「闇夜のカラス」というゲームを考案してゲームコンテストに応募したエピソードがある。元ネタかは不明であるが…。


ゲームでの特徴

  • 初登場は第二世代(GSC)。第3世代(FRLG)以降ムウマと対になることが多く、第4世代(DPt)において揃って進化できるようになった。

  • GSCおよびHGSSではチョウジタウンロケット団アジトにいる個体が物真似して喋っており、怪電波発生装置がある部屋のパスワードを教えてくれる。
  • リメイク版HGSSではロケット団幹部ラムダの声でしか開かないが、彼の声そっくりに物真似できる模様。また、同じくアテナの手持ちで登場する。

  • また、もともと未進化である為、四天王のカリンの手持ちでも登場する。HGSSでは強化後にドンカラスに進化している。

  • 上記の通り、悪の組織がよく使ううえにギンガ団のボス・アカギフレア団のボス・フラダリとの初戦で彼らの手持ちにおり、2戦以降からドンカラスに進化して立ちふさがる。

  • ポケモンSMUSUMでは、ポニの大峡谷で野生のヤミカラス達がリーリエの前に立ちふさがるイベントが発生する。
  • サンムーンではポニの大峡谷と終盤での出現であったが、USUMではメレメレ島のハウオリ霊園に出現するようになり序盤で入手が可能となった(その為、上述の通りにアローラ図鑑の順番が大幅に変わった)。

性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
608542854291405

  • ステータスは素早さが高い両刀アタッカーといった感じだが、習得技が特別強いというわけではなかった。



  • ただし元の耐久力が低く、「しんかのきせき」や「きあいのタスキ」を持たせてもあまり補えないので注意。さらに物理型として育てるにしても、あくタイプの物理技に乏しく、ほとんどが特殊技というのも痛い所であり、つじぎりは進化しないと習得しない。とくこうがそこそこ高いのが幸いか。

第9世代

  • ランクバトルが始まると、ダブルバトルで脚光を浴び、トップメタの一角と言えるほどの活躍を見せている。シーズン1では使用率4位を記録しており、シーズン2以降は使用率はやや落ちたもののそれでも20位以内を維持している。


  • 環境が固定化されないように先制「おいかぜ」要員として鉄板であったエルフーンがリストラされた格好となったが、ヤミカラスしかまともな先制「おいかぜ」要員が存在しないならそれですら使うという辺りから、先制「おいかぜ」がどれだけ強力な戦術かが窺える。他にも「はやてのつばさ」で先制「おいかぜ」ができるファイアローなんかもいるが、環境に跋扈するカイリューの「しんそく」が厄介なのであまり安定しない。また、「おいかぜ」以外に「くろいきり」も採用理由の一つとなっている。対策必須の強悪コンビであるヘイラッシャ+シャリタツを一手で安定して対策できるのは大きな強み。



  • 「さきおくり」は第8世代のDLC解禁前の環境におけるヤミラミも使っていたぐらいで、この世代では正直ヤミカラスが「さきおくり」サポーターとしてヤミラミの需要を吸っている感がある。

  • 「あまごい」「にほんばれ」は天候パの対策だけでなくパラドックスポケモンの「こだいかっせい」のトリガー等にも活躍でき、実際パラドックスポケモンが解禁されたシリーズ2からはにほんばれの使用率が大きく伸びている。ただし、相手側も同じことが起こるので諸刃の剣にもなりうる。

自身があく・ひこうタイプなので相手の「いたずらごころ」で止められず、味方の「じしん」にも巻き込まれないメリットもある。


  • ただ、シリーズ2に入るとパラドックスポケモンのパワーを受け切れない場面も増え、先制「おいかぜ」サポーターの地位をファイアローに追われるケースも増えた。

  • シーズン8に入ると伝説のポケモンが解禁され、より落ちやすくなった。更に新たな先制「おいかぜ」持ちでアタッカーもこなせるトルネロスも登場し、立場が更に危ういことになった。こちらは「さきおくり」や「くろいきり」といった変化技や「イカサマ」を一致で使える点で差別化が必要になる。


使用トレーナー

ゲーム版


アニメ版

  • リリー(無印241話)
  • ミチル(DP148話)
  • ゴウ

漫画版


番外作品

ポケモンGO

  • 金銀組の追加に伴い、実装。実装当初は捕獲成功率が御三家と同水準に低い、進化先が未実装なため戦力にもなり難い、それなのにもかかわらず昼夜を問わず頻繁に出現するといった理由から、嫌われがちなポケモンだった。

  • その後、ホウエン地方のポケモンの登場や天候システムの実装といった理由で、出現率は当初より大きく減少した。

  • そして2018年3月。「リサーチ」実装の都合か出現率が上がり、色違いも実装された。アップデート初日のみ捕獲成功率がかなり高かったが、ただのミスだったようで現在は従来通りの捕獲率に戻っている。

ポケモンマスターズ

  • 「悪の組織・ジョウト編」にてラムダが連れていたドンカラスが、HGSSで物真似していたあのヤミカラスである事が判明した

Newポケモンスナップ

  • フロレオ自然公園の「公園 (夜)」コースと、カクレ抜け道の「抜け道 (夜)」コースに出現する。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

〈レギュラーの手持ち〉

  • ゴウのヤミカラス
    • 新無印第83話にて、キララの願いアンノーンの力によって突然夜になった事が原因で、周囲から不吉がられて落ち込んでいたところをゴウにゲットされた。

〈ゲスト〉

  • 無印184話
    • 森でいたずらばかりしている3匹がジムバッジを磨いていたサトシ達の前に現れ、ファントムバッジをくわえて飛び去ってしまう。
    • 非常に頭がよく、サトシ達のバッジ奪還作戦をことごとく見抜いて失敗させた。しかしサトシのヨルノズクの頭脳的作戦でファントムバッジを取り返す。
    • コジロウの王冠まで奪ってしまった事でコジロウの標的にされ、ヤミカラスロボット「グレートヤミカラス1号」で襲われるが、ヨルノズクと連携してロボットをショートさせて撃退する。

  • 無印241話
    • 代々ポケモン魔法を研究しているリリーのポケモンで登場。

  • ミチルのヤミカラス
    • DP148話でミチルの手持ちで登場し、サトシ達にギラティナや激流の幻覚を見せていた。姉のルチルはムウマを持っており、どちらも「やみのいし」で進化するポケモンである。

  • ぼくたちピチューブラザーズ
    • 風船騒動の巻に登場(CV:坂口候一)。エンドクレジットでは「ヤミガラス」と誤植。
    • ピチュー(弟)を浮かせていた風船を嘴で割って落とすという役所。

その他

無印268話
AG11話・125話
DP60話・164話(絵のみ)
BW135話(イメージ)
XY129話
SM17話・18話・38話・73話・83話・90話・99話・106話・111話・112話
新無印9話・33話・54話
劇場版水の都の護神裂空の訪問者ディアルガVSパルキアVSダークライ破壊の繭とディアンシーみんなの物語

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

なにみてんだよ

  • シルバーのヤミカラス
    • シルバーの飛行要員で夜間の奇襲が得意。
    • ワタルから「性格がシルバーに似ている」と言われている。
    • シルバーが仮面の男によってホウオウに誘拐されたのが2歳であった為、ブルーと異なり鳥ポケモン恐怖症ではない事がわかる(一方のブルーの飛行要員はプリンカメックス)。
    • 体が非常に小さいのだがシルバーを足にぶら下げながら飛ぶ事が可能。
    • 第9章の開始までにブルーから「やみのいし」を渡されており、マニューラと同時にドンカラスへと進化した。

  • 3章:シルバーと同じマスクド・チルドレンであったカリンが連れていたりする。
  • 9章:ロケット団幹部・アテナのポケモンで登場する。

関連イラスト

ヤミカラスヤミカラス

夕焼小焼日没


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン GSC HGSS

ポケモン一覧 あくタイプ ひこうタイプ

鳥ポケモン ドンカラス


0197.ブラッキー0198.ヤミカラス→0199.ヤドキング/ガラルヤドキング


同複合タイプ


やみのいし繋がり


第4世代追加進化


関連ポケモン等


.

関連記事

親記事

鳥ポケモン とりぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3581763

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました