ピクシブ百科事典

おいかぜ

おいかぜ

おいかぜとは、ポケモンに登場する技の一つである。
目次[非表示]

データ

初出第4世代
タイプひこう
分類変化
威力-
命中-
PP30
範囲味方の場
効果3ターン(第4世代)→4ターン(第5世代~)の間味方の素早さが2倍になる


概要

第4世代から存在する技。
激しく吹き荒れる風の渦を作り出し、味方全員の素早さを2倍にする技。
主な習得者はやはりひこうタイプだが、北風の化身たるスイクンも習得できる。
第4・5世代では教え技になっている。

第4世代では効果が3ターン(実質2ターン)しか持たない上に交代で1ターン使ってしまう事もあって、シングルでは使いにくく専らダブルバトルで使われていた。
一応シングルでもおいかぜを使ったターンに使用者が倒されれば2ターン味方に恩恵があるが、明らかにリスクの方が大きく、現実的ではなかった。

第5世代ではターン数も4ターンに伸びた上、道具「だっしゅつボタン」の登場により使いやすくなった。
これによってシングルでもある程度採用しやすくなった。

第7世代ではZワザ化することによって、追加効果として「急所ランクが+2される」も付与される。
これによってカミツルギが急所ランク+1のリーフブレード・つじぎり・サイコカッターなどを使い分けたり、きょううんトゲキッスにいたってはすべての技が急所に当たるようになる。 すばやさ2倍の状態で。
両壁や防御・特防のランク上昇を無視して毎ターン飛んでくる攻撃は十分脅威に値する。
ダブルバトルだと、この急所ランクと素早さ2倍を活かしていかりのつぼとのコンボをしてくることも…。

なお、素早さを上げる以上トリックルームとの相性は悪い。
もっともその手のパーティの鈍足ポケモンにはトリル下以外ならば、そのままでも大抵先手が取れるため、あまり影響はなかったりする。
また、優先度+1以上の技に対してはいくら素早さを上げても勝てないのでその場合も要注意。
優先度+1同士で殴りあうなら話は別ではあるが。

補助わざとしては強力な性能ではあるが、無計画に使うのも良くない。
確かに素早さは1の差が先手後手を決めるのだが、逆に高すぎても素早さ過多で無駄になってしまう。まあ、その調整も特に難しいわけではないが。
相手のパーティを見極めて使う事が大事である。


現在ダブルにおいて環境破壊技と挙げられることも多い。
ダブル環境の大半がおいかぜで占められており、使用率上位のポケモンの多くも、おいかぜ前提なところが強く、実際に相手を少し見極めさえできれば、後はよく考える必要なくおいかぜするだけで大抵は圧倒できてしまう。
この状況は前々から今に至っており、その今も調整されていないという点では、BWですでに暴れていたのにXYでも調整なしにした結果環境を壊したいばるのよう。

こうした現状から過去作のようにターン数を減らすべきではなどの弱体化を挙げる声も根強い。

関連タグ

ポケモン技絵 ポケモン技一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「おいかぜ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7

コメント