ピクシブ百科事典

シルバー(ポケスペ)

しるばー

シルバー(ポケスペ)とは『ポケットモンスタースペシャル』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

注意書き

このポケスペのシルバーの絵に、単一タグ「シルバー(ポケスペ)」、あるいは「シルバー」「ポケスペ」の2つのタグを付けてください。
「シルバー」「ポケモン」の使用は避けるか、必ず「ポケスペ」を付けるようお願いします。
検索の際も「シルバー(ポケスペ)」での完全一致検索か、「シルバー ポケスペ」のAND検索で。

概要

ゲーム『ポケットモンスター金・銀・クリスタルハートゴールド・ソウルシルバー』のライバルがモデルとなっているキャラクター。
シルバーのタグがつけられる。ゲーム版のライバルと違い手袋をつけている

プロフィール

性別
誕生日12月24日山羊座
年齢(2歳) →(6歳)→11歳(第3章)→13歳(第5章、第6章)→16歳(第9章・第13章)
血液型AB型
身長170㎝
体重53㎏
瞳の色
家族父(サカキ)
出身地カントー地方・トキワシティ
能力アクロバティックな動き
登場章(第2章)・第3章・第5章・第6章・(第7章)・第9章
登場巻(7)・8・9・(11)・12-15・22・24-26・(27)・(28)・29・(37)・(38)・41-43
持ち物ポケモン図鑑(2代目→5代目)、ポケギア、望遠ゴーグル、ハンカチ、黒い手袋
代名詞換える者(ポケモンの交換)
人気投票7位(2011年)


人物

【企画】「望むところだ!」【アニメポケスペ】


ほぼ全章に渡って物語の裏で暗躍していた人物で、目的を達成する為には何事も厭わない性格。
ロケット団の首領サカキの息子。2歳の時に優秀な手駒を育てようと目論んでいた「仮面の男」にホウオウを通じて攫われ、「マスクド・チルドレン」として強制的に修行させられていた過去を持つ(後に「仮面の男」はサカキの息子だと知っていた上で、その才を買い誘拐させた事が判明する)。
年齢があまりにも幼すぎた為、ホウオウに誘拐されても鳥ポケモン恐怖症にはならなかった。

家族も自分の出自も知らず、物心がついた頃には既に「マスクド・チルドレン」として修業させられていた為、一緒に修行したブルーのことは本当の姉のように思っており、彼女を「ブルー姉さん」と呼び慕っている。
しかし、ブルーを慕うあまり、彼女のことになると感情的になる一面がある。

誘拐から4年後にブルーと共に脱走し、ブルーと共にあらゆる手段で生きて行った。
その後は自分の運命を狂わせた「仮面の男」に復讐するために「仮面の男」を追うようになり、その中で出会ったワタルのもとで動いていた。
5章ではブルーが両親と再会したことで、彼もまた自分のルーツを探すようになり、その中で父親がサカキであることを知った。

「サカキの息子」という典型的なサラブレットであることに加え、ポケスペ最強と名高い「仮面の男」に2歳の頃から英才教育を受けて育ち、更にワタルから指示を与えられながら強くなっていた為、ポケモンバトルの実力は非常に高い。
その為、バトルでは自身に及んでいなかったゴールドを当初は見下していたが、徐々に認めるようになる。

ただし普段は冷静な反面ブルーのことや自身の出生が絡んだことに非常に感情的になりやすく、そこを付け込まれて敗北することが多々ある。
一章ボスの息子であり二章ボスの配下であり三章ボスに育てられたという意味では「悪の王子」に相応しい境遇である。

逢魔が時


ジョウト組ジョウトリオ)が主人公となった9章では、再び復活の兆しがあるロケット団の復活を阻止するために活動するというある意味これまでのけじめをつけるような話になっている。
ラストにおいてそれまでの肩の荷がおりたのか、また幼少期に殆ど娯楽に縁がなかった反動か、子供向け番組の『タウリナーΩ』(この時点ではまだ企画諸段階)にハマり、放送が始まるまでゴールドの家に滞在している様子が描かれている。

所有ポケモン

第9章時点でのメンバー。ポケモンにニックネームはつけていない。

最初は「やつあたり」を使用していたが、イツキとの戦いで「おんがえし」にランクアップ。
第6章で「ハイドロカノン」を習得。

シルバーがまだサカキのところにいた頃から一緒にいたポケモン。
シルバーが2歳の時に共にホウオウに拉致され、以後幼いシルバーをずっと支えてきた。

タッツーだったときにブルーへ貸し出されており、ブルーは「タッちゃん」と呼んでいた。

飛行要員で、夜間の奇襲が得意。

いかりのみずうみで捕獲した。
グリーンとともに、青(一時的にレッドから借りたギャラ)・赤のギャラドスで共闘したことも。

元々はグリーンが持ってたサイドンが進化したものなのだが、第5章ラストでリングマがサカキを介抱した際、リングマが行方不明になっていたため、グリーンから新たな怪力要因として譲り受ける。

一時期手持ち

  • リングマ  特性:こんじょう 性格:?

ウバメの森で捕獲した、シルバーの怪力要因。
しかし、第5章ラストでサカキの介抱のために隠れ家に向かって以降、行方不明になってしまったが、9章のラストでサカキと共に戻ってきた。

逆輸入騒動

ハートゴールド・ソウルシルバー(以下HGSS)発売時に起こった、ゲーム版ライバル及びシルバーに関する大論争。
ゲーム内のイベントにおいてライバルがサカキの息子であるという事が正式に発表された。
HGSS発売前に既に金・銀・クリスタル版のライバルを原案とするシルバーがサカキの息子であるとしていたポケスぺの設定が公式に逆輸入されたと喜んだファンが掲示板その他各地で大々的に宣伝した。
それに関する支持と反論がファンやアンチだけに留まらずに巻き起こり論争へと発展した。

~経緯~
ポケスペは24巻、すなわち2007年。HGSSは2009年発売であり、サカキの息子設定の発表はポケスペが先行である。
しかし、2004年発売のファイアレッド・リーフグリーン(以下FRLG)において、既にサカキの息子は「赤髪」であると語るキャラが登場しており、また主人公をサカキの息子と勘違いする発言から、FRLGの主人公と年齢が近い「少年」であるということも語られていることが判明する。
こういった経緯から、現在では公式の伏線をポケスペが使用したという意見で大半がまとまっており、逆輸入説はほとんど鎮静化している。
公式ファンとポケスペファンの間にある溝の深さを露呈した事件である為、両ファンの間ではある種のタブーとなっている。

シルバーはロケット団か否か?

シルバーは首領サカキの息子ではあるが、ロケット団に所属していない。これは①組織に助力した描写が無い②組織の中に特定の立場が存在しない、等の事からうかがえる。
仮面の男は幼少シルバーを教育し、またロケット団を自らの目的の為に利用しようとしたが、その中にシルバーが所属したという事実は無い。(実質的な幹部として所属したのはシャムとカーツのみ)
よってシルバーの絵にロケット団関連のタグが付くことがあるが、彼単体の絵もしくはロケット団的要素が含まれていないシルバーの絵にロケット団関連のタグを付けることは相応しくないと言えるだろう。

関連イラスト

Team:Silver
「おい、待てよ」


Dear Silver !
シルバー!!



関連タグ

ポケスペ ポケットモンスターSPECIAL ポケスペの登場キャラクター一覧 ジョウト組 ジョウトリオ 
ブルー(ポケスペ) グリーン(ポケスペ) イエロー・デ・トキワグローブ ゴールド(ポケスペ) クリスタル(ポケスペ)
GSCライバル/HGSSライバル ← ゲーム版

pixivに投稿された作品 pixivで「シルバー(ポケスペ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47381

コメント