ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

オーダイル

おーだいる

オーダイル(Feraligatr)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0160
ジョウト図鑑No.009
ブルーベリー図鑑No.181
ローマ字表記Ordile
ぶんるいおおあごポケモン
タイプみず
たかさ2.3m
おもさ88.8kg
せいべつ87.5%♂・12.5%♀
特性げきりゅう/ちからずく(隠れ特性)
タマゴグループかいじゅう/すいちゅう1

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語オーダイル大+クロコダイル(英語で鰐)
英語・スペイン語・イタリア語Feraligatrferal(野生の、野蛮な)+alligator(ワニ)
ドイツ語ImpergatorImperator(皇帝)+Alligator(ワニ)
フランス語Aligatueuralligator(ワニ)+tueur(人殺し・殺し屋)
韓国語장크로다일장(jang、長)+claw(英語で爪)+Crocodile(英語でワニ)
中国語(簡体字)大力鳄大力(dàlì、力強い)+鳄魚(èyú、ワニ)
中国語(繁体字)大力鱷大力(dàlì、力強い)+鱷魚(èyú、ワニ)
ヒンズー語फेरलिगटर英語名の音写
ロシア語Фералигатр英語名の音写
タイ語ออไดล์日本語名の音写

進化

Merch: They monch

ワニノコアリゲイツ(Lv.18) → オーダイル(Lv.30)


概要

第2世代『ポケットモンスター金・銀』に初登場した、ワニノコの最終進化系。

進化したことでより全体的に大型化し、頭にあるトサカや背中の背ビレはより大きくなった。眼光も鋭く筋肉質になってしまった為に可愛い面影はもはや無いが、その容姿のかっこよさから人気は高い。


生態も現実のワニそのもので、大きく発達したアゴで相手に噛み付き、首を振って相手をズタズタにしてしまう。時にはその大口を開けて相手を威嚇したりもする。


基本的に淡水域の水中で生活しており、地上では大きな体を支えるのが辛いので四つん這いで歩行する(ただしHGSSBDSPの連れ歩きでは二足歩行している)。

地上・水中共に普段はゆっくりとした動きだが、獲物を捉えると強靭な後ろ脚で地面を蹴って、目にも止まらぬスピードで突進して喰らいつく。


名前の由来は恐らく「大 or 王+クロコダイル」から。

英語名はかなり無理矢理な感じになっているが、これは、金・銀当時ポケモンの英語名が10文字以内に収まるようにしていたため。

もしXYで初登場ならば、「Feraligator」になっていたかもしれない。


ゲーム上での特徴




性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
85105100798378530

大変バランスが取れたステータスの持ち主で、ステータス的には歴代のみずタイプ御三家の中でも優秀。同じく最初に選ぶ事が出来るバクフーンと共に選ばれる事が多いポケモンである。


  • その中でも特に「こうげき」「ぼうぎょ」が優れており、物理耐久だけならカメックスも上回る。とは言え特攻・特防も特殊技を使いこなす程度には備わっており、無理をすれば両刀も出来る。なお、素早さはカメックスと同値(78)で水御三家同率2位。ただ激戦区である80族に微妙に足りてないのが気にかかるところ。ちなみに種族値はカメックスの「HP」と「とくこう」および「こうげき」と「とくぼう」を入れ替えたものになっている。




  • 役割的にギャラドスと被ってしまうが、こちらはひこうタイプがない分4倍弱点がない、「ステルスロック」を受けた際のダメージが少ないというメリットがある。とはいえ、ギャラドスは優秀な特性を持つ上メガシンカも体得し、さらにマリルリという強豪もいるため、どうしても水タイプの物理アタッカーとして劣りがちな部分はある。曲がりなりにもそれなりにある特攻79も上手く活かして差別化するのも手であろう。

  • 『BW』からミニリュウ系列から「りゅうのまい」と「アクアジェット」を同時遺伝できるようになった。「れいとうパンチ」を絡めた同時遺伝はできないが、教え技で改善されている。第6世代からはメスからも遺伝する事が出来るようになった為問題ではなくなった。

  • 隠れ特性は「ちからずく」。長らく解禁されなかったが、2015年2月末にポケモンバンクからのプレゼントとして漸く配信された。オーダイルは「たきのぼり」や「アクアブレイク」、「れいとうパンチ」等、物理関連の追加効果持ちの技の習得には恵まれている為、十分特性を活かす事が出来る。

  • しかし実はちからずくが乗ってやっとギャラドスやマリルリと同程度の物理火力なのが難儀。加えて特性の都合上追加効果は期待できないので、使い勝手では下回ってしまう。積み技の採用は必須である。あとはいのちのたまの反動を受けず使用できるという点も差別化できる要素か。

  • その為低いわけでは無い特攻を活かし、特殊型にしてしまうのも一つの手である。この場合は「ねっとう」や「れいとうビーム」等が主軸となる。サブがやや少なくなる難点はあるが技範囲は上手くカバーできている為問題はないだろう。ちなみに特攻特化+いのちのたま+「きあいだま」でHP極振りのメガガルーラが乱数で吹っ飛ぶ。実はこれは特攻特化のメガカメックスの「はどうだん」ですら出来ない事である。

  • 勿論、両刀にしても問題ない。特に「ほえる」や「ちょうはつ」のせいで積み技を使い辛い時の奇襲になる点は大きい。特性のお陰で無振りでもそれなりの火力が出せるのは利点である。

  • ちなみにちからずく特性の個体は入手も比較的容易な方で、バーチャルコンソール版の第二世代ポケモンからポケムーバーで送れば、比較的手軽にちからずく持ちのワニノコ系統が手に入る。


また同期のメガニウムとバクフーンが最強のテラレイドバトルにて登場したためオーダイルも登場が確実視されている。


  • 最終進化形への進化の早さや乱数調整が事実上存在しないことから、ポケモンスタジアム金銀の3倍速機能を使った金・銀のRTAでは主流チャートに使われる。

使用トレーナー

ゲーム版

※1:ワニノコを選んで進化させた場合

※2:ポケモンマスターズではバディー

※3:金銀クHGSS主人公がヒノアラシを選んだ場合

※4:ポケモンスタジアム金銀で使用。


アニメ版

  • マリナ
  • ライデン
  • タケシ※トライアスロン

マンガ版


番外作品

ポケモンGO

  • 攻撃の種族値がみずタイプの中でもトップクラス。最大CP値ではさすがにシャワーズには及ばないものの、アタッカーとして使う分には文句なしの性能である。

  • ただし、ワニノコからの二段階進化を必要とする関係上、アメの数も125個とかなりの数を必要とする。さらにせっかく進化させてもわざにあくタイプこおりタイプのわざが混じってしまうことがあり、こうなると性能がガタ落ちしてしまう。わざマシンが余っているなら使ってしまうのも手。


ポケモンマスターズ

  • クリス&オーダイル
    • クリスのバディであるワニノコをバディーズエピソードで最終進化させる事が可能。命中不安定で高火力の「メガトンキック」をみずタイプの技に変えて振り回す。クリスのスキルで必中になるが回数が限られるので、使うタイミングがカギ。ちなみにこちらの個体は♀️。

  • シルバー&オーダイル
    • トレーナーズサロンでシルバーの親密度をレベル100にすると解禁。ヒビキのバディがヒノアラシである事から、この世界線ではワニノコをパートナーにしたのだろう。ちなみにこちらは♂️。
    • こちらはクリスと異なり、命中安定で妨害戦術に長けたテクニカルとなっている。

ポケパークWii

  • ビーチゾーンに登場。友達のギャラドスがゾーンマスターのエンペルトがいない事を良いことにビーチゾーンのマスターを自称し始めた事で島を繋ぐ橋を壊す程の喧嘩をしてしまう。自分が行くとまた喧嘩になってしまう為、主人公のピカチュウにギャラドスを止める事を頼む。アトラクション『ギャラドスのマリンスライダー』攻略しギャラドスを止めた後はピカチュウにお礼をし、道を塞いでいた大岩を破壊してくれる。ちからくらべで勝てばともだちになってくれる。

ポケモンレンジャー光の軌跡

  • 過去篇の難所の1つ。大きな水溜まりを出してキャプチャを妨害し、気持ちゲージの高速回復によって時間切れを狙ってくる。一番は動きを止めることだが、弱点であるくさ・でんきにその効果を持つアシストポケモンが皆無。このため足止めの隙に手数で勝負せざるを得ず、苦戦を強いられる。
  • もしくは対策としてヘロヘロ(一定時間気持ちゲージの回復を止める)効果を付加することが可能で、弱点は突きづらいものの扱いやすいゴルバットクロバットを用いるのも手である。
  • 現代篇ではブルーアイが操る個体をキャプチャすると、牙のような形のレンジャーサインで呼び出してポケアシスト要員として活躍させることもでき、水の柱を吹き出すオーダイルインパクトで援護してくれる。

Newポケモンスナップ

  • 2021年8月4日のアップデートによってヨーヨーリバーに出現するようになり、晴れて第二世代の御三家の最終進化系が全て登場することとなった。
  • 川の中を悠々と泳いで時折顔を見せる他、条件を満たすといきなり上から飛び込んでくることも。凶暴そうなイメージがあるが、ヌオーと仲良く眠る姿も確認できる。

ポケとる

  • イベントステージにて登場。初期配置はバリアがアルファベットのWの形に配置されており、これをどうにかしない限りは攻略は困難になると思われる。その後は3ターン周期でハリマロンピチューアリゲイツを各2匹ずつ斜めに召喚してくる。これら全てに対処しながらダメージを与えていくのは育成状況によってはかなり厳しいので、ねむらせるやこおらせるなどの状態異常でオジャマの発生を止めるなどして攻略するのが良いだろう。

  • スキルはデフォルトでまひさせる(2ターンオジャマストップ)、スキルチェンジでバリアはじき(バリアを2個消して更にダメージアップ)。最大まで育成すると攻撃力が140となるので(ポケとる中の全ポケモンの最大攻撃力でも3番目に高い)その高火力を活かせるバリアはじきへのスキルチェンジをおすすめしたい(スキルレベル最大で8倍、タイプ相性抜群補正で16倍なので、レベル・スキルレベル共に最大まで育成した場合バリアはじき発動で最低でも2240ダメージを与えられる)。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • マリナのワニワニ
    • DPでオーダイルに進化している。

  • ライデンのオーダイル
    • 無印194話でポケモン相撲道場で親方をやっているライデンのパートナーとして登場。相撲大会第一試合にて不正がばれたロケット団が腹いせに会場のポケモン達を強奪しようとした際、ハイドロポンプであっさりと撃退した。試合ではオーダイルとの体重差が大きく開いていた対戦相手のゴローニャに対し、力を抜いてよろめいた所を拳で地面へ叩きつけて初戦を突破した。決勝戦にてサトシのカビゴンとぶつかり、カビゴンの技を交わしながら隙をついて押し出そうとするもカビゴンに耐え抜かれてしまう。続いて一本背負いで勝負を決めようとするが、これも持ち堪えられ、その時の着地の衝撃でよろめいた所を、腹に押しのけられ一気に場外まで押し出されて敗北した。

  • 無印217話
    • うずまきカップの優勝者のポケモンとして登場。

  • 無印266話
    • モブで登場。

  • AG15話
    • ポセモントレーナーズスクールでバクフーンとバトルしていた。

  • AG174話
    • ポケモンコンテストに参加していた。

  • DP91話
    • サマースクールのトライアスロン・湖の競技でタケシが使用。


  • DP169話
    • レンジャーサインで召喚された個体が登場。

  • サイドストーリー2「カスミ!ブルーバッジをゲットせよ!」
    • バッジ職人のキンゾーのポケモンで登場。ブルーバッジを手に入れる最終試練の為カスミサニーゴを出そうとした際にコダックが勝手に出てきて、しかもオーダイルの迫力にビビって逃げ出し湖に転げ落ちて溺れてしまう。
    • なお、本来ならば最終試練にこのオーダイルとのポケモンバトルをするのだが、カスミの時はジムバッジを盗んだ不良少年を撃退したカスミのコダックの実力を認めてバトル無しでバッジを渡した。

  • ポケモンヒルズのオーダイル
    • 神速のゲノセクト_ミュウツー覚醒』ではポケモンヒルズのリーダー格として登場。ミュウツー、ゲノセクトたちに次ぐ、この作品トップクラスのメインキャラともいえる大活躍を果たす。
    • 住処である「ポケモンヒルズ」を荒らすゲノセクトたちを相手、小さなポケモンたちが避難する中ペルシアンやヘルガーなどの他のポケモンを率いてゲノセクトから住処と仲間を守るため奮戦。戦いの中、特に幼い個体のゲノセクトがヒルズの火災を止めるためにサトシのミジュマルと共に立ち向かった姿から、サトシたちに助力。自分たちの住処を荒らしたリーダー格である赤いゲノセクトに対しても、その救助に尽力した。ヒルズ側の視点主として活躍したその姿はまさしく準主役級といってよく、「オーダイル覚醒」とさえ言われるほどであった。


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

信念家族と相棒と。

  • シルバーのオーダイル
    • 性別:♂️・特性:げきりゅう
    • 性格:れいせい・個性:ぬけめがない
    • 姉貴分であるブルーのカメちゃん(ゼニガメ)同様にウツギ研究所から盗み出され、パートナーとなった。
    • 仮面の男への復讐心のみで行動していた当時のシルバーに影響されたのか、盗まれてすぐに同じ研究所のバクたろう(ヒノアラシ)と戦っている。
    • マダツボミの塔でゴールドとのバトル中にアリゲイツに進化し、ルギア戦でゴールドのバクたろう・クリスタルのメガぴょんと共に最終進化し、巨体で押し潰そうとしてきたルギアを押し返す事に成功。
    • ワニノコ時代はなつき度が低いのを逆に利用しなつき度が低いほど威力が高くなる「やつあたり」で相手を蹴散らしていたが、数々の冒険をシルバーと共にしてきた事で強い信頼関係が結ばれた事で、なつき度が高い程威力が上がる「おんがえし」に昇華しイツキのネイティオをノックアウトした。
    • 第6章で石化したシルバーが元に戻った後に瞬時に究極技を覚え、ブルーのカメちゃん(カメックス)・ルビーのZUZU(ラグラージ)と共に「水の究極技」"ハイドロカノン"を放った。

  • 5章:究極技の伝承者・キワメのポケモンとしても登場。究極技を放つ際の掛け声は「バシャッとはじけ!!水勢の力!!」

『ジョウの大冒険』

  • 単行本のオマケでジョウのワニノコが最終進化した。

『トライアドベンチャー』

  • 第1巻13話にメガニウム・バクフーンと共に登場。アルセウスに関わる砂漠の都市ラカラへ通じる道を示す柱の守護者。カツヤ達の前に立ちはだかり、カツヤのナナエ(ナエトル)とバトルする。

関連イラスト

ゆらゆらオーダイル

いけっオーダイル!オーダイル

ほぼオオダイル(フリー素材オーダイル


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン GSC HGSS

ポケモン一覧 パートナーポケモン(ポケモン御三家)

みずタイプ ワニノコ アリゲイツ


0159.アリゲイツ0160.オーダイル→0161.オタチ


ジョウト御三家・最終進化


水御三家・最終形態


関連ポケモン等


関連記事

親記事

アリゲイツ ありげいつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7493001

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました