2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第7世代
威力85
命中率100
PP10
タイプエスパー
分類物理
対象単体
効果相手がリフレクターひかりのかべオーロラベールを張っている場合、それを破壊して攻撃する


概要

第7世代から存在する技。念を纏った牙で相手にかみついて攻撃する。
実にハートスタンプ以来久々に追加された、数少ないエスパータイプの物理技である。

ザオボーハギギシリがこの技を使ってくる。
鋭い牙を持つエスパータイプ・ハギギシリをイメージした技だと思われるが、別にハギギシリ専用技ではなく、同じく鋭い牙が特徴のサメハダー系統もタマゴ技で習得可能。
また、この技を覚えたドーブルを♂親にすることで、ムーランド系統も習得できる。
USUMではキリンリキも習得した。

剣盾」ではわざレコードの技として起用され、多数のポケモンが習得可能となった。

サメハダー、ムーランドの場合も弱点であるかくとうタイプ対策として使える。
ハギギシリやメガサメハダーにはキバ技である為がんじょうあごが適応される。

地味にエスパータイプ物理最強技である。一部ではメタグロスにくれよ」という声を聞く事も多いが、実際のところこの技の壁破壊効果かたいツメの関係で渡すと更に手が付けられなくなる為、このままでいいのかもしれない。
それ以前にメタグロスは牙があるのか分かりにくい(一応、胴体の下の方に口があり下顎にちゃんと牙がある)ので、牙に関連する攻撃技を持たせると「アイツに牙なんてありましたっけ?」という疑問が出てきてもおかしくない。まあ、メタグロス系は磁力を放つ鉱物を好んで食す習性があり、ノズパスが特に標的にされるという説明もある(いわタイプを容易に噛み砕けるほど丈夫な顎を持つ)ので、メガシンカできない=「かたいツメ」を持たない環境なら覚えられてもおかしくはないわけだが。

そのままでも十分強い方ではあるものの、この技には「かわらわり」と同じく相手の壁を破壊する効果がある。素早さを通常条件または「トリックルーム」下で活かせないポケモンにとっては、「しねんのずつき」に代わる新たなメインウェポンとなっただろう。

壁の破壊に関しては、該当ページを参照してほしい。

ポケモンGOでは

2021年11月21日開催のコリンクコミュニティ・デイに合わせて実装。
とびかかる」、「シャドーボーン」に続いて3番目に追加された第7世代の技であり、レントラーが初出(ちなみに、レントラーがこの技を覚えられるようになったのはわざレコード化された第8世代からであり、地味に最新作の設定を拾った形になっている)。
その後追加実装されたまよなかルガルガンもこの技を覚えており、2022年9月以降はウインディエーフィキリンリキココロモリ等多数のポケモンがこの技を習得できるようになり、習得者が一気に増えた。

本作には壁の概念がない(一応、近い要素としてPvPにおけるシールドがあるが)ため、「すなじごく」や「どくどくのキバ」と同様、相手の防御を確定で1段階下げる効果の技になっている。

関連タグ

ポケモン ポケモン技一覧 
ハギギシリ
かわらわり

オリポケ:現状ではこの技名を予言したユーザーにタグが付けられている(2012年1月20日投稿)

がんじょうあごの恩恵を受けるキバ技

かみつく かみくだく ひっさつまえば ほのおのキバ かみなりのキバ こおりのキバ どくどくのキバ くらいつく エラがみ

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「サイコファング」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「サイコファング」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 752

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました