ピクシブ百科事典

ハギギシリ

はぎぎしり

『ポケットモンスター』シリーズに登場するポケモンの一種。
目次[非表示]

データ

図鑑番号779
分類はぎしりポケモン
タイプみず / エスパー
高さ0.9m
重さ19.0kg
特性ビビッドボディ / がんじょうあご

概要

ポケモンSM』から登場する魚ポケモン。
モンガラカワハギもしくはテングカワハギをモチーフにしている。名前の由来は「ハギ」と「歯ぎしり」から。

南国のイメージがあるアローラ地方に生息しているためか、今までポケモンとは一線を画す奇抜なカラーリングをしており、鋭くギザギザした歯を持つ。

頭の突起から強力なサイコパワーを放ち、獲物を捕獲する時は砂の中で頭の突起だけを出して、微弱なサイコパワーをレーダー代わりにして獲物を誘き寄せる。サイコパワーを浴びると激しい頭痛に見舞われ、最終的には気絶してしまうほど強力で、それを使って危険なポケモンを追い払うためにアローラ地方のビーチでは多くのハギギシリが放流されている。
大きな歯ぎしりをしだすとサイコパワーを放つ合図。気づいたポケモンは一斉に逃げ出してしまう。

この「歯ぎしりをする」という特徴は単なるゴロ合わせでもなんでもなく、モチーフのカワハギの習性が元ネタ。カワハギは釣りあげられると、歯ぎしりをして"鳴く"ことがあるのだ。

上記の危険なポケモンを追い払うという生態、特性の一つにがんじょうあごを備えている理由はモデルとなったカワハギの仲間であるウマヅラハギがクラゲを好み、集団で襲いかかっては鋭い歯で剥ぎ取って捕食するという生態から来ているものと思われる。また実際にハワイを中心とするオセアニアに属する地域ではクラゲの被害が相次いでいるため、ハギギシリが追い払うポケモンはもしかしたらドククラゲメノクラゲといったポケモンなのかもしれない。

捕獲手段は釣りに限定されているが、非常にレアでダダリンと同じくらいとにかく釣れない

特性は「がんじょうあご」と新しく追加された「ビビッドボディ」持つ。
「ビビッドボディ」は相手の先制技を封じてしまうというもので、映像ではガルーラねこだましを封じ込めている。(ファストガードと異なり、守るのではなく技そのものを封印している。)
ちなみにアマージョの「じょおうのいげん」と名前以外は同じ特性である。
サン・ムーン発売前には、第6世代で猛威を振るっていたはやてのつばさ持ちのファイアローを倒してくれるのではと噂されて…いた
蓋を開けてみれば、はやてのつばさ自体の弱体化によりファイアローの採用率自体が勝手に減るという結果になってしまい、対策要員としての需要自体が消滅してしまったのだ。
そして当のハギギシリはというと、もう1つの特性である「がんじょうあご」が優秀なせいで「ビビッドボディ」の影が薄くなってしまったのだった(もっとも単に前評判と食い違っていたというだけのことなので、別にこのポケモンの株が下がったわけではないのだが)。

とはいえ、「トリックルーム」と「こおりのいぶき」を覚えるためダブルバトルではケケンカニなどと組むことで「ビビッドボディ」のおかげで「ねこだまし」で妨害されにくい「いかりのつぼ」発動要因及びサポート役として活躍できる。

種族値は攻撃と素早さが高めで特攻は控えめと、設定でサイコパワーを推していた割には同タイプ初の物理アタッカーである。
もっとも特殊寄りだとスターミーの壁が厚いので幸いなのだが。
攻撃技は特別変わったものは覚えないが、「がんじょうあご」の補正がかかるので噛み付き技を高威力で扱うことができるのが強力。
特に新技のサイコファングは実質威力127の一致技となり、A特化型ならようきガブリアスげきりん超えという凄まじい威力になる。
この技はかわらわりのようにリフレクターなどを破壊できるという嬉しいおまけつき。
他にもかみくだくこおりのキバあたりを一致技感覚で放っていけるのは頼もしい。
ちなみにどう見ても魚のくせになぜかビルドアップを覚える
霊のくせにビルドアップを使えるミミッキュといい、の影響でも受けたのだろうか?

アニポケでは

第1話にて登場。この時はスイレンが海釣りをしていて釣り上げた。
第5話ではスイレンの自宅の玄関になんとハギギシリの魚拓が飾ってある描写がある。
第31話ではサトシたちがクルーザーでアーカラ島に向かう途中、縄張りに入ってきたホエルコを岩礁に閉じ込める。ハギギシリはいやなおとで応戦しサイコパワーでサトシたちを攻撃しようとするも、しまクイーン・ライチルガルガンにより撃退される。

関連リンク

ポケモンSM みずタイプ エスパータイプ
カワハギ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハギギシリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46812

コメント