ピクシブ百科事典

カワハギ

かわはぎ

フグ目カワハギ科に属する海水魚の一種。漢字表記は「皮剥」。

日本(本州中部以南)の沿岸に分布。「ハゲ」「ハギ」「カワムキ」「バクチ」などの地方名がある。
全長約30センチ前後。体は菱形で、極端に側扁する。目の上方背部と腹部にに鋭い棘を持つ(上部の棘は背鰭の一部が、下部の棘は腹鰭が変形したもの)。敵に襲われると岩の隙間に体を潜らせ、この棘で「つっかえ棒」をして閉じこもって身を護る。棘の突っ張る力は非常に強く、人間でもハンマーなどで岩を砕かない限り取り出す事は出来ない。
口先が突出しており、小さいが強い歯を持つ。驚くとこの歯をすり合わせて「ギリギリギリ」と鳴く事がある。多毛類、貝類、ウニ、甲殻類など様々な小動物を餌とし、砂中の生き物は口に水を含んで勢いよく吹きつけ、水流で巻き上げて捕食する。また、エチゼンクラゲを集団で襲う光景が観察されている。
鱗は無く、分厚い皮膚を持つ。調理する際は先ず、この皮を剥ぎ取ってから下拵えする。「皮剥」の名はこの事からつけられた。夏が旬で、白身の肉はフグの代用品にされるほど美味。また、肝臓も味が良いので共に賞味される。
釣りの対象魚だが、餌盗りの名手でもある為、本種を狙った釣りは難易度が高い釣りのひとつに数えられる(そして本種を狙わない釣りの場では、餌泥棒として嫌われる事がある)。

pixivに投稿された作品 pixivで「カワハギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3418

コメント