ピクシブ百科事典

メノクラゲ

めのくらげ

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.72
英語名 Tentacool
ぶんるいくらげポケモン
タイプ みず/どく
たかさ 0.9m
おもさ 45.5kg
とくせいクリアボディ/ヘドロえき


進化

メノクラゲドククラゲ

波に乗るまでがオープニング



概要

名前の由来は恐らく『クラゲ』か瑪瑙+クラゲ。いずれも頭の水晶体を目や宝石に例えた名前の由来となっている。恐らくモデルはハコクラゲの一種、アンドンクラゲ
クラゲの姿をしたポケモン。頭部にある赤い水晶体は目ではない。
よく見ると下の部分にしっかり目がある。
メノクラゲを構成する過半数以上は水が占めている。
そのため進化前としてはやや体重が重め。

生態

海に生息する。水晶のような目で太陽光を屈折させてビームを放つらしい。おそらくその目とは下の部分にある白い目ではなく、頭の赤い結晶体の事だと思われる。(先ほど目ではないと述べたが、一応目ではあるらしい。)
ゲームでははかいこうせんこそ覚えないがオーロラビームれいとうビームを覚えてくれる。
体の99パーセントは水分で出来ている為か、水に溶け込むほど透明なボディをしている事から、気づかずに側を泳いだポケモンや人間、メノクラゲを釣り上げた人間達が誤って刺される事故が頻発しているらしい。残りの1パーセントは毒を作る器官で出来ているのだとか。病院へ急げという図鑑説明から血清の類や治療法は確立されている模様。
近年の作品では毒の触手での攻撃方法は刺すだけでなく、噛むという表現も使っている。か、噛む?(関西地方の表現で蚊などに刺された際に使う表現らしい。)

クラゲという一見、強靭ではなさそうなモチーフに見えて、干からびた状態からでも水を浴びれば元どおりになったり、ちぎれた触手を再生できたりと中々にタフなやつである。

天敵は不明だが、メノクラゲが浅瀬を好むという生態や、アローラ地方のビーチで危険なポケモン避けにハギギシリを放しているという設定がある事から、ハギギシリが天敵だと思われる。(タイプ相性においても有利である他、元ネタの一つであるウマヅラハギがクラゲに噛み付いてボロボロにしてしまうという生態がある。)


ゲームでの特徴

『ポケットモンスター』というゲームにおいて、殆どの地方の海でウザイ程登場してくるポケモン。 完全に登場しないのはイッシュ地方のみ。
ガラル地方では、ガラル本土ではなくDLC『鎧の孤島』の舞台であるヨロイ島に生息が確認された。

意外に素早いので、先頭が遅いポケモンだと巻きつかれて逃げられなくなったり、ちょうおんぱでこんらんさせられたり、どく状態にされたりと散々な目に遭う。
とは言え、ウザイ程出現するということは、努力値稼ぎにはうってつけの相手ということでもある。特防努力値を稼ぎたいなら出現場所を調べておいた方がいいだろう(特に、野生ポケモン狩りが一番効率のいい努力値稼ぎ法である第6世代までは)。

アニメのメノクラゲ

無印19話「メノクラゲドククラゲ」で住処を壊されたメノクラゲたちが人間たちに復讐する。また三倍酸の化学反応で通常より大きくなったドククラゲやニャースを操るメノクラゲが登場した。

××クラゲとは

まさか、こんなところにメノクラゲがいるとは思わなかった。
ぼくはたまたま、この海辺に泳ぎに来てメノクラゲに左腕を噛まれてしまったのだ。当然、静脈は切断された。真赤な血が、とめどもなく流れ出した。
ぼくは出血多量で死ぬかもしれない。一刻も早く、医者へ行かなければならないのだ。
しかし、不案内なこの漁村で、医者を捜すのは容易なことではない。しかも切断された切り口と切り口がずれないよう右手で、くっつけて合わせていなければならないので走りまわることができないのだ。
少しでもずれたりすると、たちまち血が吹き出してしまうのだ。

関連イラスト

メノクラゲ
NO.072 メノクラゲ



関連動画



関連タグ

ポケモン一覧 ねじ式 イシャはどこだ!
プルリル ブルンゲル
ハコクラゲ アンドンクラゲ

関連記事

親記事

みずタイプ みずたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メノクラゲ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 744356

コメント