ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ポケモンカードゲーム

ぽけもんかーどげーむ

ポケモンカードゲームとは、ゲーム『ポケットモンスター』を題材にしたトレーディングカードゲームのこと。
目次[非表示]

概要

ポケットモンスター』を題材にしたカードゲームである。1996年から販売。公式の通称はポケカ。
発売元は株式会社ポケモン。商品パッケージには表記されていないが、製造は任天堂(日本国内)が行っている(手掛けているトランプの製造ラインを利用できる為)が、かつてはメディアファクトリー(現KADOKAWAブランド)が手掛けていた。
なお、海外向けのポケカを製造する印刷会社はアメリカに置く子会社のThe Pokémon Company InternationalがMillenniumPrintGroup(同国のノースカロライナ州印刷業者)を2022年買収し、海外向けのポケカの製造元としている。かつては過去に競合する某モンスターのカードゲームでお馴染みのウィザーズ・オブ・ザ・コーストだった。
拡張パックと構築済みデッキが主力商品であり、マクドナルドのハッピーセット(台紙から剥がすまで内容はわからない)や劇場版の来場者特典、ゲームの購入者特典の定番として扱われ(「ポケモンキッズスペシャル」(指人形シリーズの派生シリーズ)や「ポケモンチョコスナック」といった菓子のおまけとしても展開された)、ゲーム作品と並ぶ「ポケモン」コンテンツの屋台骨として君臨している
黎明期には派生コンテンツとして姫野かげまる先生による漫画「ポケモンカードになったワケ」(全6巻)やゲームボーイで対戦することをコンセプトにした「ポケモンカードGB」シリーズ(第1作は1998年12月18日に発売され、第2作『ポケモンカードGB2 GR団参上!』は2001年3月28日発売)が展開されていた。

何気に国産の本格的トレーディングカードゲームとしては日本初のものである。遊戯王OCGより2年ほど先輩。おまけにゲームが原作のカードゲームではトップクラスの長寿シリーズである(ライバルのデジモン(派生作品を含む)のTCGですらなんどもシリーズを畳んでいる。詳しくはこちらにて)
他のTCGでいう「ブースターパック」を「拡張パック」と呼称し、この用語を全国に広めたTCGの一つでもある。

ただし当初の正式名称は『ポケットモンスター カードゲーム』で、裏のデザインや枠デザインも現在とは異なり、現行シリーズとは区別されている。現行のルール向けに初代ポケカが再現され復刻された事もある。
名称が『ポケモンカードゲーム』に切り替わったのは2001年発売の「VSシリーズ」以降(後述)。

なお、往年のファンにお馴染みのポケモン言えるかな?はこのポケモンカードの販促用に作られたものである。歌っている人も製造元の社員というおまけつき。

pixivでは、ポケモンカード風に描かれたものや、ポケモンカードを題材にしたイラストにこのタグが使われている。

時間を司る者ディアルガ
空間を司る者パルキア



基本的に使用されている設定はゲームがベースであるものの、劇場版公開記念に販売されるデッキやパックにはアニメ版やリアルイベントの要素が取り入れられる事も少なくはない(『ポケモンカードVS劇場限定版』や『ポケモンカードゲームADV 映画公開記念 VSパック』、『ポケモンカードゲームサン&ムーン 30枚デッキ対戦セット サトシVSロケット団』など)。加えてGBA世代に販売された拡張パックにはホロンと呼ばれる地域やデルタ種のようなオリジナル設定が多数登場していた。
プロモカードではCMソング担当のイマクニ?氏やおしえテレビのおにいさんまで参戦(後者はゲーフリでポケモンのデザインを担当していた吉田宏信氏。ソーナンスダークライを手掛けたスゴイ人なのだ)。

外伝作品からは「ポケモンXD」、「乱戦!ポケモンスクランブル」、「ポケモン+ノブナガの野望」、「ポケモン不思議のダンジョン救助隊DX」、「名探偵ピカチュウ」(2019年4月26日にはムービースペシャルパックとしても展開された)、ポケモンGO、「MARIOPIKACHU」などが参戦(「ポケモンレンジャー」出典のカードはないが、「蒼海の王子」のゲストであるジャック・ウォーカーが「ジャッキーのキャプチャ」という名前のカードで参戦した)。

国産のTCGでは長い歴史があるシリーズである為、環境のインフレ化を防ぐべく、レギュレーションによって使用できるカードが定められており、一部カードは「サン&ムーン」〜「ADV」までのカードが使用できる事がある。一方で、非公式戦では初代ポケカを除いた旧カードは引き続き使用可能である(わかりやすく言うのであれば、「裏面が同じであればデッキに組み込める」というわけ)。
つまり、ダイマックスメガシンカの共演も実現可能な他、過去作限定のタイプでも戦えるというわけである。ちなみにゲームに使うコインやダメージカウンター玉は公式と非公式に問わずどちらでも使用可能である。

『ポケモンカードゲームBW はじめてセット+』には「ポケモンカードゲームあそびかたDS』が同梱されていたり、『エキスパートデッキ リーフィアVSメタグロス+オンライン』にはオンライン対戦ができるPCソフトが同梱されるなどシリーズ展開に当たって電子媒体で対戦する画期的な試みがなされたが、『遊戯王マスターデュエル』のようなオンライン形式(デジタルの)のシリーズはその後、長らく登場してはいなかった。
その代わりとしてか、Skype・Zoom・Discordを使った「リモートポケカ」を公式は推奨しており、対戦するためのマナーも紹介されているので一読してみるのも手だろう(リンク)。

シリーズ名

『ポケットモンスターカードゲーム』シリーズ

『POCKETMONSTERS CARD GAME』と裏面に記載されたシリーズ。現在のポケモンカードゲームシリーズとの互換性はない。英語表記は『POKÉMON CARD GAME』に変更された。

シリーズ名解説
ポケットモンスターカードゲーム黎明期のタイトル。「20th Anniversary」と題して『ポケモンカードゲームシリーズ』版の裏面に変更し、互換性を持たせた拡張パックが2016年に販売された
ポケモンカードneo金銀編に突入したシリーズ

『ポケモンカードゲーム』シリーズ

現在定着しているデザインのモンスターボールが描かれた裏面が特徴的なシリーズ(通称:新裏)。
一般に「ポケカ」というと本シリーズを指す。

シリーズ名解説
ポケモンカードゲームVSジムリーダーや四天王をテーマにしたシリーズで、ポケモン達は彼らの手持ちという扱い
ポケモンカードゲームWebポケモンセンターオンライン限定商品で、パッケージは存在しない
ポケモンカードeeカードリーダー対応シリーズ(第3世代のカードeリーダー+用に展開されたものは本作とは無関係)。ここまでのシリーズはいわゆる「スタン落ち」の対象。
ポケモンカードADV第三世代の展開に伴い、開始されたシリーズで、タイトルはアドバンスアドベンチャーの略
ポケモンカードゲーム実はこのタイトルになったのは2004年から2006年までのたった2年間でしかない。デルタ種が活躍したのもこのシリーズである
ポケモンカードゲームDP第4世代がベース。以降は殿堂入りレギュレーションで使用可能
ポケモンカードゲームDPt『プラチナ』の発売により、こちらに改題
ポケモンカードゲームLEGEND『HGSS』がベース。
ポケモンカードゲームBW第5世代がベースで、つるの剛士がCMソングを担当して話題となる。以降はエクストラレギュレーションで使用可能
ポケモンカードゲームXY第6世代がベースで、メガシンカが登場。途中から「XY BREAK」に改題。
ポケモンカードゲームサン&ムーン第7世代がベースとしたシリーズ。ZわざがGXわざとして登場
ポケモンカードゲームソード&シールド第8世代や「LEGENDSアルセウス」がベースのシリーズ
ポケモンカードゲームスカーレット&バイオレット第9世代がベースのシリーズ。

シリーズの特徴・エピソード

  • 60枚デッキは「スタンダードデッキ」、30枚デッキは「ハーフデッキ」と呼ばれる。
  • 道具やトレーナー、スタジアムをモチーフにしたカードは「トレーナーズ」(トレーナーがモチーフのものは「サポーター」、スタジアムがモチーフのものは「スタジアム」、道具は「ポケモンのどうぐ」や「グッズ」)と呼ばれる。
    • もちろん、わざマシンをモチーフにしたカードも一定数ある。
  • 特性に相当する概念として「ポケボディー」や「ポケパワー」がある。
  • カードイラストは公式絵の他にも、絵本風、CG、果ては森井ユカ先生が手掛ける実写と粘土の融合が使用されており、コレクターも多い。
    • コロコロコミック1999年9月号の付録である「ヤドキング」(旧ポケカ版)は浜ちゃんがイラストを担当した事で有名。
  • 基本的に種族値というものがないので、原作では不遇だったポケモンが環境を破壊することがザラにある。
  • 「〇〇の〇〇」といった特定のトレーナーのポケモンや特定の生息地に住むとされるポケモンや、「わるい〇〇」といったポケモンなど名前に称号を持つカードが存在する。
  • ダイマックスポケモンは「〇〇VMAX」、メガシンカポケモンは「M〇〇」と表記されている。
  • HGSS』をベースにした「LEGEND」シリーズでは2枚で一つのカード「LEGEND」ポケモンが登場。イラストこそ美麗だが、テキストは非常に読みにくく、2枚組み合わせてベンチに出す事が出現条件となっているので非常に扱いにくい。
    • 「ソード&シールド」シリーズではこれを上回る4枚構成の「V-UNION」が登場している。
  • デルタ種という姿形は通常種と同じでありながら、タイプの異なるポケモンが存在する(詳しくはデルタ種の項目にて)。
  • ユンゲラーは諸事情で旧ポケカを除いて長らくカード化されていなかったが、ユリ・ゲラー氏が公認及び解禁を宣言した事で話題になった。(該当ツイート
  • 『DPt』シリーズではレベルの概念が投入され、『Lv.X』というレベルを持つポケモンは通常種よりも頭一つ抜けた性能を持つ。後にレベルルールは廃止された。
  • 本作から他のメディアに逆輸入された要素もあり、例えば漫画『ポケットモンスターSPECIAL』に登場するロケット団幹部サキはサポーターカード「ロケット団の幹部」が元ネタ。
  • サトシゲッコウガはプロモカード『サトシゲッコウガEX』として参戦。この他にもダークルギアアーマードミュウツーが参戦した。
  • 色違いポケモンももちろん登場。カード名に星が付いていたり、「ひかる〇〇」という表記がなされた事もあったが、『ソード&シールド』シリーズ展開中の現在では通常表記となっている。
    • 中には拡張パック「きせきの結晶」収録のセレビィのように、発売当時は本家で入手する手段のなかった色違いもチラホラ…。
  • 本家ポケモンのような複合タイプは『X・Y』シリーズから「デュアルタイプ」として登場。ただし、初登場の「爆熱の闘士」と「冷酷の反逆者」ではボルケニオンEXを除いた該当ポケモンは全て色違いと設定されていた。
  • アニメ作品でも度々登場し、ロケット団のコジロウがポケモンを調べる際に使用したり、劇場版第2作『幻のポケモン ルギア爆誕』ではジラルダンがパンフレットのおまけカード(海外では来場者特典)であるミュウのカードを持っていた(イラストは『ミュウツーの逆襲』で登場した壁画のものであり、テキストは古代文字風、裏面は特別仕様となっている。のちに『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』のパンフレット特典に付属しており、裏面も石板デザインにアレンジされているが、デッキに入れること自体は可能)。
  • メガサチコEXなるポケモンですらない何かがカード化された事がある。ただし、進化元がカード化されておらず、公式大会で使用する事は不可能。
    • そして劇場版『ポケットモンスター ココ』ではとうとう同作の主人公である人間「ココ」が草タイプのたねポケモンとして登場。どこぞの喧嘩番長よろしくポケモンとただの人間がタイマン勝負する構図が出来上がる(ご丁寧に図鑑説明付きである他、特に使用制限はない)。
    • 攻撃技「ターザンキック」の威力は120もあるが、命中判定はコイントスで行われる。
  • なお、通常サイズとは異なるカード(いわゆるジャンボカード)も存在し、「ポケモンカードゲームはじめて大会」で配布されたレシラムの「ホワイトブレイズ」は一発1000ダメという凄まじい威力を誇るが、デッキに入れることは不可能。
  • 世界で最も値打ちのあるポケモンカードは「ポケモンイラストレーター」という名前の小学館「イラストアーティストコンテスト入賞商品カード」である(参考)


遊び方

YouTubeチャンネルの動画を参照。
カードでポケモン勝負を行う。

  • 事前にサイドにカードを6枚(ハーフデッキなら3枚)置いておく。
  • 交互に技を出し合い、ポケモンのHPを0にして「きぜつ」させるごとに、プレイヤーはサイドに置かれたカードを1枚とる。ポケモンEX、GX、Vの場合は2枚、タッグチーム、VMAXの場合は3枚とる。2匹以上が同時にきぜつした場合は、きぜつしたポケモンの合計分とる。とれるサイドの枚数を多くするアイテムやワザ、逆に少なくするスタジアムがある。
  • サイドに置いてある全てのカードを取った方が勝利する。また、山札が引けなかっり、ベンチにポケモンがいない状態でバトルポケモンがきぜつしても敗北となる。
  • ポケモン以外が描かれたサポート用のカードもある。
  • 現在ではかなりインフレしてきており、特性でエネルギーを自分の番に何回もつけられたり、条件を満たせばノーリスクで200を超えるダメージが叩き出せたりする。さらにベンチを8体まで出せるカードも登場した
  • トレーナーズはマチスの作戦を使った場合を除き自分の番に1回しか使えないサポート、何回でも使えるグッズに分けられる。
  • ダメージや状態異常(10ダメージ受け続ける「どく」と20ダメージ受け続ける「やけど」)はダメカンやマーカーを使用する(後述)。
    • 「封印マーカー」(『封印!サーナイトex』に付属)と「雷震マーカー」(『雷震!バンギラスex』に付属)という特定のカード専用のマーカーも存在。前者はサーナイトex(デルタ種)のポケパワー「ふういん」で相手のポケパワーを封じる為の、後者はバンギラスex(デルタ種)の「らいしん」で相手ポケモンをワンパンする為の物(実際は「エレマーク」を使って雷震マーカーを付ける必要があり、二度手間である)である。
  • 本家よろしく、ダブルバトルルールも存在する(参考)。

参考動画


youtube:rVBpupF4TLQ]

タイプについて

タイプは本編と比べて簡略化されている。
なお、本作で使用されているアイコンはアニメ『ポケットモンスター』のOPでも使用された。

ポケモンカードでのタイプ本編でのタイプアイコン
くさ / むし / どく(第3世代レギュまで)葉っぱ
ほのお
みず / こおり
でんき稲妻
エスパー / ゴースト / どく(DPレギュ~SMレギュ)/ フェアリー(剣盾レギュ以降)
かくとう / じめん / いわ握り拳
あく / どく(剣盾レギュ以降)悪魔
はがね逆三角形を覆うカーソル
ドラゴン※1ドラゴン(BWレギュ以降)
フェアリー※2フェアリー(SMレギュまで)
ノーマル / ひこう / ドラゴン(LEGENDレギュまで)六方向に弾けたマーク
※1:ドラゴンタイプのエネルギーは存在しない。ただし、ドラゴンタイプ専用のダブルドラゴンエネルギーというものは存在し、全属性の役割を果たす。
※2:剣盾のレギュレーションでは廃止されている。

状態異常

ポケモン本編と同じく、状態異常が存在する。ポケモンチェック(お互いの番が終わるたび)に状態異常の効果が発動する。

  • どく
ポケモンチェックのたび、ダメカンを1個のせる。ワザによっては2~15個のせられるカードもある。ドクロッグの「ポイズンアップ」でのせるダメカンを2個増やすこともできる。
  • やけど
ポケモンチェックのたび、ダメカンを2個のせる。その後コインを投げてオモテなら回復する。
旧ルールでは「コインを投げてウラならダメカンを2個のせる」という自然治癒がない仕様だった。
  • まひ
逃げたり、ワザを使うことができない。自分の番終了後のポケモンチェックに回復する。エスケープボートを使用すればこの状態でも逃げられる。
  • ねむり
逃げたり、一部を除きワザを使うことができない。ポケモンチェックのたびにコインを投げてオモテなら回復する。エスケープボートを使用すればこの状態でも逃げられる。
  • こんらん
ワザを使う時にコインを投げ、ウラならワザが失敗し、自身にダメカンを3個のせる。
(強制きぜつ)
状態異常というよりはワザの効果だが、番を終了させたり、特定のワザを受けると即座にきぜつする効果。

コイン

一部のワザやサポートなどを使う時に必要なコイントス。オモテだとワザが強化されるが、ウラだとワザが失敗、弱体化したり、自分に不利な効果が発生する博打要素。イツキを使うことによって、一度ワザ・特性・トレーナーズ使用時に裏表を選ぶことができる。また、ビクティニの「しょうりのほし」やルミナスメイズの森によってコインの結果を一度なかった事にし、投げ直すことも可能。
デッキのセットやまとめ買いセット商品によっては異なるが、主にセットにちなんだポケモンがあしらわれたコインが付いてくる。

レアリティ

一覧はポケモンカードを参照。

ポケカバブルとその人気

それまでは穏やかな人気を誇っていたカードゲームであった。それどころか、中古ホビーショップでもシングルカードが取り扱われないことが多いなど立派なマイナーカードゲームであった。

2018年後期、突如として大ブームが来ていた。
YouTubeでの宣伝、9月1日のスタン落ち(互換性的にはサン&ムーン以降のカードしか使えない)のレギュレーション、更にはスタートデッキで始めやすくなったことより、新規はもちろん、様々な展開についていけなくなった他のTCG勢からポケモンカードゲームを始める人間が増えるようになった。
通常スタン落ちは大抵のTCGの場合ユーザー離れを起こし、売り上げに若干影響が出るのだが、人気が落ちることなくむしろ盛り上がったのは前述の理由とポケモンのロイヤリティーがそうさせている。

これにより構築済みデッキおろか拡張パック、更にはスリーブやアクリルダメカンがショップやネットで売り切れポケモンセンターでは長蛇の列ができるようになった。お店側は後述の転売被害も防ぐため抽選販売や購入個数などの販売制限が掛けられるようになった。
また、あるカードの相場も最低レアでも5000以上の価格で取引されたとこもある。代表的な例がカプ・テテフGX等がある。
中古カードでもサン&ムーンのカードであれば殆ど高い値がついてしまいシングルでも売り切れることがよくあり、シングルで強化したくても強化できない状況となった。
まさに始めたいけどデッキ名がないので始められず、強化したいけどパックやシングルカードがないため強化できない。最悪の場合、ポケカの存在理由を履き違えた転売ヤー(利益的かつ、商業的に転売目的で商品を大量購入するリユースバイヤー業者)やインターネット詐欺の餌食になると言う阿鼻叫喚の地獄絵図となった。
また、高額取り引きされたカードの内、実際に買えたのはボロボロにくしゃくしゃになったカードを購入してしまうと言う良品を語った詐欺の被害に遭ったユーザーも少なくない。
現在のところ供給が間に合い落ち着いているが、人気の高いパックやサプライに関しては売り切れ、サン&ムーンのカードは膨大で再録されてない若しくは再販に間が空いているカードには高めの相場になっており、それもシングルでも人気の高い汎用性のあるカードが売り切れてしまうというのが実情である。中古販売で綺麗な状態なおかつ、使用済みのレアカードやゲーム専用グッズが買えるのは極めて希と言うのが現実である。

どのカードゲームでも言えることだが、カードを買う場合ネットだけでなく実際の店舗やポケモンセンターのオフィシャルショップサイトで調べたり、シングルカードの相場を多くのサイトを拝見し、見極めながら探し買うことをお勧めする。そして何より新作商品はできる限り早く予約して確実に購入すること。

ポケカの勢いに他のTCG勢が咎めたりする等の論争が問題になっている。嫉妬の気持ちはあるだろうがそれはできるだけやめていただきたい。違うカードでも楽しいことには変わりないからである。

このポケカバブルがあったからこそ、昨今の事情によりTCG冬の時代となった2020年でユーザーと大会の減少等の大損害を被ったものの、ポケモンのロイヤリティーで新規参戦したプレイヤーやポケカバブルから参加したプレイヤーのおかげで大事には至らない。むしろ高い売り上げとプレミアカードの出現等により、遊戯王と並ぶ人気のTCGに成長しつつある。

……だが現在その人気が災いしカードを店から買い占めてそれを餌にパックやBOXを高額取引を持ち掛ける業者が続出し、本来遊ぶために買おうと思っていた人が買えないという事態が発生。再び売り切れ続出で予約ができる店舗が皆無になる上、さらに前述の理由からカードの強盗、窃盗など社会問題にもなってしまっている。公式や販売店も対策を講じているが徹底に至っておらず、嫌気がさしてカードで遊ぶのをやめてしまう人も続出している。これには公式広報も謝らざるを得ない状況となった。また、ポケモンに限らずカードゲーマーからは法整備も含めた転売規制を求める声が上がっている。

そんな中でも次第に転売ヤー活動を目的とした海外からの移住者がやってきて、彼らが日本に常駐して活動するなど、転売ヤーの勢いはとどまることを知らない。特に中国勢の勢いが目覚ましく、一説には個人ではなく組織的にこのような活動をしていると言われる。

これによってプレイ人口が少なくなれば衰退し、様々な人のクレームが増え続けていく。テレビでポケモンカードの事件が報じられ悪い印象が植えつけられ、最悪の場合、販売店の取り扱い中止、商品展開の延期やサービスの打ち切りになる恐れもあり、先行きは不透明。不安がる人も増え続けている。

ただポケモンカードゲームだけがポケモンの全てではないことを忘れないでほしい。たとえ買えなくてもしばらく待てば買えることもあるし、買えないフラストレーションを転売ヤーや株式会社ポケモン、販売店等にぶつけるのでなくポケモンカードの原点である原作ゲームアニメなどの他のポケモンのメディアやグッズに触れてポケモンカードのモチベーションを維持することもポケカユーザーのできることの一つである。
それともし手に入れたら、株式会社ポケモン、クリーチャーズ、ポケカに関わっている人たちに手紙やメールなどで、要望よりも何らかの感謝の気持ちや個人的な感想を伝えておくといいかもしれない。
そして、どんなに有名なカードゲームの作品であっても誰か(或いは転売ヤーの利益のため)によって転売されるがために多くのゲームメーカーからそのカードが生まれてきている訳ではない事も忘れてはならない。

海外でもポケカバブルは落ち着いていて普通に買えると思いきや、ハッピーセットの特典が売り切れることがあるため、ポケカバブルは所詮は国内だけの問題とは言い難い。

問題も多くあるが、これからもポケカがきっかけでポケモンが好きになることと、ポケモンが好きでポケカが好きになることを祈っている。

本編への逆輸入

カードのポケモンはゲームのポケモンは使えないオリジナルの技・能力を覚えていることが多く、注目してみると面白い。
更に、そのオリジナル技・能力は後にゲーム本編で採用されることがある。特に第3世代が顕著だった。

▲特殊能力・特性が本編で技に変化したもの
○技が本編で特性に変化したもの
■技が本編で道具に変化したもの
◇道具が本編で技に変化したもの
♡特殊能力・特性が本編で性格に変化したもの

そのままの名前で採用された例

第2世代あくむ / あまごい / うずしお / げんしのちから▲ / こうごうせい▲ / ころがる / じたばた / スパーク / テクスチャー2 / どろかけ / のろい / マッハパンチ / みちづれ / みらいよち / ラッキーパンチ
第3世代いかく○ / エアカッター / おくびょう♡ / おどろかす / おにび / おんねん / カブトアーマー / このゆびとまれ / こんじょう / しおふき / シェルアーマー / じゅうでん / すながくれ○ / すなじごく / せいでんき○ / だくりゅう / だっぴ○ / ちょうはつ / てだすけ▲ / どろかけ / ひらいしん○ / ふんか / へんしょく / みずあそび / めんえき / りんぷん○ / ロックブラスト
第4世代アイアンヘッド / あまいミツ■ / エアスラッシュ / エナジーボール / おみとおし / かえんだま■ / きあいだま / こおりのつぶて / さきどり / しっぺがえし / ダークホール / ついばむ / なげつける / ほうでん / ナイトメア○ / ゆうわく / リサイクル
第5世代あおいほのお / いやしのはどう / かえんだん / かたきうち / サイドチェンジ / じならし / ダブルチョップ / テレキネシス / ドラゴンテール / ぼうふう◇ / ほのおのまい / やきつくす / らいげき
第6世代おたけび / フリーズドライ / まとわりつく
第7世代かげぬい / どくのいと / じごくづき / とびかかる / つけあがる
第8世代かがくへんかガス / くらいつく / だいちのはどう / ダブルウイング / たまひろい○ / ねらいうち / ポルターガイスト
第9世代うらみつらみ / かかとおとし / ゴールドラッシュ / ジェットパンチ / とびつく / ばんけん / レイジングブル


若干表記が変更された例

第3世代とおせんぼう / ハイドロカノン
第8世代クイックドロウ○ / ぶちかまし / ボディプレス
第9世代カタストロフィ▲ / スレッドトラップ


別のオリジナル技の効果と混合させて採用された例

第8世代クイックターン


余談

DP編以降のカードには原作ゲームの図鑑解説がフレーバーテキストとして掲載されるようになった。
しかし、『ディアルガVSパルキアVSダークライ』公開記念に劇場で販売された『映画10周年記念プレミアムシート』に収録されたカードは原作ゲームの生態ではなく、劇場版の設定が記載されている(ちなみに、このシートはダークライの枠だけが空いており、入場者特典のダークライを入れる事で完成する)。この他にもコレクションシートはある。

ポケモン解説
ミュウツーひとのてによって つくられた。にんげんをにくみ せかいをせいふくすることによって ふくしゅうを くわだてる。
ミュウせかいのはじまりのきに すむ まぼろしの ポケモン。 はじまりのきと いのちを きょうゆうしている。
エンテイしょうじょの さみしいこころに はんのうして あらわれた。けっしょうとうに でいりできる ゆいいつのそんざい。
ルギアふえのねに みちびかれ せかいのききをすくうためあらわれる。 うみのかみと よばれている。
セレビィときをわたる ちからをもつ。 もりのまもりがみと よばれる。
ラティアスみずのみやこの まもりがみと よばれる。 ひみつのにわで こころのしずくを まもっている。
ラティオスみずのみやこの まもりがみと よばれる。 おおつなみによる まちのききをすくった。
ジラーチせんねんに いちどだけ めをさまして にんげんのねがいを かなえてくれるという。
デオキシスじょうきょうにより さまざまなフォルムに すがたをかえる。 すぐれた じこさいせいのうりょくをもつ。
ルカリオすうひゃくねんの ふういんから よみがえった。 はじまりのきを すくうため はどうをはなつ。
マナフィうみのおうじとよばれ うみのポケモンたちの リーダーてきそんざい。 うみのしんでんに ゆいいつ たどりつける。
(以上、出典は『ポケモンカードゲームDP 映画10周年記念プレミアムシート』より)

『ポケモンカードゲームDP 映画公開記念 プレミアムシート2008』や『たいけつ!ギンガ団 特製カードファイル』(モチーフはシンオウ御三家で「ポケモンフェスタ2008」で配布)など、この手の構築済みデッキや拡張パックとも異なるコレクター向きのファイルとカードのセットはイベント会場での配布と販売が行われていた。

初期から製造自体は任天堂のカード生産ラインで行っているものの、任天堂自体が販売元になるのは消極的だったとされる。

ダメカンにはアクリル製と紙製が存在する。紙製のダメカンと状態異常アイコンの紙製コイン付き。

ソード&シールド以降に登場する一部のポケモンのカードにはシールになっており、メタモン(無印レアリティ)がごく希に紛れているらしい。
サン&ムーン以前には初版生産分を示す1=Editionマークや拡張パックを示す独自のマークがあったが廃止された。エキスパンションとなり、フレーバーテキストのレイアウトが変更された。

ゲームソフト

ポケモンカードGB / ポケモンカードGB2
ポケモンカードゲームDS
PC(Windows)ソフト(遊び方・オンライン対戦)

関連企画

【企画】ポケモンカードのオリカを作ろう@BRY【受付終了】
「ポケモンカードのオリカを作ろう」テンプレート【受付終了】



関連タグ

ポケモン ポケモンカード レギュレーション
オリカ TCG 花札

ザブングル/サンドウィッチマン:「ポケモンカードゲームLEGEND」の構築済みデッキ「バンギラス悪」と「ハガネール鋼」の販促を担当し、「カッチカチやぞ!」「悪いぜェ!」の掛け合いを披露。ちなみにナレーションは我らがかいりき若本

つるの剛士:「BW」での販促を担当しており、『BW』劇場版第1作にも出演した。片桐はいり具志堅用高もCMソングに挑戦した。

幻のポケモン:「幻のポケモンゲットチャレンジ」の対象商品となる事があり、ポケカそのものの人気も合間ってこのキャンペーンの展開中はキャンペーンコードの入手を巡って対象商品となったパックの購入が困難になる事も…。
ポケモンGO:強化拡張パック「PokémonGO」ではプロモーションコードが印刷されたおまけカードが封入されている。

参加しているイラストレーター(pixivユーザーなど一部)

Origin』のパッケージイラスト、トレーナーサポートカードなどを担当。

その他のカードゲーム

遊戯王OCG / MTG / デュエルマスターズ(ジャンボカードありや背景ストーリーあり):ポケカと共に長く続いているカードゲーム。

アンジュ・ヴィエルジュ:同じくメディアファクトリーから発売されたカードゲーム(ただしこちらは富士見書房との共同企画)。

広報担当

イマクニ?(初代広報)
ハンドルネーム
ライチュ梅川
ななっぷる
クチート竹内
よぴふっと

外部リンク

ポケモンカードゲームトレーナーズWebサイト
公式Twitter
ポケモンカードゲーム公式YouTubeチャンネル
ポケモンカードゲームイラストストーリー

関連記事

親記事

ポケモン ぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412752

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました