ピクシブ百科事典

ころがる

ころがる

ポケモンの技の一つ。20代プレイヤーのトラウマ。
目次[非表示]

データ

初出第2世代
いりょく30
めいちゅう90
PP20
タイプいわ
分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考外れるまで5ターン連続で攻撃し、攻撃が当たる度に威力が2倍になる
事前にまるくなるを使っていると威力が2倍になる
英語名Rollout


概要

第2世代で登場したポケモンの技。
5ターンの間転がり続けて相手にダメージを与える技。
主に球体状のポケモンや丸まる習性を持つポケモンが習得できる。
進化前や進化途中が球体状のナッシーボーマンダも習得できる。
ちなみにこの技、第4世代では何故か教え技となっている。その結果習得できるポケモンは第6世代現在何と171種類もいる。中にはどう考えても転がれそうに無いポケモンも…。
スターミーとかボスゴドラとかゴーゴートとか…。進化前ひっくるめても無茶である。

威力は30と低めだが、これは最初だけの話
この技は攻撃する度に威力が倍増すると言う効果があるのだ。
これで5ターン攻撃するので5回目の威力は脅威の480
タイプ一致で撃たれたものなら半減でもただでは済まない。

それだけではない。
技を仕掛けるポケモンが事前にまるくなるを使ってる場合も威力が2倍になるのである。
まるくなるを使った後の5回目の威力は960
ここまで来ると異次元の領域である。

…しかし、現実はそんな威力が出せるほど甘くは無い。
前述した通り、この技は5ターンの間転がり続けて攻撃するものである。
つまり攻撃中は他の指示は一切出せなくなる。相手からすればその間やりたい放題である。
いくら威力が上がろうが無防備を晒してやられては話にならないのである。
また、攻撃を外すと技が終了してしまう点も問題である。
この技、命中率は90%である為外す可能性が大いにある。5ターン持つ確率は約59%さいみんじゅつすら下回る。いくらなんでも浪漫にも程がある…。
そしてまもるみきり等、攻撃を透かす技の存在が痛すぎる。

いずれにせよ、プレイヤーに多大な浪漫力を求められる技であることは間違い無い。

そして、この技を語る上で外せないのが金銀のアカネミルタンクである。

ゆうとくけど  うち


ミルタンク自体も3番目のジムで出していい様なスペックじゃない強さではあるが、こちらの手持ちのレベルが高く無い事も相まって、不一致とは言え凶悪な威力を誇る「ころがる」によって多くのトレーナーの手持ちが一方的に轢殺された
実は残りの技が3割ひるみふみつけ体力半分回復ミルクのみオスはほぼ機能停止するメロメロなので何をされようが簡単に勝てるもんじゃないが、特に「こるがる」のインパクトが強く、今でもトラウマになってる世代は多い
なお、リメイク版のHGSSでも当時と同じ技構成となっている(レベルは1下がった)。やめてくれ

ちなみに当時のアニメでもサトシミルタンクの「ころがる」で3タテされた
ただでさえトラウマものなのに何故ぶり返すような事をするのか…

ポケダンでも同様の性能で、うっかりころがるを食らって
力尽きた探検隊や調査団は数知れない、本家同様危険な技である。

その他

スマブラシリーズでは、スマブラDX以降におけるプリンの通常必殺技として登場。
発動と同時にその場でチャージを始め、ボタンを離すと転がり始める。チャージした時間に応じて与えるダメージや転がる時間が変わり、転がり中は方向転換が可能。
全くチャージをしなかった場合はスピードが歩く時の速度よりも遅くなり、ダメージ判定が一切発生しない。
このような仕様となっている上、技の使用者が上級者向けキャラなので、原作での猛威は見られなくなった。

関連タグ

ポケモン わざマシン一覧 みんなのトラウマ アイスボール

pixivに投稿された作品 pixivで「ころがる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55296

コメント