ピクシブ百科事典

ビクティニと黒き英雄ゼクロム・ビクティニと白き英雄レシラム

びくてぃにとくろきえいゆうぜくろむびくてぃにとしろきえいゆうれしらむ

ポケモン映画第14作。
目次[非表示]

概要

2011年7月16日公開。
2作合わせてシリーズ14作目かつベストウイッシュシリーズ第1作としている。
元々は『ビクティニと黒き英雄ゼクロム』のみが第14作として発表されていたが、後に『ビクティニと白き英雄レシラム』の上映が公表され、シリーズ初の2作品同日公開となった。
劇場版では数少ない、既に発表済みの伝説のポケモンをメインとした作品。

相違点(ネタバレ注意!)

・『黒き英雄』ではゼクロムが、『白き英雄』ではレシラムがサトシに協力をする。それに伴い登場人物のセリフや重要アイテムに変化がある。
・一部の登場ポケモンが変化している(『白き英雄』ではジャンタゴルーグ、『黒き英雄』ではカリータサザンドラが色違いであることなど)。
・『黒き英雄』には荒野に住む大地の民・セードが登場し、『白き英雄』では氷原に住む大地の民・オードが登場する。
・物語冒頭でドレッドが訪れる大地の民の集落が『黒き英雄』では荒野になり、『白き英雄』では氷原になっている。
・一部のシーンが左右反転している。
・一部のBGMが違う。なお『黒き英雄』の劇伴担当は他の劇場版やTVシリーズでの宮崎慎二氏では無い。
・エンディングの曲が違う。いずれもEveryLittleThingが担当し、両曲は同じメロディーだが、歌詞やアレンジ、曲構成などが異なる。
・配信ポケモンに関する説明は『黒き英雄』はジョーイが、『白き英雄』はジュンサーが担当。

興行収入について

興行収入も2作まとめて合算され、43.3億円となった。
2作合わせて前作(41.6億円)と同程度な事からもわかる通り、この作品以降ポケモン映画の興収は急降下していく。
(※全体的の興行行入の変化は関連タグの「劇場版ポケットモンスター」を参考)

関連タグ

劇場版ポケットモンスター
ビクティニと黒き英雄ゼクロム ビクティニと白き英雄レシラム
ベストウイッシュ ビクティニ

pixivに投稿された作品 pixivで「ビクティニと黒き英雄ゼクロム・ビクティニと白き英雄レシラム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35692

コメント