ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ふんか

ふんか

ここでは、ポケットモンスターシリーズに登場する「わざ」について解説する。
目次 [非表示]
  • 一般的な用法については噴火の記事を参照。

データ

初出第3世代
分類特殊
タイプほのお
威力150
命中100
PP5
範囲相手全体
直接攻撃×
備考自分のHPが減少するほど威力が低下する。

概要

第3世代で登場した、ほのおタイプの大技。迸る怒りを爆発させ、相手全体を攻撃する。

第4世代の物理/特殊分離では、特殊技に分類された。


ほのおタイプの技としては「ブラストバーン」と並ぶ威力150を誇る。

ただし高威力技のお約束で、相応のデメリットが存在する。

それは自身のHPが減れば減るほど威力が減衰していくというもの。

威力計算は「最大HPに対する現HPの割合」となっており、早い話が1でもダメージを受けた時点で威力を維持できなくなり、最終的にはたったの1になる


この仕様上、先制技にすこぶる弱い。

ただ、HPが7割ほど残っていればまだ「だいもんじ」程度の威力は出せるため、ある程度の減衰は割り切るという考え方もある。



当初はバクーダコータスグラードンしか習得者のいない、専用技に近い扱いがなされていた。

第4世代で多少増えたが、どうも火山に関係するポケモンに絞られているようで、分類名が「かざんポケモン」であるバクフーンエンテイを始めとして、進化前を含めてもまだ1ケタという希少ぶりであった。

この時増えたポケモンは全てほのおタイプであり、以降の追加は編集時点でバクフーンのリージョンフォームであるヒスイバクフーンただ1例しか無い。

ちなみにグラードンはゲンシカイキによって後天的にほのおタイプを得ている


最速でも(習得時点で既に「高速」とは言えなくなっていた)バクフーンとエンテイなので、「こだわりスカーフ」などで「すばやさ」を補強することが多い。

それでは間に合わないほど遅いバクーダやコータスは、味方が「トリックルーム」を展開した後に出てきて放つのが一般的である。

こうした性質と範囲攻撃になる特徴から、ダブルバトル以上の団体戦で見かけることの方が多い。


特にコータスは第7世代で特性「ひでり」を獲得したため、一度場が整いさえすれば晴れ×タイプ一致×威力150というとんでもない火力を先制でぶつけることができる。

団体戦では「ようりょくそ」持ちによる「おさきにどうぞ」という手段もあり、中でもドレディアとの並びは鉄板の域。この場合ドレディア側は攻撃に参加できないが、それでも無対策のパーティは簡単に溶けてゆく。


関連イラスト

バクーダ の ふんか !ゲンシグラードン


関連項目

ポケモン技絵 ポケモン技一覧 ほのおタイプ

しおふき:同じ性質のみずタイプの技。

ドラゴンエナジー:同じ性質のドラゴンタイプの技。

リザードン中国語名が「噴火龍」だが「ふんか」は覚えない。

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81683

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました