ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第4世代
いりょく-
めいちゅう100
PP10
タイプあく
わざ分類物理
対象単体
直接攻撃×
備考持たせた道具で威力・効果が変化する。技使用後、道具はなくなる。


概要

第4世代初登場の技。
言葉通り自身の持ち物を投げつける技。但し投げつけてしまう以上投げた道具はなくなる。
なお、投げる前に所持していた道具の効果を受ける

持ち物によって威力や効果が変化し、威力は10から130まで様々。
最高威力130を出せる持ち物はくろいてっきゅうなのだが、素早さ低下+接地のデメリットが大きすぎることや、技を使うまで他のあく技も強化できる(もちろんなげつけるも強化できる)ことからこわもてプレートも選択肢として主流。一方でくろいてっきゅうの場合はトリックルームアクロバット、特性かるわざと組み合わせる構築が多く見られる。
第8世代から、わざレコードを投げることでレコードに入っているわざと同じ威力が出せるようになり、くろいてっきゅうのデメリットを回避しつつ高火力が狙えるようになった。

また、どくどくだまかえんだまでんきだまをなげつける事によって状態異常を誘発することも出来る(それぞれもうどく・やけど・まひ)ので、状態異常にする技に乏しいポケモンがこれを使うこともある。

しかし、効果を度外視していろいろとおかしなものを投げつけさせて楽しむトレーナーも少なからずいるようだ。特にカイリキーあたりがきんのたまを投げるのが恒例。なお、実際の純金は密度が高く、純金製のきんのたまはそれなりの重さがあってもおかしくない。なのだが、ポケモンではなげつけても何故か威力30にしかならず、でかいきんのたまもやはり30しか威力が出ないため、ネタ方面以外での用途は皆無というものとなっている。

なお、第5世代以降特性「ぶきよう」のポケモンはなげつけるが出来なくなった。

ポケダンでは10マス以内ならどこに敵がいても、一番近い敵に道具を投げつけられる。
つまり風来のシレンに出るひまガッパ系の物投げと同じ挙動になる。

使う道具について

投げつけられない道具は、モンスターボールわざマシンメールジュエルべにいろのたまあいいろのたまとくせいカプセルとくせいパッチくちたたてくちたけん、各種のZクリスタル
ただし、アクZの「なげつける」からブラックホールイクリプスの発動は可能。

メガストーンは持つポケモンに対応するものでなければ投げつけることができた。
また通常は覚えることは無いがアナザーギラティナのはっきんだま、アルセウスのプレート、ゲノセクトのカセットは投げつけられない。
きのみは何を投げつけても威力10。きのみで攻撃するならしぜんのめぐみのほうが強力。

/(^o^)\


がくしゅうそうちしあわせタマゴなどの育成用の道具も投げつけられるので、間違えて投げつけてしまわないように注意。
特にケロマツ系列が序盤から中盤に掛けてこの技を習得してしまうため、面白半分にうっかり大切なものを投げさせないように気をつけたい。

なお、投げ付けた道具はリサイクルで元に戻せる他、第5世代以降は「ものひろい」でもちものに空きがあると回収できる。ただしリサイクルは技スペース2つ潰すことから実用性は低い。

すりかえ等からなげつけるに繋げられる可能性がある。下記のように倍率が同じ強化アイテムを持たせる場合、威力が低いものを優先すると良い。

  1. がんせきおこう(威力10)
  2. がんせきプレート(威力90)
  3. かたいいし(威力100)

効果

追加効果のある物のみを記載

道具威力効果
各種きのみ10きのみの効果
メンタルハーブ10相手のメロメロ状態を治す
しろいハーブ10相手の下がったランク補正を戻す
おうじゃのしるし30相手をひるませる
するどいキバ30相手をひるませる
でんきだま30相手をまひ状態にさせる
かえんだま30相手をやけど状態にさせる
どくどくだま30相手をもうどく状態にさせる
どくバリ70相手をどく状態にさせる

関連イラスト

ヒヤッキーのなげつける!
バオッキーのなげつける!
ヤナッキーのなげつける!



関連タグ

ポケモン技一覧
持たせた物を消費する攻撃繋がり:しぜんのめぐみ

外部リンク

なげつける - ポケモンWiki

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「なげつける」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 177953

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました