ピクシブ百科事典

ザシアン

ざしあん

『ポケットモンスター』シリーズに登場する伝説のポケモンである。
目次[非表示]

「ウルォーード!!」

基礎データ

図鑑番号No.888
分類つわものポケモン
タイプフェアリー(れきせんのゆうしゃ) / フェアリー・はがね(けんのおう)
高さ2.8m
重さ110.0kg(れきせんのゆうしゃ) / 355.0kg(けんのおう)
特性ふとうのけん


概要

初登場は『ポケモンソード・シールド』。
ガラル地方に存在する伝説のポケモンの1匹で、ソード版のパッケージを飾る。

古傷だらけのすらりとした身体を持つ青い狼の姿であり、黄金に輝く『』を咥え、騎士の鎧のような刃と、ツインテールのような首毛を生やしている神々しい出で立ち。
「盾」のような装甲を纏うザマゼンタとは対をなし、共に長い眠りについていたザマゼンタのライバルともとも伝えられている。

人の王と力を合わせガラルを救った「伝説の英雄」と呼ばれる存在で、金属を取り込み武具に変化させて戦う力を有している。

咥えた剣の切れ味は凄まじく、あらゆるものを切り捨て、ドラゴンタイプのポケモンたちが持つ分厚い鱗も紙のように切り裂かれてしまうほど。
その斬撃は肉眼で捉えることが不可能なほどの速度を有し、疾風の如き速度で戦場を駆け抜け、その刃に討たれた者たちは、痛みも感じぬままに散っていくとされる。

そうして敵を倒す華麗な身のこなしは美しく、繰り出される攻撃は相対するものさえも魅了し、妖精の舞を見ているようとも比喩される。

Fairy King's Sword


この事から『妖精王の剣』の異名を持ち、味方はおろか敵からも崇められていたようだ。
特に剣を蒼く発光する大剣に変化させての斬撃は、ダイマックスポケモンの持つパワーに強い特効性を有し、海を真っ二つに切り裂くほどの破壊力だと云われている。

名前の由来は「The・シアン(色の一種)」から。
曰く「青いヤツに出会った」「蒼い騎士を見た」といった人間の目撃証言が言い伝えとなり,ザマゼンタ共々そのまま名前として定着していったらしい。

全身の色合いはザマゼンタと比べると淡いパステルカラー寄りの色調になっており、色違いは全身がよりはっきりしたシアン色に変化する。
鳴き声は「wolf(狼)」+「sword(剣)」を組み合わせたものと思われる。

フォルム

ザシアンは2種類の姿を持ち、普段の姿は「れきせんのゆうしゃ(歴戦の勇者)」というフォルムでフェアリー単タイプ。「くちたけん」の力により剣と鎧を装備した「けんのおう(剣の王)」となり、はがねタイプが追加される。

The Fairy King's Sword.


歴戦の勇者の姿は、首の毛(剣の王の際に逆立って鎧が付く部分)が下に垂れており、ツインテール状の首毛は三つ編みになっている他、左耳の半分が切れている。

ゲーム上での特徴

フォルムHABCDST
歴戦の勇者9213011580115138670
剣の王9217011580115148720
上昇値0400001050


上述の設定から前作のルナアーラ同様メスであると思われるが、ゲームでは多くの伝説ポケモンの例に漏れず性別不明となっている。

歴戦の勇者でも攻守共に優れた能力を持ち、このままでも十分強力。剣の王が苦手とするほのおタイプじめんタイプのポケモンが増えて来たら此方の形態にするのも手だろう。

歴戦の勇者ではザマゼンタと全く同じ能力値であるが、くちたけんを装備してけんのおうになると攻撃と素早さが上昇してかなり攻撃的な配分となる。(因みに能力値上昇はゲンシカイキより低めだが、その分無駄が少ない)

攻撃170ブラックキュレムと同じ数値。加えて下記の特性で攻撃ランクが上昇するため、実質的な攻撃の種族値は最大281に達する。これはメガクチート(最大262)をも凌駕する(つるぎのまいを使う場合はこの限りではない)。
この状態から放つタイプ一致のじゃれつくは驚異。火力指数にして49410と1ターン目からデメリット無しで出せる火力としては最大級であり、生半可な耐久のポケモンなら軽く消し飛ぶ。

さらに素早さも148に上昇。フェアリータイプはがねタイプ共に最速のポケモンとなった。
禁止伝説の中でも抜きん出た高さであり、これを上回るのは禁伝ではデオキシスのみ。

突出した攻撃に目がいきがちだが、何気に耐久面も優秀。
元のフェアリータイプにはがねタイプが加わり、弱点2、半減9、無効2となる。
HPはそこまで高くないが、防御特防も115と数値だけで見ればスイクンと同等ほどにあり、
不一致のじしんだいもんじ程度なら軽く耐える。
ゲンシグラードンとは致命的に相性が悪いものの、剣盾ではゲンシカイキが廃止された為少なくとも現在の所は心配は無用だろう。

専用特性は「ふとうのけん」(不撓の剣)で、場に出た瞬間に自分の攻撃ランクを1段階上げる。
シンプルに強い効果であり、物理アタッカーの天敵いかくと相殺し合えるのが大きな利点。

専用技の「きょじゅうざん(巨獣斬)」は、けんのおうの姿の時「アイアンヘッド」から変化するはがねタイプの物理技。
威力100、命中100とはがね技の中でも最高峰の性能を誇り、
さらに対象がダイマックス状態のときはダメージが2倍になる追加効果がある。
これによりダイマックスしたポケモンを相手にするマックスレイドバトルでは無類の強さを誇り、
レイドのお供として日々駆り出されている。

圧倒的な火力と素早さに高水準の防御、優秀なタイプと特性、習得技のラインナップと、どの点を取っても文句の付けようが無い凄まじいポケモン。
デメリットはダイマックスできないこと。これは本ポケモン独自の設定ならびに仕様によるもの。耐久は耐性も考慮すれば禁伝基準で見ても高めな方だがダイマックスで耐久が底上げできないため、「きょじゅうざん」を耐えられるポケモンにダイマックスされるとそのまま撃ち負けることもある。
また、持ち物がくちたけんに固定されることもネックだが、そもそも型のレパートリーが少ないザシアンにとっては大した弱点ではない。…が、どうしてもほかの道具を試したいのなら歴戦の勇者で使ってみるのも良いだろう。
その他、「積んで上から超火力で叩く」という戦術を極めた反動なのか、意外と搦め手への耐性が低め。アイテムが固定されるためにみがわり以外で対策できない状態異常を始め、襷カウンター、スカーフによる奇襲など、穴と言える部分はしっかり存在している。意外なところでは、かみくだくを採用しない場合ヌケニンで詰む…なんてことも。
また物理一本のポケモンである以上おにびにも注意が必要。素早さを落とされるでんじは
危険。

禁止伝説使用可能の対戦ルールでは、ザシアンへの対抗策として隠れ特性のメタモンが重宝されている。変身は使用した瞬間の相手の姿をコピーできるため、くちたけんを持っていなくてもけんのおうの姿になることが可能。さらに能力変化をコピーできるため「ふとうのけん」による相手の攻撃ランク上昇にタダ乗りしつつ、メタモン側も「ふとうのけん」が発動しもう1段階攻撃が上昇することで、攻撃が2段階上昇かつ持ち物も持てるザシアンが誕生する。
ザシアン側もこれに対し、みがわりを張ることで特性「かわりもの」を発動させないようにするという対抗策を講じている。
また、メタモン以外にはヌオーも対策として使用されている。こちらは特性てんねんによりふとうのけんの攻撃上昇を無効化してしまい、しかもザシアン側からの有効打がほとんど存在しない(抜群を突ける技がほぼソーラーブレードのみ、他はかみくだくで防御ダウンを祈るくらい)。

総じて非常に強力なポケモンだが、何も考えずに使って勝てるようなポケモンというわけでもない。現実的な範疇で可能な対策も少なくないため、適当に扱うとあっさりと止められ、処理されてしまう危険性も秘めている。ザシアン対策への対策や、ザシアンが止められてしまったり、ザシアンを選出したくない場合の別の勝ち筋の用意など、パーティメンバー全体の構築が重要になるという点は変わらないといえる。

その性能の高さから、シングル・ダブルの両ルールで伝説のポケモンとしては使用率トップに君臨している。シングルではシーズン開始当初から変わらず、ダブルでは例のかいていポケモンの下の2位についていたが、そちらは環境面での逆風が響いたためかついに使用率が逆転した。

外部出演

期間限定のコラボイベントにおいて、スピリッツボードにザマゼンタとセットのアタッカースピリット(無属性)ととして登場。階級は伝説に相応しい「LEGEND」級。
余談だが、パッケージデザインの伝説ポケモンが最高クラスのスピリットに設定されるのはホウオウ以来である。(マイナーチェンジも含めるならばギラティナ(超化)以来)。

対戦では、キルソード持ちのフォックスバックシールド装備のウルフを相手に、終点化したテンガン山やりのはしらをステージに戦う。
特別なステージギミックは無い為、気軽に戦えると思えるが、攻撃力の高いウルフに加え、10000超えの強さもあるので、油断はせずに1体ずつ倒してクリアする事を薦める。

元ネタ考察

「剣」を咥えた「騎士」のような風貌の「狼(っぽい獣)」ということで、この3要素を中心にモチーフ考察が進められている。

「騎士」要素については、本作の舞台からしてアーサー王をモチーフにしているのではないかと言う意見が多い。本作のタイトルが剣盾というタイトルからランスロット(盾を持つ騎士ギャラハッドの父親)、猛犬と呼ばれ、アーサー王伝説にも影響を与えた英雄クー・フーリンという可能性もなきにしもあらず(クー・フーリンは槍を使う逸話の方が有名な一方で剣を使っているエピソードも存在している)。
「剣」については、前述のアーサー王から連想してエクスカリバーをイメージしているのではないかと言われている。

一方「狼」モチーフについては第7世代の後に発売された作品に登場する事から北欧神話における太陽と月を食らう双子の狼という説やアーサー王の飼っていた狼ゴルラゴン等の説がある。
歴史人物であるチンギス・ハンの象徴する動物も「青い狼」である事から何らかの関係があるのかもしれない。

先述の情報から、やはり元ネタはアーサー王である可能性が非常に高い。
アーサー王の持つエクスカリバーは湖の妖精から賜った剣であり、激しい戦いの中で折れたという伝承は『妖精王の剣』という異名やキーアイテムの『くちたけん』の特徴に合致する上に、くちたけんは元々石碑に刺さっていた物という設定がアーサー王伝説の選定の剣そのまんまである為。また、この石碑があるのはまどろみのもり奥地の湖というエクスカリバーと選定の剣の出典をミックスしたものになっている。

また、ザシアン自身も剣を加えた姿が『けんのおう』と呼ばれていたり、頭のデザインがザマゼンタよりも王冠に近くなっていたりとアーサー王を思わせる要素が多い。

一方で、ポケモン図鑑にはわざわざザマゼンタの姉とも言われているとの記述があり、またアーサー王には盾に関する逸話もあることから、ザマゼンタこそがアーサー王のポジションで、姉であるザシアンはアーサー王の異母姉であるモルガンがモチーフであるとする説もある(モルガンに関してはブリムオンもモチーフ上の関連が指摘されている)。

関連タグ

伝説ポケモン ポケモン剣盾  ザマゼンタ 剣盾姉弟
ケモノ オオカミ

禁止級・対になるポケモン

世代ポケモンポケモン
第2世代ホウオウルギア
第3世代カイオーガグラードン
第4世代ディアルガパルキア
第5世代レシラムゼクロム
第6世代ゼルネアスイベルタル
第7世代ソルガレオルナアーラ
第8世代ザシアンザマゼンタ


ゾロ目

図鑑No.ポケモン
111サイホーン
222サニーゴガラルサニーゴ
333チルット
444ガバイト
555ヒヒダルマガラルヒヒダルマ
666ビビヨン
777トゲデマル
888ザシアン

その他
聖剣士:同じく聖剣を操るポケモン達。
ラムパルド相方とセットで攻めと守りの関係になっているポケモン。
ルガルガン:狼ポケモン繋がり。
デオキシス:アタックフォルムという攻撃に特化した姿になる。
ギルガルド / アーマーガア:同じくアーサー王がモチーフとされる。
ファイヤー:同じくメスであると言われているゲーム内では性別不明な伝説のポケモン。(ただしこちらは裏設定であり、ゲーム内で明言されていない。)
ゼルネアス:フェアリータイプ初のパケ伝(本編のパッケージを飾る伝説ポケモン)でありザシアンの先輩。

アーサー王:モデルとされる英雄
セイバー(Fate/staynight):『アーサー王』で『女性』、更に『青がメインカラー』のキャラクター。実際、ザシアンのニックネームを“セイバー”や“アルトリア”にしたというユーザーも結構多かったとか。
ヘシアン・ロボ:「名前が一字違いの霊の伝承」が「とある物語に登場する青い巨狼」に騎乗した存在。狼側が剣を咥えたり振ったりもする。
チンギス・ハン:象徴とする動物が蒼い狼。
灰色の大狼シフ:ザシアンと同じく剣を咥えた狼のキャラクター。
アマテラス(大神):装備に剣がある狼のキャラクター。作中で「慈母」と称されることがある。
銀牙-流れ星銀-:口に武器を咥えた犬のキャラクターが登場する。
ラピード:短剣を武器に戦う犬のキャラクター。

剣及び斬撃に関係するポケモン
ジュカイン エンペルト エルレイド ダイケンキ キリキザン カミツルギ

関連記事

親記事

剣盾姉弟 けんたてしてい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ザシアン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3962529

コメント